[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
黄昏の掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 



534.このところの更新について  
名前:    日付:2017/5/15(月) 21:3
4/01、「黒玉の怪」:花火の失敗作みたいなものか。町内お祭り騒ぎで、よかったのではないか。
「幽霊の出る垣根」:子供にウケようと、がんばっていますね。

4/10、「妖婦人」:借家だったと思うんだけど、退去するとき、修繕費でもめたんじゃないかな。
「熊谷の怪」:<時空の裂けめに陥った>といった感じでしょうか。以前はこんな夢をよく見ました。このごろは見ないなあ。

4/21、「魂を抜く法師」:魂を抜かれるのは意外に快感かもしれないと思うと、そういう最期も悪くない気がする。とはいえ、こちとら老いても枯れても男だから、無粋な坊主に抜かれるのは御免こうむりたいが…。
「酒のさかな」:嫉妬のあまり残忍な怪物と化した妻ですが、あやしい古典No.1336「媚娘」のように、人間のまま平然と残虐行為をはたらく妻のほうが、凄味があると思います。

5/02、「天狗倒し」:天狗倒しはふつう音の怪で、山で突然木が倒れる大きな音がしたりするものです。この話によれば、岩国あたりでは火の怪をいうようですが、「倒し」の部分はどう説明するのか…。
「砧を打つ幽霊」:「あなたに恨みはないけれど」をそのままの意味に受け取っていいものか、考えさせられます。なんにせよ、左源太や新しい妾に祟りきれていないところがせつない。

5/11、「飛騨の黒坊」「濃州徳山黒ん坊」:これを下敷きにした作品が、岡本綺堂に数編あります。お暇なら、ご一読をお勧めします。

ハルさま:
>まさか生前この謎の法師と何か…
だとすると、一気に生臭い話になってしまって、それはそれで面白い。
>昔の中国にはカコク(←字が思い出せない)という…
「猳国(カコク)」ですね。「玃猿(カクエン)」ともいい、「玃(カク・やまこ)」に同じです。
>ヤマコとシュウが結婚すれば丸くおさまるのに…
気がつかなかった。たしかにそうだ。でも、あまり丸くおさまりすぎて、ドラマがないような…、結婚式の祝辞のセリフに困るような…。


「534.このところの更新について」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb