[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
トールクラブひまわりの会掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL
 



39.「ケア」のジャーナリズム  
名前:たかこ    日付:2011/9/9(金) 23:18
アサヒドットコムのニュースで、「ケア」のジャーナリズムというコンセプトを知りました。ttp://www.asahi.com/digital/mediareport/TKY201109060372.html
林香里という人が岩波書店から「(おんな・コドモ)のジャーナリズム」という本を出されているそうで。。記事からの引用ですが。。

**(現在の主流ジャーナリズムは)客観主義、公平性という表現基準に固執するあまり、「事実」の背後に隠された、事実を生み出す構造=事実の権力性の根源を問うことに失敗している。「ケアのジャーナリズム」は、個人のケア(世話・おっせかい)にとどまらず、社会的弱者を取り残さずに手を差し伸べる。それは、主流メディアが、グローバル化・複雑化・細分化した社会にベストアンサーを一斉送信できると過信していることへのオルタナティブとして立ち現れてくる。。。ジャーナリズムは、客観から「ケア」へ。。。「安全神話」の形成に、当のメディアが手を貸してこなかったのかと問われかねない場面である。これを、放送の「客観性」「不偏不党」のためだと抗弁すれば、「マスメディアが自ら社会を整序して、現状の社会のあり方を追認し再生産してきた」と言われてもしかたあるまい。。。他人事ではないというのが「ケアのジャーナリズム」の第一歩である。。。「ケアのジャーナリズム」は、ジャーナリスト自身が取材相手によって「ケア」されることも大事な要件としている。。。

いよいよメディア自体が批判され、変化が要求されているようで。。これはすばらしいことだと思います。

「事実」の背後に隠された、事実を生み出す構造=事実の権力性の根源を問うことに失敗している、の部分、感動しました。(笑)私たちの問題も、メディアが大きく加担してきたと思いますから。「現状の社会のあり方を追認し再生産してきた」というのは、まさしくその通りだと思います。

きのうだったか、美しすぎるプロレスラー、みたいな表現をニュースで見ました。まだこのレベルでやってるのか、と苛立ちました。こういう表現こそ、メディアからなくすべきと、メディア関係者は自覚するべきです。
他人ごとではない、という視点からのメディアが発達していけば、私たちの問題も、もっとまっすぐ取り上げられるようになるかも。。

「ケアのジャーナリズム」は、ジャーナリスト自身が取材相手によって「ケア」されることも大事な要件としている。。。の部分は、自分のk個人的「いちぬけた」戦略の吹聴に忙しい?乙武氏が理解するべき点ですね。。(笑)


「39.「ケア」のジャーナリズム」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb