[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
Ryo爺の独り言

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL
 



ビル・エヴァンスを偲んで  
名前:Ryoji    日付:2013/9/15(日) 16:18
9月15日はエヴァンス忌。久しぶりに、ビル・エヴァンス・トリオを懐かしむ。
晩年の「ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリング」は明澄で好きなアルバムだが、あまりにも哀しすぎる美しさ、白鳥の歌というか遺言集とでもいうような趣なので、今日は雨も降っているし、沈んだ気分になるのを避けて、青年期の昇り調子な元気をいただくことに。
で、ビル(ピアノ)と、スコット・ラファロ(ベース)、ポール・モチアン(ドラムス)の、世にいう黄金トリオから、とくに大好きな曲を選んだ。

1. 枯葉 Autumn Leaves
2. ブルー・イン・グリーン Blue In Green
3. イスラエル Israel
4. ナーディス Naedis
5. マイ・フーリッシュ・ハート My Foolish Heart
6. ワルツ・フォー・デビイ Waltz For Debby

どの演奏もフレッシュな気鋭に満ちている。感性の衝突と融合がよどみなく小気味よい。ライブ盤は食器のぶつかる音やらおしゃべり、咳払い、笑い声なども聞こえて面白いのだけれど、聴衆は熱心に聴いていないような雰囲気にも感じる。ビルはまだ無名で、今このとき歴史的名演奏が始まっているのに、聴き手は気づいていないのかもしれない……。
おしまいに、これらアルバムより少し前の音盤から、ピアノ・ソロ「ピース・ピース」を聴く。安らぎのあるしっとりした響きに心が洗われるようだ。

それにしても、昔、繰り返し聴いたから、アドリブのフレーズまで先がわかってしまう。これってジャズの聴き方じゃないなあ。名盤なんて、みんなこういう聴き方をしているのだろうが。


「47.ビル・エヴァンスを偲んで」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb