[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
黄昏の掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 



547.このところの更新について  
名前:    日付:2017/11/21(火) 21:20
10/02、「黒猫の黒焼き」:
漢方では、いろんな黒焼きを用いるようです。
http://ww7.tiki.ne.jp/~onshin/minkan2.htm
黒焼きというだけでなんだか効きそうな気がしますが、実際には、黒焼きすることによって薬効が高まるのではなく、保存や取り扱いの都合ではないでしょうか。
「ミイラ薬」:
これまで何度か〔あやしい古典文学〕で扱ってきたやつです。薬だといえば何でもありというのは、現代も似たようなものです。

10/13、「ほら貝と山潮」:ここでいう「山潮」は、土砂崩れの頂点から、土砂崩れに起因する鉄砲水全体までを、まとめてとらえたのだと考えられます。
「出世ほら」:山で三千年、里で三千年、海で三千年で龍になるとのこと。山と海は目立たないでいられるけど、里での三千年はどうしているんだろう。

10/22、「鼠がいっぱい」:この系統の話で有名なのが、『古今著聞集』巻第二十「伊予国矢野保の黒島の鼠海底に巣食ふ事」。〔あやしい古典文学 No.47〕「大漁」という表題で現代語化してあります。
「馬飼の妻に鼠つく」:櫃に隠れたことが、鼠の怒りを買ったのか。

11/01、「髪と骨と歯」「犬と猫と鼠」:タイトルのつけ方が、なんだか投げやりで、申しわけありません。

11/11、「雪いかだ」「越前の初雪」:雪の降る季節になってきたので…。雪国の人は大変だろうと思いつつ、やっぱり雪は好きです。寒くて、冷たくて、懐かしい…。

杜若庵さま:
お久しぶりです。
>「腸が出」たことと「黒猫の黒焼き」の関係はどうなんでしょう
どうなんでしょうね。たとえば「亀の黒焼きで脱肛が引っ込む」というのがありますが、この種のありがちな類推ではなさそうです。いっぽう「猫肉は喘息に効くという」との言い伝えはあって、御茶ノ水の薪屋の亭主の喘息の治療に黒猫の黒焼きを用いたのは、それに合致しています。そこで思ったのは、この医者は黒猫の黒焼きしか知らず、前回に味をしめてまた黒猫の黒焼きをつかったにすぎない。腸が引っ込んだのはのはたまたまではないかと…。


「547.このところの更新について」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb