[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
Ryo爺の独り言

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL
 



年賀状の添え書き  
名前:Ryoji    日付:2014/12/25(木) 13:43
年賀状は毎年、インクジェットのはがきを買い、表裏ともパソコンで印刷する。木彫猫をデザインするので、手づくり感覚の名残はあるかもしれないが、両面ともパソコンでサッサッサーでは気持ちが伝わらないと思い、一言添え書きすることにしている。

書くのは、@相手の安否、A当方の近況。これを2〜3行でまとめるにはけっこう頭をひねる。いつも会っている人なら気心が知れているから、軽いジョークでもいいが、年に一度の賀状だけの付き合いの人には、しばしばペンが滞る。体調の悪い人に立ち入りすぎてはいけないし、婉曲な言い回しから紋切り型〜常套句に陥ることも。

以下、独りよがりで興がってしまった文例。

「還暦をすぎて、ホワイトアスパラになりましたかな」
教師だった友人で、若いころ顎ひげの剃り跡が青々としているのを“アスパラ”とあだ名をつけたことがあった。その彼も定年退職したので。

木彫仲間に。
「木は心、今年も楽しく彫りましょう」

文学〜報道関係の友人に。
「ペンは剣よりも強し、といいますが、ペンを刀に持ちかえてしまいました。ただし、私は安倍政権の支持者ではありません」(刀とは彫刻刀のこと、蛇足だが)

「お元気ですか? 私も元気です」
毎年、印刷所の見本どおり、宛て名もパソコンで、手書き文字が一字もない人に。もちろん、賀状をいただくことが元気な証拠、とありがたく思っているが……。


「68.年賀状の添え書き」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb