[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
トールクラブひまわりの会掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL
 



283.偏見はね返す前向きな姿勢  
名前:たかこ    日付:2013/7/31(水) 4:47
相変わらず古い新聞から
朝日新聞1994年6月9日付「声」の欄より

インドネシアと日本のハーフの人の「声」です。
「私もこどものころは、日本で生まれ育ったにもかかわらず、名前が違うというだけで、”ガイジン、ガイジン”とはやしたてられ、バカ、英語話してみろ、などといったいわれのない言葉の暴力と冷ややかな偏見の視線を浴び続けてきました。。でも時が経つにつれ、うらやましがられたりすてきな名前と言われたりすることも増えました。。。言いたい者には言わせておけばいい。。でも本人が前向きな姿勢でいれば、認めてくれる人が必ず現れるということを私は信じています。今現在、私の中で完全にしこりがとれたわけではありませんが、差別を経験した者にしかわからない思いやりの心や優しさをもてたことを誇りに思っています。」

あああああ。この手の処世術を、何度何度言われたことでしょうか。なんで言われた人間が全部自分が飲み込んで、じっと我慢して、信じて、一体何年を棒に振らねばならないのか。。。人生、短いです。偏見をはね返す前向きの姿勢とは、被差別者が全部自分が飲み込んで、きっと自分のことをわかってくれる人が現れると信じることではありません。前向きとは、被差別者が、差別者に堂々とノーを突きつけることを怖がらないことです。。。
それがわかっていても、なかなかできない現実。。。(悲)
この「声」から20年。(げっ、20年もじっと抱えていた!!笑)
どうでしょうか。日本社会は、堂々とノーを言ったら、受け入れてくれる社会になったでしょうか。



284.Re: 偏見はね返す前向きな姿勢
名前:たかこ    日付:2013/7/31(水) 4:58
こんなのもありました。
こちらの人は、日本人とイタリア人のハーフだそうです。
朝日新聞1994年6月8日付

「。。。娘が友達に手をあげたと、先生から連絡をいただいた際、私はその背景には娘が”ガイジン”と呼ばれて傷ついていることを手紙に書きました。先生は上級生の担任にも指導を呼びかけてくださり、娘を”ガイジン”といじめる子がいると気をつけてしかってくださいます。。(後略)}」で、編集部がつけたタイトルは、「ハーフの娘は明るい人気者」

やっぱり傷ついていることを表に出すことが大事なのでは。というのも、それで物事がどう動くかを見極め、自分の対処法も考えられるから。先生に、傷ついています、と言って、先生が何もしてくれなかったら、そういうところで頼りにならない、では、次の手を考えて、打っていこうとか。。。


「283.偏見はね返す前向きな姿勢」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb