[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
黄昏の掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 



456.最近の更新について  
名前:    日付:2015/2/27(金) 22:40
02/01日、【あやしい古典文学の壺】に2編追加しました。
「魔所の惨死体」:
山人どうしの決闘かな。死体は仲間が運び去ったか。
「猫顔で一本足の鳥」:
正直言って、いろいろ知らない地名が出てきて読みにくい話です。地元の人だと、よく分かるんでしょうが…。鳥の襲撃は恐怖ですね。カラスの集団がとまっている電柱や電線の下を歩くのだって、気持ちのいいものではありません。

02/11日、【あやしい古典文学の壺】に2編追加しました。
「足を撃つ」:
食べ残しを持ち帰ったりしたらバレるでしょう。せこい。
「山中の異怪」:
狒々にせよ蛇怪にせよ、姿が見えないけれども、それがかえって視覚的な凄みを感じさせ、そのまま恐怖映画の一シーンになりそうです。この二つはとにかく手ごわい。ほかの怪獣は、「そんなものは、何も恐ろしくない」と切って捨てられて、かたなしです。

02/21日、【あやしい古典文学の壺】に2編追加しました。
「巨鮎」:
むやみに大きな淡水魚としては既に、あやしい古典No.27「琵琶湖の大ナマズ」、No.87「太古の池の大スズキ」を載せています。前者の腹中からは髑髏と小判が出てきましたし、後者は上陸して人を呑んだり畑を荒らしたりします。今回の巨鮎も、それらの類型といっていいでしょう。体長十メートルはすごいじゃないですか…鮎なのに。
「巨蛇」:
毎朝、東を向いて頭をもたげ、朝日の気を吸う大蛇。この修道僧のような姿に、少し思い入れしてしまいます。

もちさま:
>鉱山の近くで、沢が一夜にして塞がれるのは木を切りすぎてんじゃないのでしょうか
だとすれば、精錬の火力にするために切ったと考えたほうがいいかもしれません。
>弓を引く音は魔除けになるそうだけど、そういう関連でしょうか
なるほど、考えが及ばなかったけど、多分そうなんでしょう。鳴らすんじゃ間に合わないので、弓で殴っていますけどね。
>狒々って女を攫って食うみたいなイメージですが男の人も攫ってっちゃうのですね
「ヒヒッと笑って人を食う」から「狒々」だという説が、個人的には気に入っています。女をさらうのは、岩見重太郎の狒々退治をはじめいろいろあるわけですが、女の狒々がいたら、そいつは男をさらうのか、などと考えてしまいます。

ハルさま:
>「徐々に焼きはらって」ってところがミソでしょうか。
できるだけ穏便に出ていってもらいたかったのでしょう。
>それにしても「全部怪獣の仕業」とバッサリな源助が頼もしい。…
なかなか、ああはいきませんねえ。私も、どっちかというと作兵衛になってしまう。独活は好物なんですが…。
足を撃つ:
>上は幻でも、地に着いている足は本物なのね。……って事でいいんでしょうか。
そういうことだと思います。額に弾丸の痕が残っているので、まるで実体のない幻ではなく、何か(笠とか鍋の蓋とか)を頭部に見せかけていたと考えられます。


「456.最近の更新について」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb