[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
黄昏の掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 



366.最近の更新について  
名前:    日付:2013/12/25(水) 23:52
12/02日、【あやしい古典文学の壺】に2編追加しました。
「二面八足獣」:
蝦夷(北海道)で「壬寅の年の五月十五日」にあったとされる大地震の記録は見つかりません。年が間違っているのかも。地震に驚いて変な獣が山から出てくる様子は、不謹慎ながら風呂屋の火事を見るようです。
「善源寺の光物」:
生前貯め込んだ金品を惜しんで幽霊が出る話は多数あります。そのうちの少なくない数が僧侶の幽霊です。そんな中でこの話の味わいをあげれば、幽霊に対する得翁和尚の、じつに冷ややかな態度でしょう。

12/11日、【あやしい古典文学の壺】に2編追加しました。
「ころび」:
最初の「ころび」と呼ばれているのは、未確認動物ツチノコの同類でしょうね。後に出てくる大きくてずん胴のや、おまけに足のあるのなども、昔の随筆に散見されます。蛇といえば、ルナールの言うように「蛇、長すぎる」が現代の感覚ですから、「短いやつは蛇じゃないだろう」と思ってしまいませんか。
「火を包む少女」:
怪事はとりあえず狐のせいにされがちですが、その場合、狐は謎を解くカギではなくて、枕詞のようなものと考えるべきでしょう。狐を取り去って読むと、なかなか趣のある話になります。

12/22日、【あやしい古典文学の壺】に2編追加しました。
「加州山中怪」:
語られた三つのエピソードのうちでは、最初のがいちばん意味不明で、そのぶん面白いと思います。
「纐纈城奇談」:
同じ宇治拾遺の巻六「僧伽多、羅刹国へ行く事」(「鬼の棲む島」という標題で訳出済み)などとも類似する展開です。もっと大まかにくくると、恐ろしい謎を秘めた場所へ知らずに入って閉じ込められる展開というのは、ミステリーの定番の一つであるわけですが。

隆景さま:
今年も一年、ご愛読ありがとうございました。
来年も「マイペースで頑張ろう」と思いますので、引き続きよろしくお願いいたします。
ところで、御存じかもしれませんが、国枝史郎に「神州纐纈城」という作品がありまして、今、青空文庫のを読んでいます。なかなかいいですよ。


「366.最近の更新について」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb