[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
くらびあっち業務カタログ
業務日記です
              

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!



2463.ピアノって面白い  
名前:くらびあっち    日付:2013/5/8(水) 22:45
Original Size: 800 x 597, 197KB

横浜のピアニストSさんのG2Eのハンマー交換を2年前に行い、先日の出張でかなり言い感触になったので、その流れをまとめてみました

ABEL 202 hammer

23年8月交換取付  低音は柔らかすぎて音量不足なので硬化剤を使用。中高音は硬すぎながら、
             8月の高音多湿な時期も手伝って針は良く効くが、頂点刺しまで行わないと不快な倍音は取れない。
            低中高音を適正なバランスの音色へ調整する 
            元の純正ハンマーより個々約1g重くなっている影響で音色はダイナミックなパワーがを感じるが、
            その分ナックルに負担がかかり、アフタータッチの抵抗感が増加。
            ナックルの皮革も劣化しているので交換が望ましいが、費用の関係、先への課題
            ハンマーウッドにスクラッチラインを入れてバックストップの強化を狙ったものの、バックチェックの鹿皮が硬化している事もあり、
           シャキッと雑音するが、弾いてみてとそれは感じないので、流してみる。
            スプリングはハンマーの質量が重くなっている影響、弱くなっているので、
            連打、レガートのタッチを屈指しながら適正値まで強く調整

23年11月調整   中高音は恐ろしく硬く変化しており、耳障りな高次倍音の宝庫になっている。
            弾き込みと、前回の余剰水分が乾燥した事も手伝ってか、ハンマーは非常に硬い
            肩はおろか、フェルト組織が破壊される程頂点刺し行っても、不快な倍音は取れない。低音は良好
            正直、このハンマーはこのピアノに向かないと感じた。交換失敗? 

24年5月調整    ややハンマーフェルトが湿気たのか、しっとりとした音質になってきている。不思議ですね。
            肩刺しのみで充分な音質へ調整
            音色が落ち着いた事もあり、鍵盤ウエイト調整を行う
            鍵盤フロント下に調整用の鉛を貼り付ける
           DW56gUW35g→DW50gUW25g

24年11月調整    しっとり感は持続している やんちゃな高次倍音は出ていない

25年5月調整    しっとり感に温もり感も加わり、ハンマーフェルトの弾力が優れているので、弦溝も付きにくい
         肩刺しのみで充分な音質、ナックルを軽くファイリング、テフロン処理にてアフタータッチの感触良好
        ピアニストのYさん「この音、結構好き、どうやったの?」と喜んで頂く。 

ピアノって面白いとつくづく感じる           



2491.Re: ピアノって面白い
名前:くらびあっち    日付:2013/11/23(土) 7:44
さらに続き

25年11月調整

伺うと、持ち主右手が腱鞘炎になりかけてる?

ハンマーがこの夏の熱波で柔らかくなり過ぎており、音がふやけて音圧が減少。
加えてユニゾンも乱れているので、まとまりの無い音になっている。
いわゆる鳴らないピアノ状態を鳴らそうと右手に負担がかかったいた模様。

低音、中音、高音、ハンマーの硬度を上げ最適よりやや硬くする
低音、高音は鈍いので2ラウンド
そこから針刺しで、ちょうど良い音質へ

整調は問題ないのでそのまま。

持ち主 

わぁ〜すごい!気持ちいい〜

喜んで頂く。。


「2463.ピアノって面白い」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb