[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
Ryo爺の独り言

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL
 



特別展「〈猫〉が気になる。」を観る  
名前:Ryoji    日付:2012/9/27(木) 16:6
三岸好太郎美術館で開かれている特別展「〈猫〉が気になる。」を観た。
このところ猫ばかり彫っているので、絵画から題材の捉え方、表現感覚を学ぶ気持ちで行ってみた。服を着て腕組みしている好太郎の猫の絵をはじめ、油彩・日本画・デッサン・木版画・彫刻、合わせて44点を展示していた。

なによりも長谷川リン二郎[#リン=「燐」火へん→さんずい]の、あの有名な、あるいは、知る人ぞ知る油彩「猫」に出会えて、嬉しかった。なるほど片方のヒゲが描かれていない。描き始めてほぼできあがったものの、飼い猫が同じポーズにならないため、何年も待ち続けたが、そのうち死んでしまったため、とうとう描かれなかったという。その伝説めいたこだわりが興味深く、絵の前で長い間、穴のあくほど見つめてしまった。
竹内栖鳳の「斑猫」が高貴なイメージとすれば、この猫はもっと身近な、どこにでもいるような、ごく普通な猫の実在感がいい。

立体は3点しかなかったが、とくに藤島茂の木彫刻、中野五一のブロンズが猫をリアルに表現していて、動きや起伏に富むポーズに彫刻家の力を観る。こっちは穴のあくほどというより、舐めまわすように前後左右に回り込んで鑑賞した。
期間は10月21日まで。猫好きの人、見逃せませんぞ。


「29.特別展「〈猫〉が気になる。」を観る」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb