[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
Ryo爺の独り言

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL
 



温故の会木彫作品展にて  
名前:Ryoji    日付:2013/6/22(土) 10:4
温故の会の木彫作品展が開かれ、当番で2日間貼りついた。
会場の“かでる2・7”では他の行事もあるので、そのついでに見ていこうという人もいるから、来場者は引きも切らない。展示作品について問われれば答えるのも当番の役目、いろいろ会話を交わしていると、木彫をやっている人〜やりたいと思っている人(たいていは年輩者)に出会うと話が弾む。

私の専ら彫るものは小動物だが、今回は猫だけにして、それも彩色仕上げの5作品を出展した。会場にいてやはり自作品の反応が気になる。
わが猫の前で立ち止まる人、素通りする人、まちまちだが、なかには頬をゆるめて笑顔になる人、近づきしゃがんで猫目線で見ている人、連れの人と指をさしたりして話している人――こういう関心ありそうな動作に気づいたときは、「猫がお好きですか」とさりげなくシャシャリ出ていく。

「猫を飼っているでしょう」と当然のように聞かれる。飼っていないと答えるとたいていは驚く。老い先短い身、あとに残しては猫が気の毒ですから。「じゃあ、どうやって彫るのですか」。インターネットの猫サイトから写真をパクリまくり、面白いポーズを基に下絵を描きます。「だって、写真をどうやって立体に」、向こう側がわからないときは、猫カフェに行って観察します、場合によっては触って骨格の形や筋肉の付き具合を調べたり……しつこくしていつも猫に嫌われますけど。

うちとけて、ケータイの飼い猫写真をみせてくれる人もいる。ああ、可愛いですね、お宅がうちの隣なら、ときどき餌をやったりして、懐かせてモデルになってもらうんですが、私はマンション暮らしですから、それができない、残念です。

猫に関心のない人は作品の前を素通りする。二人連れの来場者、一人が「あら猫だわ」、連れの人が「わたし猫嫌い」。もちろん、こういう人には声をかけない。人それぞれ、押しつけがましいことをしてはいけない。
犬派の人も多いようだ。「犬は彫らないんですか」と聞かれた。テレビの和風総本家に出てくる“豆助”を彫りたいと思ったことはありますけど……。「ああ、あれ可愛いわ、ぜひ彫って見せてください」なんか約束させられた感じ。

見てくれた人たちの大方の感想は「まるで生きているみたい」という。要するに私の作品は生きている猫の再現ということか。猫好きな人たちの思い入れがあって評価されるものなのか。
具象を彫る以上、リアリティをおろそかにはできないが、バードカーヴィングのようなスーパーリアリズムを目指してはいない、そのちょいと前のところで私の味を出したい。それがなんなのか明確に言葉にはならないが……。自分の力からして、民芸品とアートの中間にあるような領域とは弁えているつもりだが、できるだけアートに近づきたい、と老いの身に野心のようなものが湧く。


「43.温故の会木彫作品展にて」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb