[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
天地掲示板
主に水滸伝の話題をお書き込みください
(そんなに厳密にこだわることはありませんが)

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 



109.解決!長年の疑問  
名前:戸川蓼    日付:2008/11/14(金) 21:29
イベントの支度でお忙しいところ失礼します
『資料室』を拝見しました。
ずーっと不思議で訳が分かりませんでした。どついたったら一発で済むのに何故、あんなまどろっこしい戦い方をするのかと。
しかし武松の戦術に「先手厳禁」教えが染み付いているなら、メッチャ高等戦術ですね!
自分の腕が信じられるなら虎に遭遇してもバニックとは無縁でしょう。
ちなみに少林寺拳法ですが日本で最初に取り入れたのは、我が香川県らしいです。現在も多度津という所に有ります



110.Re: 解決!長年の疑問
名前:戸川蓼    日付:2008/11/14(金) 23:28
三国志も好きです。孫呉、魯粛について調べています。知名度ムチャクチャ低い人です。徐州出身で、地元では柴進のような活動をしていたそうです

水滸伝と無関係の話で本当にすみません


111.ホントにどこまで正しいかはわからないですけどね(笑υ)
名前:島崎精舎    日付:2008/11/15(土) 11:48
中国の絵本とかでは武松はかならず少林寺の人として出てくるので、中国では常識なことのようです。
フィクションである水滸伝の中で、武松は実在のモデルがいたらしいことが伺われるので、たぶんその人が少林寺拳法の人だったのでしょう。
(本場中国ではけっこう武松の論文があるそうですよ。日本語訳されていないので読んだことありませんが)
この「後手」っていうのがどこまで正しい考察なのかはわかりませんが、武松の戦い方はなんか不思議な感じがするので、気がついたときは私も「おっ」と思いました。

でも、トラに自信はなかったんじゃないかな〜(笑υ)
ありゃもう、そうでもしないと自分が食われるんで無我夢中すぎて返って冷静になって、覚えてるとおりに体が動いたんでしょうね。
スポーツの大会なんかでも、試合でできるのは練習で完璧にできてることだけで、実はあまり頭で考えてなくて体の動くのに任せてやってるとか言うじゃないですか。あんな感じでね。
水滸後伝でその話が出て、「いやもう、今トラにあったら俺は逃げるよ」と笑う武松が好きですv


三国志は今あまり読まなくなってしまいましたが、やっぱり2、3作は読みました。
魯粛いいですね〜、渋いところで!
三国志演義では孔明の引き立て役にされて、なんかもうやることなすこと間抜けなイメージですが、現実ではけっこう男気のある人で、金借りに来た周諭に蔵ごと持ってけと言ったり、後半では外交で関羽と互角に渡り合うなど、演義を剥いでみるとかなりかっこいいですよね。
魯粛だったらでも知名度むちゃくちゃっ低いって程でもないんじゃないですかね・・・わりと出てくるし、好きって言う人もたくさんいます。
もっと知名度低いのたくさんいるし・・・(笑υ)

一応中国系の話なら、得手不得手に濃淡ありますがついていけますよv


「109.解決!長年の疑問」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb