[ 携帯用URL ]
掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 



213.突然申し訳ありません ライアーゲーム提案です。  
名前:ノヤ    日付:2012/4/10(火) 15:44
ライアーゲーム ゲーム提案

美人投票ゲーム

イギリスの経済学者ジョン・メイナード・ケインズが提唱した理論を一部引用したゲーム
(Wikipediaより)
ケインズは、玄人筋の行う投資は「100枚の写真の中から最も美人だと思う人に投票してもらい、最も投票が多かった人に投票した人達に賞品を与える新聞投票」に見立てることができるとし、この場合「投票者は自分自身が美人と思う人へ投票するのではなく、平均的に美人と思われる人へ投票するようになる」とした。

(要するに1番の美人でも自分好みの美人でもなく、“大多数が投票するであろうと思われる美人”に投票するのが得である)

参加人数9人

ルール説明

・投票開始前にプレイヤー1人につき1枚の名前入りの投票用紙をディーラーから渡される。

・プレイヤーは9人のプレイヤー(自分含む)の中から1人を選びそのプレイヤーに対して投票する。1回の投票時間は30分。合計15ターン行われる。5ターンごとに途中経過発表。プレイヤー毎の獲得賞金を開示。

・投票は別室で行われ投票室には一人しか入れない。投票室にはディーラーが居る。後述の名義替え投票等もディーラーと話し合えば出来る。投票室への籠城は禁止。

・美人投票と銘打ってはいるが投票対象は男女関係なし。念のため。

・投票の結果、「一番多く票を得たプレイヤーに投票したプレイヤー」が賞金1000万円を手に入れる。」
※一番多く票を得たプレイヤーではない

・ただし、得票数1位のプレイヤーの得た票が3票以下ならば投票者への賞金は発生しない(例えば3,2,2,1,1だと得票数1位に投票したプレイヤーへの賞金は発生しない)

・勝ち抜くにはゲーム終了までにプレイヤー1人につき1億円を手に入れなければならない。余剰分は賞金となる。

・ゲーム終了後、ライアーゲーム教会はプレイヤー1人につき1億円を回収する。回収できなかった場合、そのプレイヤーの賞金総額−1億円の差を負債としてゲーム終了後に回収する。

・なお、このゲームでは契約書により投票対象を縛る行為を禁ずる。(みんな組むからあまり関係ないけど)

美人投票ゲームは美人を追求するゲームではなく利潤を追求するゲーム。正に市場原理。そのため、市場原理を守るための禁則事項が定められている(←後述の通りほとんど形だけ)

@自分に投票してはいけない。自分の価値を自分でかさ上げしようとする行為と見なし、ペナルティとして罰金1000万円(−1000万円)。さらに、自分に投票していたプレイヤーが得票数1位だった場合、得票数1位のプレイヤーに投票していたプレイヤーには賞金は払われない※自分に投票したプレイヤーにペナルティが発生するのみ

A8,1と圧倒的な得票差がついてしまったプレイヤー(1名のプレイヤーが8票以上を得ていて他1名のプレイヤーに1票のみの投票があった場合)に投票していた場合、投資対象を見誤ったと見なし、損失9000万円(−9000万円)「誰も買わない株を買っても大損をするだけだから」

B8,1と大差をつけられ、尚且つその一票が自分に投票されたものである場合、罰金、損失両方を合わせて1億円のマイナス

上記の禁則事項はプレイヤー全員が共謀し、相場操縦を行う事を防ぐためである(建前上)。
例えば上記の禁則事項@Aがない場合全員が1人のプレイヤーに投票し(対象になったプレイヤー自身も自身を対象とした投票を行う)、全員が賞金を得る(全員で合計9000万円を得ることが出来る)という事態が発生しうる。@の禁則事項があることにより、それを行った場合自分に投票したプレイヤーには1000万円の罰金が科せられ賞金は発生しない(全体としては1000万円のマイナス)。禁則事項が@のみの場合は、8,1という投票結果になった場合、全体で8000万円の利益が発生し、ゲームを通してすべてそのパターンが発生するとなると、全体で(8000万×15)12億円の賞金を得られる。ゲーム終了後の回収金額合計9億円に対し、3億円の利益が発生する。禁則事項Aが存在することにより8,1が発生した場合賞金8000万円に対し罰金9000万円なので、全体としては1000万円のマイナス。実際には普通に投票している限りBはほとんどありえない。後述の様に票の名義を変える、票を増やすなどしない限り発生しえない(Aにあてはまるケースを考えると、1票のみの投票をしてしまったプレイヤー自身に必ず8票が投票されているから)。ルール説明の時点で禁則事項Bに対する疑問を感じるプレイヤーが出る事が予想される。そこから後述の名義替え投票や投票用紙増殖が導き出される。

(続く)



214.Re: 突然申し訳ありません ライアーゲーム提案です。
名前:ノヤ    日付:2012/4/10(火) 15:46
(承前)

ルールの落とし穴(つけ入る隙)

投票が4,4,1と別れたら実質禁則事項Aなしで8,1の投票結果が成立したケースと同額の賞金が全体として発生する。なぜ、4,4,1が見逃されているかというとこの場合、余った1票の動きにより全体で得られる賞金が大きく変動する可能性があるから。4,4,1の並びが崩れてからが勝負と言える。

投票結果8,1の全体での収支がマイナスになると言うのも個別で見ればプレイヤー1人が9000万円の損失を被るだけなので、プレイヤー1人をはめて8,1となるように票を誘導し、特定のプレイヤーのみに損失を被らせる戦略もあり得る。

他の投票系のライアーゲームと違い、投票を行わないことによるペナルティが存在しない。投票しないという選択肢もある。

他人の投票をまとめて1人がまとめて行う事も可能。

「カイジ、月、ルル」のすごろくゲームにおける方法の要領で投票用紙の名前を塗りつぶして名義を変えた投票用紙を入手し、投票を行うことが出来る。

投票用紙は方法次第では増やすことが出来る。禁則事項Aにて「8票以上」と記述したのはそれが理由。あまり好き勝手に票を増やされると数が多くなりすぎるので、描写に注意する必要がある。

例) 名前の部分にシール等を張り、代わりの名前入り投票用紙をもらったところでシールをはがし投票用紙を使用すれば、全体の票の総数が1票増える。

上記の方法をとると、一人が複数の投票を行えることになるが、これまでの投票系ゲームとは違い「1人1票」(1人分の名義につき1票)という原則がないためルール違反ではない。

「エデンの園」ゲームの様に「2回投票した場合、先に投票したものが有効」という縛りもない。やろうと思えば何回でも投票できる。

名義替え投票、投票権放棄等を駆使すれば1人に投票が集中しても9人分の賞金を得られる。

例)1人のプレイヤーに投票を集中させる過程で、投票対象になったプレイヤーは自分に投票する投票用紙の名前の部分を塗りつぶし、他人名義に書き換えて投票することで9人分の賞金を得ることが出来る。

最初からこの方法で行けば全体の利益になるが、他人を陥れる騙しあいに躍起になっているうちはこの方法を思いつけない。

このゲームの肝は他の投票ゲームとは違い、「厳しいルールが定められている」という印象を与えつつも、投票権を放棄出来たり、投票の総数を増やしたり、勝手に名義を変えられたりと、自由度はこちらの投票ゲームの方が高い点。他の投票ゲームがすでに定められたルールの上でしか運営出来ないのに対して、美人投票ゲームは禁則事項さえ破らなければやりたい放題できるというのが視聴者に対する落とし穴。理由付けは「選挙の投票は原則がある上に国民の義務だけど、株式投資は義務じゃないから」「実際の世界でも、市場の方が厳しい規制がありながら依然としてルール違反が絶えないから」

(続く)


215.Re: 突然申し訳ありません ライアーゲーム提案です。
名前:ノヤ    日付:2012/4/10(火) 15:48
(承前)

仮に全員で利益を分かち合おうとするシナリオで行くと、

4,4,1を15ターン続けると全体で3億の利益が発生する。騙しあいの展開を考える上ではこの余剰分の3億をいかに減らしていくか、個々人の収支と全体の収支を見比べておくことが重要。

7,2だと15ターン続けて10.5億の賞金、全体の収支は1.5億のプラス。

6,3だと15ターン続けて9億の賞金、全体の収支はプラスマイナスゼロ。

5,4だと15ターン続けて7.5億の賞金、全体の収支は1.5億のマイナス。

4,・・・だと15ターン続けて6億の賞金、全体の収支は3億のマイナス。

3以下が得票数トップになった場合、賞金は発生しない。

4,4,1の並びの時に余った1が動き、5,4の票の並びになると、その後4,4,1か7,2を成立させる等して持ち直すなりなんなりしないと全体の収支が赤字に突入する可能性が出てくる。6,3だとそれ以降プラスを維持することは出来るが、プラス分を増やせなくなる。

考えられる話の流れ
1番最初の時点でリハーサルにて必勝法と称し4,4,1の並びの有効性を確認。4,4,1の並びがしばらく続くが、5ターン終了後、4,4,1の並びが崩れだす。それ以降5,4や4,3,2が発続き、収支が赤字に突入する可能性が出てくる。圧倒的少数でありながら多プレイヤーを弄ぶ“動く1票”を主人公は探さなければならなくなる。それだけではなく、5ターンごとの中間発表の間までにいつの間にか票の名義変え投票が起きていて一人だけが賞金を得ているという現象が発生していたりする。投票ごとに開示されるのは「○○様 4票 ●●様 4票 ◎◎様 1票 ○○様と●●様に投票されたプレイヤーは賞金1000万円の獲得となります。」の様に投票結果のみであり、プレイヤー毎の獲得賞金は5ターン毎の途中経過発表の時しか分からない。壮絶な騙しあいの後、ゲーム終盤に9人分の賞金を一度に得る方法を馬鹿正直な人物が思いつく事で全体のマイナス分を帳消しにしてゲーム終了。何で騙しあいを行える賢い奴がこれを思いつかなかったのか、という突っ込みに対しては騙しあいばかりに躍起になっていて全員が得する方法を思いつかなかったということで。

最初に賢いプレイヤーが「必勝法がある」と提案。
馬鹿正直なプレイヤーが「?」
賢「禁則事項に触れずに一番多くの票を得てかつ全体のプラス分が最も大きくなる場合、票はどう動く?」
正直「7,2で7票?」
賢「ちょっと考えれば分かる。4,4,1で8票」

ゲーム終盤に「全員分の賞金を得る方法がある」と提案。
正直「禁則事項に触れずに一番多くの票を得てかつ全体のプラス分が最も大きくなる場合、票はどう動く?」
賢「?」
正直「とりあえず投票任せてよ」
結果で皆ビックリ。
正直「名義変え投票で9票。皆は騙しあいに夢中になりすぎて、ちょっと考えれば分かる事にも気が付かなかった」と喝破。
賢「バカに言われるとは…」
ちなみに票の数を増やす方法をとればもっと取れてしまう。

エデンの園ゲームでも常に全員赤りんごを入れれば全体としては儲けられるのに心理的にそれが出来なかったので、こういう落ちもありかと。エデンの園では万が一のペナルティが大きすぎるというのもありましたが。

このゲームどうでしょう?


216.Re: 突然申し訳ありません ライアーゲーム提案です。
名前:ノヤ    日付:2012/4/10(火) 15:52
(以下はただの妄言です)

あるいはいっそこれを決勝戦のゲームにして「9票投票」が行われた時点で優勝者決定とか。

冒頭「なお、優勝者になり、優勝賞金を得るには獲得賞金の多寡以外の条件が必要です。それは「このゲームを支配する事」です。」
言い訳「全体が得をする(ライアーゲーム協会が損しかしない)方法、且つ全員の投票を任されたので「ゲームを支配した」とみなされる」

というわけで、最悪の場合1ターン目で9票投票をやられるとその時点でゲーム終了。
9票投票は最終投票に持っていければ理想。
そもそもこのゲームは冒頭のルールで「一番多くの賞金を得たプレイヤーが勝者」等といった勝者の定義がない。結局最後には馬鹿正直が勝つ、というのもありかと。

決勝戦ではないならないで、プレイヤーの振り落としとして使えると思います。

ちなみにけいおんライアーの場合は1000万円がMカード1枚、1億円がMカード10枚、ゲーム終了時に回収されるのはMカード10枚の様に置き換わります。

勝手に考えただけですので、無視してくださったり矛盾点を突いてくださったりしても結構です。むしろ突っ込みは歓迎です。


「213.突然申し訳ありません ライアーゲーム提案です。」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb