[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
黄昏の掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 



557.このところの更新について  
名前:    日付:2018/2/5(月) 22:46
1/02、「気前のいい男」「千日酔眠酒」:正月なのでメデタイ話を…というつもりが、読み返してみたら、さしてメデタクもなかった。暢気な話という程度です。

1/11、「まら御来迎」:末期の一声なんて、何を言ってもいいんだと思います。私はこの尼さんに拍手ですね。古今著聞集の編者は教訓じみた物言いをしていますが、そんなのはタテマエであって、ホンネは「まあいいんじゃないか」くらいの気持ちだと推測されます。
「一大事」:まらの尼さんとはまた違って、こちらは通俗を峻拒し、黙然として死に臨んでおります。これぞ孤独死。

1/21、「カワウソ」:カワウソといえば、女に化けて出て男をだます話も多いです。昔はたくさんいて、夜分に家の周りで見かけたり、水辺で遭遇してドッキリすることも、ままあったのでしょう。
「モモンガ」:ムササビ同様、その形態・生態から、妖怪視されるのはやむをえない気もします。ともあれ、これを読めば、モモンガの襲撃にあっても落ち着いて対処できること疑いありません。

2/01、「百足びっしり」:百足の怪談・奇談にありがちな展開で、新鮮味はないです。でも、筆者の微妙にとぼけた語り口が面白いと思いました。
「狐がジロリ」:百姓に化けて御馳走をふるまうほど術にたけた狐なのに、薬を煎じることはできなかった。哀しいです。

隆景さま:
ほんとに久しくお付き合いいただいております。その久しい間に、私は徐々に耄碌してまいりまして、先日ふと、「雪いかだ」という短い話を重複して載せてしまったことに気づきました。片方を別の話に差し替えてしのぎましたが、今後もあれこれ失敗しそうです。そうしたドジも含めて、生温かく見守っていただければ幸いです。

ハルさま:
>千日酔眠酒:杜氏の語源に纏わる話で、有名なお話なのでしょうか。
江戸中期、池田の町には40軒ほどの酒蔵があったといいますが、今は「呉春」1軒だけです。もしかしたら昔は、よく知られた話だったかも。
>気前のいい男:ちょっと「居残り佐平次」を思い出しながら読み進めましたが、このオチはいけませんね。
当時の遊郭は、こういうのも勘定に入れたうえでの経営だった気がしないでもありません。私はむしろ、男がうまく逃げおおせたのか心配です。溺れてたりして…。


「557.このところの更新について」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb