[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
黄昏の掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 



362.まとめて五回分の更新について  
名前:    日付:2013/11/10(日) 23:45
9/21日、【あやしい古典文学の壺】に2編追加しました。
「青衣の女」:
中国では、獺は蓮の衣をまとって女に化けるもののようで、あやしい古典No.684「菱をとる女」では、呂求という男が蓮の葉をまとった女を射殺します。やはり獺が化けていて、地元の男たちといい仲でした。吏丁初も逃げださなければ、懇ろになれたかも。
「憑大異」:
論語に「怪力乱神を語らず」とあります。憑大異は語らないどころか、怪力乱神の話題を過激に攻撃して勇を誇っていましたが、そういうのも、怪力乱神を語ることの一種かもしれません。けっきょく最後は天帝の威に依ったりしています。

10/02日、【あやしい古典文学の壺】に2編追加しました。
「執念深い大歌人」:
人麻呂は非業に死んで怨霊になった(それゆえ神に祀られた)という説があるそうです。そのへんのことはよく知りません。なんにせよ、執念深すぎる。当人の目が塞がるとか腕がしびれるくらいで済ませられなかったのか。
「蝦蟇の涎」:
人魂の正体は飛行する蝦蟇だ、と述べた文章があります。また、地に落ちた人魂は豆腐の滓のようなもの或いは臭い泡状のものだという記事もあります。この両者をうまく融合したのが、ここに記された飛行する涎玉の話と言えるかもしれません。

10/12日、【あやしい古典文学の壺】に2編追加しました。
「ムカデクジラ」:
ムカデ型クジラというだけでも凄いのに、おまけに猛毒とは…。
「氏子のピンチ」:
抜け参りに出て災難にあった小娘を助けに現れる氏神。たまにはこんな、素朴でほっとする話もよかろうと思いました。

10/21日、【あやしい古典文学の壺】に2編追加しました。
「虫食いの隠居」:
数ある異食者・怪食者の中において、この老人は、我々でも食おうと思えば食えるものばかりを食する点で、健康的な異食の人と言えます。なお、昆虫と蛇や蛙を同列に見ることには違和感がありますが、「爬虫類」という言葉があることからすれば、蛇も蛙も「虫」なのです。
「物影の鏡」:
人の姿を映さず物の影ばかりを映し出す…、寂しい鏡です。女は虚無を抱いて夜をさまよう妖怪だったのでしょうか。


11/03日、【あやしい古典文学の壺】に2編追加しました。
「狸火」:
狐火とはだいぶ違います。自分が火なのに提灯をもっているという…、いったい何がしたいのか。
「吸血狸」:
狐も狸も化かしますが、狐の化かし方がわりとオーソドックスに見えるのに対し、狸のほうは、ひどく間抜けなのから陰惨で残酷なものまで、無秩序に幅があります。化かして血を吸うなんてのは、狐の話にはちょっとなさそうです。


このところ不調で、載せる話を見つけるのに精いっぱいの状態です。おまけにPCが突然潰れたりして、どうもいけません。



363.Re: まとめて五回分の更新について
名前:隆景    日付:2013/11/20(水) 21:45
ご無沙汰してます。
色々と大変でしたようでお疲れ様でした。
毎回更新される度に読ませて頂いておりますが、
その裏でご苦労されていらっしゃるのですね。
西のほうもすっかり寒くなったようで、身体にはお気をつけて。

「異香の女」
このての話は大好きですが、蛇に襲われて脳が破れるって
どんな状況でしょう?まあエグいんで想像したくはないですけど。


「362.まとめて五回分の更新について」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb