[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
MRC 業務連絡

ツーリング&各行事&報告

お知らせはここから発信します

Middle Riders Club since 1990

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 



1600.ワープ  
名前:smile    日付:2019/3/13(水) 14:25
私が会社に入社して半年、同期の仲間が会社に来なくなった。
土曜日に私は同じ同期と一緒に遊びがてら、奴の家まで行ってみた。
奴は意外と元気そうだった。
奴は「先輩が気に入らないから会社に行きたくない。」と言っていた。
私は、「嫌な人は何処にもいる。少しは我慢したら?」と説得をしたが、奴の気持ちは変わらないようだ。

明日も休みだから、車でどこかに行こうとなり、奴の車でドライブとなった。
奴の車は、ニッサンロ〜レルSGXのシャコタンだ!(どっから見ても族車)
奴が運転して助手席に同期が乗り込み私は運転席と助手席の間から顔を出し喋りながら、何処に行くあても無くある国道を北に向かっていた。
突然奴の車はウインカ〜も出さずに、右に曲がった!
私は奴に、「どうした?何処かに行くの?」
という問いかけに奴は「勝手に車が走っている!」
と叫ぶのだった。
助手席の奴は未成年なのにビ〜ル片手にかなり酔っ払っている状態で何も気にしていない様だ。
私と運転している奴は、お酒は飲んでいない。
勝手に走っている車を見る確かにハンドルを放している様に見える・・・・

しばらく走っていると、何も無くなり田んぼ道を走っている、私はここは何処?
と奴に聞いたら、奴は、「わからねぇ〜よ!車に聞いてくれ!」
などと言っていたので、たぶんまだ勝手に走っているのかな〜?
など思っていたが、あまり気にもしていなかった。
助手席の奴は寝ていたので運転している奴と私で話をしながら走っていた。
しばらくすると助手席の奴が起きて、「おしっこしたいから止めてくれ!」
と言ったら車が止まった。
私は、勝手に走っている車がよく止まってくれたと思ったが、気にせず、ついでにションベンすることにした。
奴も車から降りた!

すると・・・・オォォォォォォォ〜!
などと叫んでいる?
私は2ドアなので運転席の椅子を前に倒して外に出た。
平衡感覚を失い頭がぐらぐらした?
そこは階段だった?
車は、真下を向き階段は真っ直ぐ闇に消えていた!
階段は古い石でできていて隙間に苔も草も生えていた!
奴は後ろを見ろ!と叫んでいるので後ろを見た。
後ろは古ぼけた・・・・お寺?神社?
かなり古い物だ!
奴は「やべぇ〜!乗れ〜!」
と叫び私は、同じ所に乗った、助手席の奴はすでに乗っていた。
すると車は走り出した、奴は、かなり焦っていた様だ。
助手席の奴は、また寝た様だ。
私は、ふと気が付いた。
何故、シャコタンの車が階段を走れるのか?
それもガタガタ言わずに、不思議だった?
今度は奴が「お前の隣に女が乗っている!」
(ル〜ムミラ〜に写っていた様だ)
と叫んでいる、私は右も左も見たが、それらしき女性はいなかった。
運転している奴だけパニックしている様子。
私は「運転変わろうか?」
と言ったら奴が、「車が言うこと利くようになった!」
と言うので私は任せた。
しばらくすると、あたりは明るくなり、トラックが走っている道路に出た。
その道路は右に曲がってきた道路だ!
奴は当然左にウインカ〜を出して左に曲がった。
奴は「良かった!やっと帰れるよ!」
などと言っていたが、その道は、反対方向だった?
確かに右に曲がったのだが・・・・・・
奴はユ〜タ〜ンして、家路に着いた。
奴の家で地図を広げたが、その周辺には、お寺も神社も載っていなかった。
助手席の奴は、何も覚えていない様だ。
しかし私は古い石の階段やそこに生えていた苔や草まで記憶している。
後で聞いたら奴もよく、幽霊を見る奴だった。


「1600.ワープ」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb