[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
もみじ饅頭Cafe通信+
ここではCGの話題に限らず、食べ物、旅行、音楽、趣味、etc.何でもお気軽にどうぞ。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 
1投稿につき同時に3ファイル、最大300KBまで(画像はRGBモードでお願いします)。
TEXT、GIF、JPEG、MIDI、WAVE、MP3、LZH、ZIP、CAB、SIT、着メロ(MLD、MMF、SMD、PMD)に対応。
投稿頂いた画像はギャラリー内に掲載させていただく場合もありますのでご了承下さい。
投稿された画像等の著作権は投稿者にあります。無断転載は固くお断りします。
掲載のアイコンはすべてこのHPオリジナル(製作は祐蛙と私、odaさん)です。



3303.ありがとうございます。  
名前:TARU    日付:10月23日(火) 19時35分
Original Size: 1437 x 726, 139KB Original Size: 800 x 600, 21KB

岡本敏夫さま


 地元のお方でしょうか「方結神社」の件、詳しい情報ありがとうございます。大きな間違いをしてまして、ご指摘本当に嬉しく思います。
宇塚大明神は弁天社を合祀しているとのことなので厳島神社とも共通しますね。

 島根県のパンフレットに出ていた「島根半島四十二浦」を順に巡っていますが、なんせ情報はこのパンフレットのこの地図だけで津々浦々の小さな神社はナビには出ていませんので、間違えてしまったんですね。(添付左)
一つでも訪ねていないところがあると気になるので、次回行けるかどうか分かりませんが全部終わるまでに行かなければなりません、参考にさせていただきます。

 写真は12番、笠浦の日御碕神社で終わっていますが、その後、今年の5月に出かけ13番野井の「爾佐加志能為神社」から23番手結の「津上神社」まで途中で佐太神社をはさみ行きました。
 なかなか編集の時間がとれずUP出来ずにいます。

 島根半島四十二浦巡りもちょうど半分見て回ったことになります。今秋も出かけるつもりでしたが、忙しくて無理そうです。いつも広島からの日帰りなので、少し出発が遅れると10社ほど訪ねるのが限界になります。次回も松江から入るつもりだったので片江の「方結神社」も松江から回ったほうが米子回りより早そうですね。

 私は、松江と江津でそれぞれ真冬の数ヶ月を過ごしたことがあるんですが、島根県の人はとっても温かいし、食べ物は美味しいし私の大好きな神社建築がたっぷり見て回れるので大好きな県です。

添付右

 出雲大社復元図を元に階段上り口の柱跡は鳥居の原型だったのではないかとそのように作ってみたものです。

またいつでもお気軽に書き込んでください。
これからもよろしくお願いいまします。


3302.Re: 神々の国へ・・Part3の続き  
名前:岡本敏男    日付:10月23日(火) 17時24分
片江浦の神社は「方結(かたえ)神社」と言い、町中の神戸川(かんどがわ)沿い、県道から約200メートルのところにあります。訪ねた神社は宇塚大明神(現・宇塚神社)です。江戸時代以降、社名変更、鎮座地の変遷等複雑な経緯があったようです。当地では江戸時代は宇塚大明神が「出雲国風土記」にある「方結社」と思っていたようですが、その神社は土地の氏神である龍王権現を祀る龍王神社で、宇塚大明神は東の浜にあって、弁天社を合祀しています。参考まで。

3103.Part3の最後・・・・  
名前:TARU    日付:11月6日(月) 15時19分
Original Size: 640 x 451, 35KB Original Size: 640 x 451, 22KB

 添付左

 頂いたスズメダイを焼いたものと砂浜に咲く朝顔(夕顔?)の葉の天ぷらです。家に上がったとたんに大量の魚が大皿に盛られたのがでてきて話しながらビックリしてたので写真を撮るのを忘れてました(笑)。
 この写真は自分の取り皿に取った食べかけで、本当にビックリする量でした。

 お腹一杯ご馳走になり、後で写真をお送りするための住所を聞いておいとましました。外はもう夕暮れです。

Part3の写真はこれで終りです。


3102.日御碕神社  
名前:TARU    日付:11月6日(月) 15時10分
Original Size: 640 x 451, 58KB Original Size: 640 x 451, 61KB Original Size: 640 x 451, 68KB

 神社は女の子に案内してもらいすぐに分かりましたが、そのおじいさんの家とお店は神社のすぐ下でした。
神社から降りてくると、「ちょっと休んで行きなさい」と家に案内され、座ったとたんにどんどん料理が・・・・(笑)
大皿に山のように焼かれた「スズメダイ」や砂浜に咲く朝顔のような葉っぱの天ぷらなど思い切り頂きました。
広島から来たことを伝えるとビックリして「もう日暮れだから泊まってゆけ・・・」などと気を使っていただきました。
帰ってから写真を現像して大きく引き伸ばしお送りしたら、お礼に・・と物凄い量のスズメダイや海産物が送られてきました。
道を尋ねただけなのに・・・・・島根の人は温かいです。

 拝殿(添付中)は出雲大社や三保神社のように太くて立派な注連縄です。数年前に遷宮したようで、先ほどのおじいさんはそのときの世話役だったそうです。
 本殿(添付右)は大社造と大鳥造をあわせたような形状で銅板葺き、主祭神は天照大神と神須戔鳴尊です。四十二裏のなかには「日御碕神社」は4ヶ所(日御碕の日御碕神社含め)あります。


3101.見つからない・・・・  
名前:TARU    日付:11月6日(月) 15時0分
Original Size: 640 x 451, 33KB Original Size: 640 x 451, 72KB Original Size: 640 x 451, 36KB

添付左

 「笠浦」の日御碕神社を探し回りましたが見つかりません・・・・
このあたりの漁港には必ず小さな祠でも祭ってあります(恐らく弁天様)。

添付中

 道に迷って小学生の女の子に道をたずねたら、近所の作業場で仕事をしていたおじいさんに聞いてくれて
「自分もそちらに戻るので・・・・」と言うことで女の子自転車に先導されて向かいましたが、その前に必ず毎日お参りする明神様があるので・・というので一緒にお参りしました。海に突き出た断崖のふもとにあります。

添付右

 作業中のおじいさんは小さな祠を作ってる人でした。特に修行をしたわけでなく(本職は雑貨屋さん)道具をそろえて趣味で作ってらっしゃるようでした。ちょうど完成したところで翌日には収めるので「写真を撮って欲しい」とのことだったので、お引き受けして何枚か撮りました。


3100.伊奈頭美神社、爾佐神社  
名前:TARU    日付:11月6日(月) 14時49分
Original Size: 640 x 451, 70KB Original Size: 640 x 451, 49KB Original Size: 640 x 451, 58KB

10番目は北浦の「伊奈頭美(いなずみ)神社」です。

添付左

 注連縄は左元で左綯いと右綯いの2本を束ねた形で特徴があります。
主祭神は宇迦之魂命。

添付中

 11番目の千酌の「爾佐(にさ)神社」です。
ここまででは鳥居に四脚門もあり三保神社についで立派な神社でした。

添付右

 拝殿は遷宮真っ最中で工事中でした。本殿は大社造、大鳥造をあわせた形態で
主祭神は伊邪那岐命、伊邪那美命、都久豆美神。


3099.須義神社  
名前:TARU    日付:11月6日(月) 14時45分
Original Size: 640 x 451, 80KB Original Size: 640 x 451, 88KB Original Size: 640 x 451, 54KB

マッサージ室のお●さん

 お久しぶりです。

>再開ですね。
>これで全体のうちの、いくつ制覇でしょうか?

はい、再開です(笑)。ただ、「Part3の続き」としてUPしているのは昨年紹介し切れなかった(途中でやめてしまった)ものです。
 先日またその続きに出かけましたのでそれらは「Part4」としてスレッドを立てるつもりです。
 「四十二浦めぐり」という言葉どおり全部で42箇所、最後に出雲大社を目指すものです。今回でやっと半分の21箇所回ったことになります。
「津々裏々」という言葉を本当に実感します(笑)。

>本殿のない神社、背後の山の中腹に本殿のようなものがあったりしますね。
>また、山そのものが本殿、御身体だったりもよくありますね。

本当にそうですね。日本古来の万物に神の存在を信じることは神話以前からずっとあったことですからね。


9番目は菅浦の「須義神社」です。

添付左

 明神型の鳥居が入り口です。

添付中

 拝殿です。

添付右

 本殿は大社造と大鳥造をあわせた形態で銅板葺きです。
比較的最近遷宮したのか状態はよかったです。主祭神は猿田比古神、応神天皇です。


3098.Re: 神々の国へ・・Part3の続き  
名前:樽谷マッサージ室のお●さん    日付:11月6日(月) 9時41分
再開ですね。
これで全体のうちの、いくつ制覇でしょうか?

本殿のない神社、背後の山の中腹に本殿のようなものがあったりしますね。
また、山そのものが本殿、御身体だったりもよくありますね。

3097.「片結神社」  
名前:TARU    日付:11月5日(日) 11時29分
Original Size: 640 x 451, 75KB Original Size: 640 x 451, 68KB Original Size: 640 x 451, 77KB

8番目は片江の「片結(かたえ)神社」です。

添付左

 ここも小高い丘の上にありますが、本殿は存在しないようです。

添付中

 正面から見たところです。向かって右に脇社があります。

添付右

 脇社も2棟あります。ここの注連縄も左元でした。主祭神は国忍別命、外八柱。


3096.「玉結神社」  
名前:TARU    日付:11月4日(土) 0時19分
Original Size: 640 x 451, 69KB Original Size: 640 x 451, 63KB Original Size: 640 x 451, 61KB

7番目は笹子の玉結(たまえ)神社です。

添付左

 海岸線の道路わきに御影石の鳥居があります。

添付中

 急な石段を登ると正面に拝殿があります。注連縄は左元で綯い方に特徴があります。

添付右

 本殿は大社造と大鳥造をあわせたような形態になっています。
屋根は元々桧皮葺のようですが、老朽化のためか鉄板葺きになっていました。残念です。主祭神は玉依比賣命。


3095.「明島神社」  
名前:TARU    日付:11月3日(金) 23時49分
Original Size: 640 x 451, 43KB Original Size: 640 x 451, 55KB Original Size: 640 x 451, 83KB

6番目は惣津の「明島神社」です。

添付左

 写真中央の島の頂上にあります。

添付中

 車を海岸線に置いて。この小さな橋を渡ります。

添付右

 山頂に小さな祠があります。主祭神は不明でした。


3094.神々の国へ・・Part3の続き  
名前:TARU    日付:11月3日(金) 23時48分
Original Size: 800 x 684, 82KB

 「島根半島四十二浦めぐり」とは島根県/美保関町・大社町のパンフレットに紹介されているもので、島根半島北側海岸線の浦々にある社を順に巡るものです。

 前回紹介が中途半端なまま終わったので約1年ぶりとなりますが続きを御紹介します。



「3094.神々の国へ・・Part3の続き」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

ご訪問ありがとうございます。いつでも気軽に書き込んでください。2004年7月5日をもちましてTony's Cafeと合併いたしました。またのお越しをお待ちしています_(._.)_。
   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb