[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
黄昏の掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 



351.1/11、1/21日付の更新について  
名前:    日付:2013/1/24(木) 22:15
1/11日、【あやしい古典文学の壺】に2編追加しました。
「石上の火」:
昔、この話の場所あたりに住んでいたはずなんですが、こんな話はとんと聞きませんでした。目立ちたがりの竜が、火の玉になって上天を待ったということですかね。水をかけられて慌てる様子がおかしい。
「人を倒す池」:
最初に出てくる蛇と蛙は、何をしていたのだろう。結託して死んだふりをし、人を毒池に誘いこんでいたか。

1/21日、【あやしい古典文学の壺】に2編追加しました。
「冷めた流星」:
こんなふうな、燃えないでヘロヘロと地上に落下する隕石もあるんじゃないかと思いました。でも、それは現実にはないみたいです。
「亡妻の挨拶」:
何食わぬ顔で挨拶に出て客を困惑させ、なぜか体重もあって駕籠に重しをかけ、…なかなか面倒な亡霊です。法事をしてもらって「これからは障りをしないよう心がける」と言いながら、一族を滅ぼしてしまったのは、亡霊は自分をコントロールできないということなのでしょう。

杜若庵さま:
こちらこそ、どうか、よろしくお願い申し上げます。
>昨秋、肺を少し切除したところ、…
それは大変でした。その後はいかがですか。状況が分からないので当たり障りのないことしか言えませんが、身体を大事になさってください。
奇病の話を読んでいると、現代の医学なら説明できそうなものが多々あって、説明がつけば奇病でなくなり、リアリズムの領域になります。このリアリズムは意識するとけっこう重たいので、扱いが難しいなあと思います。興味は尽きないのですが…。


「351.1/11、1/21日付の更新について」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb