[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
黄昏の掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 



411.10/22日、11/01日付の更新について  
名前:    日付:2014/11/4(火) 0:18
10/22日、【あやしい古典文学の壺】に2編追加しました。
「雪解けまで待ってくれ」:
もうちょっと下手に出て頼めば、待ってくれたかも…。いや、やっぱりだめだろうな。
「沼底に棲むもの」:
「アシケ沼」の所在を調べましたが、分かりませんでした。現在の青森県内に「食川村」という地名はあったようです。宮城県の荒沢湿原にも、「葦毛沼」があります。各地にそうした地名があるということは、「アシケ(葦毛)」は馬の葦毛を語源とするのでなく、アイヌ語あたりから来たのではないかとも思いますが、適当なことを言っているだけですので、信用しないでください。

11/01日、【あやしい古典文学の壺】に2編追加しました。
「亡骸を負って」:
叱られてシュンとなった感じが、ちょっと可愛いい。
「農夫の憂鬱」:
優しさと心の弱さとは、別々のもののはずなのに、えてして同時に立ち現われてくるので、対処に困ります。まあでも、與蔵はいいやつじゃないのかな。世話が焼けるけど。

もちさま:
はじめまして。やたら数だけはある話を、すべて読んでいただいたとのことで、思わず頭が下がります。これからも、どうぞよろしくお願いいたします。
>沼に棲むものは、牛ですか?馬ですか?
どっちやねん、と思いますよね。馬の姿のまま、颯爽とたてがみ靡かせて水底を駆けたら、見る者も惚れ惚れするかもしれないのに、土俗的な牛の姿に変じたようです。水辺に現れる牛型の怪物として「牛鬼」がありますが、ああいう凶暴さはなくて、わりと物静かな沼の主です。
>農夫も憐れに思って助けたならば、しっかりしないと。
そうなんですが、なかなか難しいところで…。

なつここさま:
「夜の鶯」
>しかも発見者、驚きつつもサラッとスル―した上に後の笑い話にしています。
いかがなものか、と思われる人物。しかし、こういう態度にちょっと惹かれたりしませんか(いや、私だけか)。
>枕元に座って笑っていた緑色のじいさま
たしかに、罵詈雑言を浴びせたくなる雰囲気ではありますが、金縛りの状況にもかかわらずそれを為した御友人は、文句なしに立派です。

ハルさま:
いただく感想には、時として思いがけない見方・とらえ方が書かれていて、大いに参考になります。新しい素材を探す際の手掛かりにもさせていただいています。
>雪解けまで待ってくれ:これは、わたしももちさまに同感です。
でも、今は立場が弱いから「待ってくれ」などと頼んでいるだけで、暖かくなって力が湧いてきたら、手の平を返すかもしれません。待ってやって逆に大蛇に襲われるかも。リスクをどう考えるか。…源助は、そんなこと考えもしなかったでしょうけど。


「411.10/22日、11/01日付の更新について」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb