[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
Ryo爺の独り言

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL
 



“木楽なひとびと”展で  
名前:Ryoji    日付:2013/6/7(金) 8:42
ことしで5回目の“木楽なひとびと”展(札幌・大丸藤井セントラル、9日まで)を観た。出展者は小笠原み蔵、三好純男、屋中秋谷、可香谷智、北尾久美子、運野淳、古川世都生の7氏。個性溢れる作品がところ狭しと展示されていて、どのブースも木彫の楽しさがいっぱい。

このところ毎年見せていただいているので、バード・カーヴィングの北尾さんには、すでに顔を覚えられていて、今回もいろいろ話をお聞かせいただけた。この人の作品は、単に鳥が木に止まっているのではなく、身体の微妙な一瞬の揺らぎを捉えていて、囀りや羽ばたきさえ聞こえそう。近寄ったら飛び立ってしまうのでないかと錯覚するほど超リアルである。色も渋い。まさに本物以上のスーパーリアリズムというべきか。
今回は、広げた羽根の薄さが際立っていて、どう見てもジェルトン材で作ったとは思えない。ポーズだけでなく、細部の端々まで作者の創意が行き届いている。話が電動ルーターやバーニングのことに及んだら、わざわざ控えの持ち物から作りかけの作品を取り出してきて見せてくれた。製作途中といいながら羽毛の盛り上がりや羽根の筋の一本一本まで描出されていて、ほとんど神業というしかない。老眼の進んだ私にはこんな完璧なリアリティーは望めようもないが、北尾教室に通って2〜3体つくってみたら、その技法を猫に応用できるかもしれない、と思った。

小笠原さんはユーモラスなゴリラや豚の木彫が多いが、ジャズをテーマにした作品も力に満ちたデフォルメが面白い。ブースには作者ご本人はおられず、女性の方がいて、聞くとアシスタントをしているのかとても詳しい。
私が本でみた知識では、み蔵作品はシナの木が多いようで、オーク染色〜オリーブ染色と書いてあったのを思いだし、せっかくのチャンス、ここで苦手の塗りについて技法を知りたい、との気持ちが募った。で、「企業秘密かもしれませんが、お聞かせいただけないでしょうか」とおそるおそる(態度だけ、意図はかなり図々しいね)尋ねてみた。すると、なんのとまどいもなく「いいですよ」という。私はメモ帳を取り出し、記録しながら聞きまくった。ポワーステインでの色付けから、目止めのシーラー塗り、仕上げのクリアラッカー塗り、目の光を出すマニキュアに使うトップコートにいたるまで、手順の一々について教えてもらった。
まあ、聞いたからって容易にできるものではない。色の薄め方、塗る量、筆のさばき、回数、等々これは経験で会得するしかないが、独学・我流の私には、プロの技に目を見開かされた思い!

展示〜展覧会は、先達の感性やアイデアに触れると同時に、技術を盗む場でもある。昔から、職人は技を盗めと言った。もちろん、作業をやっているところを見せてもらうのが一番だろうが、今回は盗み聞き(親切に教えてくれたのだから、ちょっとニュアンスが違うかな)できて、大きな収穫だった。講座や教室に束脩を払って習うべきを、先生方、ありがとうございました。


「41.“木楽なひとびと”展で」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb