[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
トールクラブひまわりの会掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL
 



49.乙武氏への抗議状 5  
名前:たかこ    日付:2011/9/16(金) 12:32
乙武氏に欠如しているように思われるのは、ご自分に与えられた恵まれた環境がもつ巨大なエネルギー、つまり知力、資力、能力などを、多種多様な少数派の人々のempowermentのために、すべての人々にとって社会が少しでも生きやすいものなるように、外向きに、社会の底上げに使っていこうとする視点でしょうか。
 
 記事では、乙武氏には、障害をギャクにさえしてしまえる"余裕"がある、とありますが(55ページ)、そんな余裕は、あくまでも社会の"主流"から見た、"主流"が受け入れ、扱える範囲内での"余裕"でしかありません。乙武氏のほんとの余裕とは、ご自分のエゴなり欲をうち消すことで、より広い視野をもって、乙武氏ほど恵まれていない、無数のさまざまな人々のために社会活動ができる、その懐の深さで発揮されるべきものです。それが、"35年生きて、差別や偏見を感じたことが一度もない"恵まれた人の社会的使命と私は考えます。
「カタワ」論ですが、記事から分からなかったのは、乙武氏が、ほかの障害者をも「カタワ」と呼ぶのかどうかです。アメリカでは、非アフリカ系の人間が、アフリカ系アメリカ人を「ニガー」と呼べば、人種差別の違法行為となりえますが、スパイク・リーの映画でも見られるように、アフリカ系同士が「ニガー」と呼び合うのを、非アフリカ系は批判することはできません。「カタワ」に関しても、当事者と非当事者の力関係を見据えた視座が必要なのでは、と考えます。



50.Re: 乙武氏への抗議状 6
名前:たかこ    日付:2011/9/16(金) 12:34
私自身は、恵まれてきた乙武氏が「重度の障害があるのに明るい」(57ページ)おかげで、口封じされ、いやな思いをしてきた人間です。つまり、背が高いから、足が大きいからと、他人の暴言に悩んできたと他人に告白しようものなら、乙武氏と比べられて、あんな障害のある人でもあんなに明るく生きてるのに、あなたは何と贅沢な、その程度で悩むな、という論法で責められてきたのです。自分を他人と、とりわけ自分よりかわいそう、自分より下と思える人と比較し、優越感を感じることで、自分の状況を納得させようとする"処世術"は完全に間違っています。しかし、「勝ち組」「負け組」といった言葉が全国を席捲する日本社会は、そんな姑息な権威主義的処世術を奨励することで、少数派たちの悩みを口封じしてきたのではないのか。恵まれているがゆえに"明るい"乙武氏は、もしかしたらご自分がそんな日本社会のいびつさにおおいに貢献してきたのではないか、と自問自答されたことはあるでしょうか。少なくとも、日本社会が認めたがる姑息な処世術を打ち破るのは、"主流"社会に向けての当事者の"明るい"自嘲ではないことだけはご理解していただきたいと思います。

 記事では、乙武氏が赴任した小学校の職員室でのエピソードが紹介されています。共感を覚えました。トールクラブにも、小学校で教えた経験をもつAさんがいます。Aさんによると、子供たちに絵本を読み聞かせる教師の中には、悪者となった大きなマグロの話をして、Aさんの前で、マグロはAさんと同じだねえと子供たちに平気で言い、子供たちといっしょに大笑いする人がいるそうです。教室全体の笑いの渦のなかに立たされて、どれだけAさんは傷ついたことか。問題意識をもたぬ、理解できぬ教師のいる教育現場、とりわけ小学校の現実は将来を危ぶませるものがあります。
 乙武氏は子供たちに、ご自分と同様の自己肯定感をはぐくんであげたいとか。子供たちの自己肯定感は、決して自嘲やら無神経な教師からは生まれません。将来の世代のために我々が声をあげ、しなければならないことは、目立たぬとも、日常のここかしこに山積しています。“臭いものにふたをする”どころか、悪臭は、社会のあらゆるところから臭ってきています。


51.Re: 乙武氏への抗議状 7
名前:たかこ    日付:2011/9/16(金) 12:35
1ケ月ほど前、私は、ギネスブックを発行しているロンドンの会社に、質問状を送りました。どうして、世界一背の高い男女、背の低い男女、のような、人々の低俗な好奇心だけを満足させるような情報を必要とし、公表せねばならないのですか、と。まだ答えはありません。答えがあるとも思っていません。
 しかし、大事なことは、池の水に投げ込まれた小石が波紋を広げていくように、一人一人の人間が、社会に小さな変化を起こしていこうとする気持ちを持つことです。社会はみんなのもので、自分たちで作っていくものだからです。乙武氏のおっしゃるように、問題は一人ひとりが能動的に考えるべきです(57ページ)。
そして必要なのは、たった一人ででもいい、池に小石を投げ込む勇気です。どんなに小さなことでもいい、疑問に思うことがあれば、まず自分の足元から小さな行動を起こす。そのために必要なエネルギーは、社会にすりよることのない、個人のempowermentからしか生まれません。
 先日、私は、電車の中で、若者やサラリーマンで占拠された優先座席の前に立っても席を譲ってもらえないおばあさんに、声をかけました。「おばあさん、席を譲ってください、と言えばいいんですよ」と。おばあさんをほんのわずかでも力づけられたことを願うばかりです。
 
 乙武氏の存在は確かに稀有なものであり、お持ちのエネルギーには巨大なものがあると思います。だからこそ乙武氏からは、私自身のempowermentにつながるエネルギーをいっぱい受け取りたいと思います。地味であっても懐の深い、広い心をもった、息の長い勇気ある活動を期待するものです。


「49.乙武氏への抗議状 5」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb