[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
トールクラブひまわりの会掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL
 



294.アメリカ  
名前:たかこ    日付:2013/8/25(日) 21:31
最近、自転車に乗るようにしてます。このあいだ、歩道で自転車を押してたら(笑 アメリカでは、自転車は車道を車といっしょに走るものなのですが、私は怖いし、歩道を歩いている人は少ないし、で、歩道を自転車で走るのですが、このあいだは、歩道が狭くて、たまたま人も歩いていたので、降りて押してたのです笑)、すれ違ったちょっと年のいったおばあさんに、にこにこ笑いかけられて、「wow, you are so tall for japanese. i want to be tall like you too]みたいなことを言われました。げっ、と思いました。なんで、私が日本人だとわかるの、とも思いました。(笑)ああ、やっぱりアメリカでも、アメリカ人に言われるんだ、とちょっとがっかりしました。(悲)ただ、言われたあとの感触が違うんですね、日本人に言われるのと、アメリカ人ー今回は白人でしたーに言われるのと。その違いがどこから来てるのか、とずっと考えてます。tall がいい、の気持ちは、アメリカでは素直に信じられることーそれは一つの理由です。あと
基本的に、アメリカでは、日本人は人種差別を受ける側の人間ですから、普通は無視される存在です。いちいち向こうから声をかけてきたりはしない。ハローも言われないこともある。それが、声をかけてもらえたー差別されてないうれしさ、みたいなのがあるのかなあ。。。一方、日本人は、ふつう、知らない人とはしゃべらない。挨拶もしない。(アメリカ人は、ふつう、知らない人とでもハローと挨拶します。。笑)なのに、大きい、みたいなことは、知らない人にでも言う。。”ふつう”として扱ってもらえない苦しさ、ざらつきみたいなものがある。。。って感じかなあ。。
とにかくアメリカでも言われました。このごろは、それもちょっといやになってきました。(笑)



295.Re: アメリカ
名前:たかこ    日付:2013/8/28(水) 7:43
きのう、娘が白人の男友達と家にやってきました。前から聞いてはいたのですが、6フィート5インチほどあるそうで、確かに私の視線は上向きになりました。見上げるということはなかったです。(笑)彼も、娘に、背が高いから服はなかなかないし、なにかと人に言われる、とか娘に愚痴ったとかで、娘が「なんで私の周りには、背が高い、で苦労した人ばっかりなんだろ」と、私のことを念頭にぶつぶつ言いました。(笑)

アメリカでも、男性でも言われる?というか、苦労するのは、いつだったか、私が日本のテレビ局に文句を書いた、190センチほどあるプロ野球選手へのインタビューが、「なんでそんなに大きいんですか」で始まったこととといい、これまただいぶ昔に、150センチほどの漫画家が、自分の本のなかで、背が高い男性編集者も、いつも背の高さに言及されていやな思いをしていると書いていたこととかとあわせると(この漫画家にも手紙を書きました笑)、ジェンダーに関係なく、男も女もやっぱり言われるのはいやだ、ということになりますね。

で、こんな風に書いていると、そらみたことか、たかこはいつもアメリカはいいところ、身体のことはメンと向かって言われない、とか言ってたのに、やっぱり言われるんじゃないか、別に日本(人)が悪いわけじゃない、みたいなことをおっしゃる人は必ず出てくると思います。

何度も書きますが、アメリカでも言われるとしても、言われたあとの心のざらつきは、日本で言われるときとぜんぜん違うのは確かです。ただ、アメリカでも、高齢の日系アメリカ人(数回ほど言われたことがあります。知らない人です。日系アメリカ人に言われたときは日本語で、でしたが、そのときは、日本人だったおじいさんやおばあさんの影響をいっぱい受けて育ったんですね、と思いました笑。若い英語人の日系アメリカ人に言われたことはありません。)や日本人に言われるときは、日本で言われるときと同じようなざらつきを覚えます。そのあたり、日本語で言われるのと英語で言われるのとでは、感触が違うって感じでしょうか。

娘の友達は、もちろん英語で言われるのでしょうが、英語で言われた男性の気持ちは、私にはわかりません。(笑)先に書いたとおり、私の場合、英語で女の人に言われたときは、ちょっとめんどくさい、という気分にもなりましたが、ちょっとるんるんの気分にもなりました。(笑)

とにもかくにも、まだまだ考えたいことは続きますが、もし、アメリカも日本も同じだ、たかこのこれまでの主張は、身勝手なものだった、とおっしゃる人がいらっしゃるとしたら、次のように考えたいと思うようになりました。

アメリカを越えましょう!!!です。(笑)従来の日本人の考え方って、欧米に習う、みたいなところが大きかったですよね。明治以降です。日本(人)が何かするとき、では欧米ではどんな風になってるのか、と視察・研究・留学に来る政府や企業のエリートたちは多い。でも、アメリカでも、白人男性でも、言われるのはいやなのだ、と知れば、私たちが、アメリカを超える社会を作っていけばいいわけです。アメリカでも言われるんだから、日本で言われるのは当然だ、という発想・論法ではなく、アメリカでも言われるのなら、日本では言われない、という社会秩序なり規範を、私たち自身がつくっていこうという発想です。

アメリカではどうなのか、を気にする必要はまったくない。日本では、男であれ女であれ、面と向かって、身体的特徴に言及されないという、アメリカよりいい社会を作っていけばいいのです。がんばろう!!!(笑)


「294.アメリカ」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb