[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
DBS専用掲示板

[脳深部刺激療法(DBS)-DBSの理論と体験記] [DBS専門医Q&A-脳外科医に相談]
[Appleカフェ] [Ask the Doctor-神経内科医に相談]


[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL
 

☆過去ログ [2003年06月-2006月12月]☆[脳外科医に相談]




2611.シャネル ccクリーム 紫外線吸収剤  
名前:シャネル ccクリーム 紫外線吸収剤    日付:2017年2月18日(土) 1時42分
誠実★信用★顧客は至上在庫情報随時更新!人気最新品┃特恵中┃☆腕時計、バッグ、財布、ベルト、アクセサリー、小物☆商品数も大幅に増え、品質も大自信です低価格を提供すると共に、品質を絶対保証しておりますご注文を期待していますシャネル ccクリーム 紫外線吸収剤 http://www.eevance.com/kabann/goyard/handbag/28e5b044dc53405c.html
http://www.eevance.com/kabann/goyard/handbag/28e5b044dc53405c.html

2610.シャネル iphone 5 ケース ディズニー  
名前:シャネル iphone 5 ケース ディズニー    日付:2017年2月18日(土) 1時41分
業界No.1のChrome Hearts クロムハーツ スーパーコピー レプリカ専門店クロムハーツ(Chrome Hearts)人気のクロムハーツのコピー商品通販!新作クロムハーツバッグ・財布などの商品や情報満載!人気、実力ともに日本N0_1の本格的なブランドシルバーアクセサリレプリカ専門店です。−純銀屋当店ブラックシンフォニーでは、直接全米のクロムハーツより定期的にアイテムを取寄せて販売しております。入荷の情報に関しましては、その都度当店の入荷ブログにて写真つきで更新しております。ChromeHearts クロムハーツ スーパーコピー S級 レプリカ通販。クロムハーツ財布クロムハーツバッグ鞄クロムハーツサングラスクロムハーツアクセサリー 等、シャネル iphone 5 ケース ディズニー http://www.bag78.net/brandgoods-13337.html
http://www.bag78.net/brandgoods-13337.html

2609.ルイ ヴィトン 通販 ikea  
名前:ルイ ヴィトン 通販 ikea    日付:2017年2月18日(土) 1時40分
特恵中-新作入荷!当社の商品は絶対の自信が御座います迅速、確実にお客様の手元にお届け致します実物写真、付属品を完備しております。低価格を提供すると共に、品質を絶対保証しておりますご注文を期待していますルイ ヴィトン 通販 ikea http://www.bestcopy.cc/brandcopy-l-20-p-1.html
http://www.bestcopy.cc/brandcopy-l-20-p-1.html

1346.Re: 訪問リハビリ  
名前:あるちゃん    日付:2008年6月20日(金) 22時22分
少し雨模様の空、でも先生は「大丈夫」とキッパリ言う。つられて杖を置いて家から出る。久しぶりの田辺小、歩道橋コース。先生の足取りが速い。でも何とか付いていく。自分でも意外なほど、大またで歩く。先生が気にしている身障者申告の話しになる。主治医からの診断書はまだ来ていない。多分、明日ぐらい(金曜日)になりそうなので、その旨答える。南京都病院の事務員さんが手続き一切をしてくれるはずである。
どうしてそうなるのか・・私にも良くわからない。世の中、私にわからぬ事は一杯ある。要はあまり気にしない事だ。
そして話はとんで先生の青春時代の事になる。理学療法士になる前にマッサージの学校にも行ったとの事。これははじめて聞く話。一月分のお礼が五万円だつた・・との事。これは安いのか高いのかも私にはわからない。ヘルパーさんの中にもマッサージの上手な方がいる。勿論、先生の方がうまい。でも、これは技術の問題ではなく、むしろ力の差である、と私は思っている。
歩きながら話しているから、スピードも速いし私はだんだん息が切れてくる。気がつくともう南里に入る信号の所まで来ていた。

http:/

1340.Re: 訪問リハビリ  
名前:あるちゃん    日付:2008年6月12日(木) 15時39分
本題に戻って訪問リハビリ。梅雨の中休みで快晴。今日は歩きに行く。
アルちゃんのお散歩コースに行くつもりが、私か無人スタンドで茄子と胡瓜を買うなんて気まぐれをしたものだから一寸道が簡単になる。だから、散歩とも言えないほどの短距離を歩いて帰っただけになる。でも新鮮なお野菜が手に入ったのだから歩くのはまたこの次にしよう。
「歩く時、小また歩行になっている」「この2、3回小また歩行はでなかったのに」ここの所、私自身はもういやになるような杖突歩行で情けなかったのに・・ネオ半錠で動いていた歩行の方がよかったのかな。でも、この指摘、正しいのかも知れない。
今日は杖を持って出たものの殆ど使わなかった。

http:/

1336.Re: 訪問リハビリ  
名前:あるちゃん    日付:2008年6月9日(月) 23時32分
介護保険の等級変更と一緒に身体障害者手帳の変更手続きもした。3級から2級にである。こちらは最初、つまづいた。
5月9日、診察の後で、身体の機能テストや質問への答えなどがあったのだが、私はとても調子にのりやすく特にテストが大好きなので、サア
来いと張り切ってしまい楽しくテストを終えた。何のためのテストかと気が付いたのがその報告をリハビリの先生にしている時である。「まずいな、それは」と言われてハッとした。結果は6月6日、渡された診断書には3級相当の文字。みんな自分が悪いのだ・・このみじめさ。仲良しのケア・マネさんもいない。姫野先生にも今更、相談も出来ない。
仕方が無い、「異議申し立て書」でも書くか、と言うので書き出した。
でも、これ先生に一言、言うべきだろう・・と思って、午後2時南京都病院に電話する。以外に簡単に主治医と話が出来た。
「あの診断書に異議申し立て書をつけていいですか?」
「何が不満なの」
「私は今度は2級にして欲しいのです。この間のテストはオンの時の状態でオフの時はもっとひどい症状が出ると思います」そのあと短い沈黙。
「それじゃ、ボクの診断書を書き換えましょう。診断書を戻してください」
会話はこれだけ。これで、どうやら異議申し立て書は書かなくてもよく
なったみたい。

http:/

1332.Re: 訪問リハビリ  
名前:あるちゃん    日付:2008年5月29日(木) 22時29分
今日は雨。家の中でマッサージを受けるだけ・・。でもつまんないと言う事ではない。お話しなければ行けない事が一杯。まず、私のベット貸して欲しい要求が認められた一件、介護保険で私は先月、要介護1を勝ちとった。ついで更に要介護2で認められる介護用の電動べっトを特別に貸与して欲しいという願書を出した。それがOKとなったのである。
それで、ケア・マネが置いていってくれたカタログを見ながらああでもないこうでもないと女のおしゃべりここ一番、先生良く付き合ってくれる。そしてサイズも型も決める。
まあ、あまり先行き夢もないが今日このつまらない話に付き合ってくださってありがとう。

http:/

1328.Re: 訪問リハビリ  
名前:あるちゃん    日付:2008年5月23日(金) 22時53分
今晩わ。パソコンには時々わからないことがあって今も今晩わと打つと今晩をと出ます。私のパソコンだけかな?こんな現象は・・
昨日の報告、久しぶりによい報告です。全国的に晴れという晴天にめぐまれ木曜日の午前中とあって私の体も一番動きやすい時間帯、本当に何週間ぶりか歩きに行くことができました。と言っても杖つきですが、それでも私は嬉しい。実は6月1日、友達が東京から来てくれるので京都駅まで迎えに行く約束をしたので、その約束の後、急に歩く練習を始めたのです。その人の声を聞いた時、突然、歩きたい!と思ったのです。
今までも何度もそう思ったのですが、それだけではダメでした。それが今回は歩けたのです。その続で杖を突けば何とかなる・・という確信を持って何とかなりました。
コースは田辺小から歩道橋をへて並木通りをすぎ京都銀行、JRの踏み切り、農協前、南里の交差点、我家に至る20分くらいの道。例によって先生とにぎやかな会話。「先生最近お元気そう」と褒めると「ボク今
ビハインド中ですよ」と思いがけないお返事。「でも私はその方が好きよ」とつい本音が出る。「まあズボンがはけなくて困るくらいですがネ
・・」そして会話の結果、先生は今度私のために塩を買ってくる事になった。エッどうしてそうなるのか?って何時でもこうなるのです。摩訶不思議。
でも、多分、お塩は永久に私の前には現れないから大丈夫。
そしてマッサージ、手のひらのあざに目を留めた先生が「どうしたの?」って聞くけど、これは、何度もこけて手を突いた結果。でも、他の誰も気のつかなかったあざに気がつくのはさすが理学療法士。ありがたいな・・と思う。

http:/

1323.Re: 訪問リハビリ  
名前:あるちゃん    日付:2008年5月15日(木) 22時18分
まさやん様、楽しそうなレポートありがとうございました。ジムボール
と言うんですか?あのボール、私婦不勉強で名前も知りません。
リハビリの時間が増えて、よかったですね。
私たちの市では余裕がなくて時間変更するだけで精一杯です。まず、住んでいる所によってあれこれ違いますね。
阪神は今日も勝ちました。でも私、一寸ヤクルトもいいな・・なんて思う時もあって・・アマノジャクです。
では、お元気で、またレポートを楽しみにしています。

http:/

1320.Re: 訪問リハビリ  
名前:まさやん    日付:2008年5月14日(水) 6時47分
毎日が、ゴールデンウィークのような年金生活の私には、今年はいつまでだったのかわからぬうちに終わったようでした。
 訪問リハビリの効果がよいようなので、ケアマネさんにお願いして、時間増を、お願いしたら、早速、週1時間を、2時間に倍増してくださいました。
 5月10日は、雨天のため、部屋の中でのバランス運動を、歩行練習の変わりにジムボールを使用して、30分。あまり使われていなかった筋肉も鍛えられたように感じました。
 翌日、早速スポーツ用品店へ出かけ、ジムボールを購入し、一人で説明書を見ながらいろいろ試してみ、値段の割には使用価値があると思い、翌日、ディサービスに行ったときにリハビリ用具に加えてもらうことになりました。
 13日も、また雨のため、ジムボールの大活躍です。先日は、バランス中心でしたが、、腰痛対策からスタミナ増強まで使い方いろいろを、教えてもらい、最後は、例のごとく、虎の先発予測、金本選手のホームラン予想と、楽しく、そして、効果抜群の訪問リハビリは終わりました。 

1319.Re: 訪問リハビリ  
名前:あるちゃん    日付:2008年5月13日(火) 21時46分
ごぶさたしました。休日続きで、久しぶりのリハビリです。
といっても本日はまれに見る悪天候で京田辺も雨が今にも落ちてきそう。やむなく室内。私の体調もすこぶる悪く、ネオもコムタンも全然ききめなし。9日南京都病院に行ってから、土、日の二日間だけ薬が効いて平和堂まで買い物に出たりしたけど、また、無動状態。モシモーシと自分の体に電話かけたいな。
ああ、なぜ電話かというと、母の日に長男が自分の娘と息子に(つまり孫)電話かけさせて私が喜んだ事・・から思いついたんだ。そんな話を今日はして、先生からは自分の娘が15歳になってもし殺されたら・・
なんて恐ろしい話聞かされたり、和やかに一日を終わりました。
先生は私の痩せた事にビックリしていたけど、まあ、パーキンソンは進行中だけど鬱状態からは無事抜けたみたい。
それから、ずっと続いていたリハビリの時間が変わります。今度は木曜
日の午前中10時40分ごろからになります。
ああ、今日はズーとマッサージをして貰いました。

http:/

1317.Re: 訪問リハビリ  
名前:あるちゃん    日付:2008年5月9日(金) 23時18分
コムタンを飲むとジスキネジアがひどくなる。それでも、その時ネオの量が半錠であれば、ジスキネジアは出現しない・・とレポートに書いた。私としてはコレでもうコムタンとは縁が切れると思っていた。
しかし私の主治医は今度はコムタンの量を半分にして更に観察を続けて欲しい・・と希望して大激論。結局、この点は私が折れてコムタン半分とネオ半分の組み合わせをあと一ヶ月続ける事になった。
そのかわり、私は鎮痛剤と胃薬の組み合わせセットなる邪魔な薬を止める事ができた。本当に油断しいるとアッという間に薬の山の中で生活する事になる。
まあ、コムタンは一時期、私の夢だったから仕方がない。今はこの実験
が上手くいって一人でも多くの人にコムタンに気安く触れてもらおう。
と考えている。

http:/

1314.Re: 訪問リハビリ  
名前:あるちゃん    日付:2008年4月27日(日) 23時16分
まさやん様、一寸ひやりとするよなご報告ですね。危ない、危ない。本当に気をつけましょう、お互いに。それから、私一つ気ずいていて、まだ書いていない事があります。それは、私の場合、突進現象はどうやら
ネオドパストンの過剰で起きるという事です。それで現在はネオは絶対
一錠は飲まない。時間を区切って半錠ずつとしました。それでもおこ
るかも知れん。今はいろいろ試しています。
自分の体に薬の与える影響については「24時間表」をつけていきます。(この表のつけ方は覚えているが名前は忘れた)これは一日二十四時間に飲んだ薬と現れた現象・・ふるえとか痛みとかを細かく記載して行きます。孤独な作業ですが、この表を基にしてレポートを書いて始めて主治医の判断と結びつきます。今度の受診日にはもう少しましな報告
をお届け出来ると思います。
しかし、これはあくまで私だ゛けの事であって、まさやん様も良くご存知のとおりパーキンソン患者の症状は全員違いますから・・。

http:/

1313.Re: 訪問リハビリ  
名前:まさやん    日付:2008年4月27日(日) 6時59分
  調子に乗りすぎるとダメですね!
 25日からは、伝統の一戦今年の甲子園初戦でした。
 外野のチケットは手に入れていたのですが、次男が内野の、ボックス席(今年からみずほ銀行シートというらしい)が手に入ったからと、交換してくれた。よい席から、今日も勝つぞとの、応援むなしく負けちゃいました。
 寒かったからと、つい飲みすぎて、家人に、手を引いてもらわないと、走ってしまいそうになり、皆さんの「過信は絶対いけませんよ、」という言葉を忘れかけていた自分を反省しつつ、やっとの思いで 次男の家へ帰り着くことができすぐに眠りにつき、翌朝さわやかに目覚め、球場周辺へ、一人で散歩に出かけました。
 いつもお参りする神社までは、順調でしたが、賽銭を持たずにきたのに気づき、取りに帰ろうと引き返しだすと、例のごとく、走り出し、転んでしまいました、幸いにも少し擦り傷が手にできただけでしたが、神様も、賽銭などいらんから、気をつけなさいよと、おっしゃたような気がします。
 DBSの、おかげで、こんな暮らしをさせてもらっていることへの、「感謝の気持ち」と、周囲に皆さんの言われるようにあんたは、「病人である」ことを忘れるな、を口先だけでなく、自分自身が本当に気をつけないと、今度転んだら、大変なことになりそうな気がします。
 絶対過信はしません。病人だから、薬を飲んでいることを忘れません。今度転んだら一人で、外出できないようになることを忘れません。
 心から以上のことを守ります。

1312.Re: 訪問リハビリ  
名前:あるちゃん    日付:2008年4月26日(土) 1時51分
まさやん様、お帰りなさい。楽しいご報告ありがとうございました。
私はたいてい夜も昼もタイガースの試合を見ていますが、あのろくこうおろしの大合唱の中にまさやん様の声が混じっているとは,ついぞ考えもしなかったです。
本当にこんなに自由に動けたら、どんなに楽しいでしょうね。これぞDBSのおかげじゃないでしょうか?
でも、何がよかったかと言うと転ばなかったのが一番よかったですね。

22日、私のリハビリ。コムタン一錠、ネオドパストン一錠を二時に服用して先生を待つ・・コムタンを飲むと体の調子が可笑しくなるので先生の目でそれを確かめて貰うためである。先生は三時十分前に到着。も
うコムタンもネオも体に十分回っている。歩き出すと杖をついているにもかかわらず、前方えの突進状態になる。先生が私の左腕をつかんでとめようとするが私の足は止まらない。私の息ははずみ汗ビッショリになるがそれでも止まらない。ようやく坂道をのぼりきっ所で足を止め道を
曲がる事が出来た。ここで姿勢が前傾姿勢になっている。先生が言葉を
探している・・「この無動の反対の現象」これをパーキンソン患者たちは何と呼ぶのか?という。あいにく私にもわからない。
私とコムタンは一時的にとても仲良しだった。今年のお正月孫と一緒に大阪の海遊館に行けたのは全くコムタンの力だつた。この薬となじむのは二、三ヶ月かかった。冬の間に仲良くなって春になったらさよならか・・全く変わった薬だな・・と考えている。
ゴールデンウイークの影響で4/29,5/6とリハビリはお休みになる。先生は5/6は来る予定にしたがこれはこっちで断った。それでも
大丈夫か・・と目の中を覗き込むようにして念を押す。「絶対一人であるくなよ」それが今回の宿題。
さて私はこのレポートもないし、どないしょ。

http:/

1310.Re: 訪問リハビリ  
名前:まさやん    日付:2008年4月24日(木) 6時52分
15日は、私の都合でリハビリを休みにしてもらい、ライトスタンドから大声で声援し、また、勝ってしまいました。六甲おろしを初対面の人たちと、何度も歌う気持ちよさって最高でした。
 勝利の美酒に酔っても、転ばず次男のうちへ泊まり、16日も当日券が買えたのでまたライトスタンドへ行き、勝った、勝った、また勝ったと連日六甲おろしの大合唱、隣席の若いカップルともすぐに乾杯できるのも、とらファンだからだろう。
 17日は、朝から雨、中止だろうと姫路へ帰ることにした。考えてみると、11日早朝に、東京へそして国会請願、夜は交流会12日はそのまま東京で過ごし13日遅くに帰姫と、まるで、健常時並みの強行日程を続けても、転ばずに1週間過ごすことができた。
 まだ予定があったのを、思い出し、19日には、社会保険労務士会の総会懇親会まで出席したが、さすがに二次会はお断りし、帰宅。
 体力の自信はついたが、過信に気をつけてねとうるさい家人。、22日の、主治医の診察で、あんたは、弱い躁だということを忘れたら大怪我の元ですよ。
 家人と一緒になって、主治医からも厳重注意されました。
 2週間ぶりのリハビリの先生からも、疲れが残っているからバランスが取りにくくなっていること、過労と過信には、気をつけてくださいと注意されました。
 皆さんの注意頭に叩き込んで無理せずに、やっていこうと反省しています。

1309.Re: 訪問リハビリ  
名前:あるちゃん    日付:2008年4月20日(日) 22時14分
15日の報告をまだしていません。ごめんなさい。この日、私は久しぶりに歩いたのです。左足はまだ不自由でひきずる形ですが、右手に杖をつきながら何とかがんばりました。もちろん先生が付いてくれているから
・・。南里団地を出て池の周囲を回るアルちゃんのお散歩コース。今でも毎日アルちゃんは次男の清ちゃんと一緒にこの道を歩いています。
今、この池のまわりは、すっかり桜の名所になって、アルちゃんは散歩の目的・・ウンチができなくて困ると言う話ですが・・。桜はもうちって、枝垂桜が最盛期、風に揺れています。土手の周りチューリップ
が満開。「よくこんな予算があるな」と先生。私心外。「これ南里の人が勝手に植えているのよ」「へえー、今時、美談ですね」本当に南里の人たちは花が好きで開いている土地を見つけると誰の土地であろうとお構いナシに花を植える。其々の家にはこぼれるような花が一杯である。
この季節、一番喜んでいるのは南里の花仲間である。

先生は私の杖が体に合っていないというので途中で長さ調整、無事に歩き終えた。

http:/

1308.Re: 訪問リハビリ  
名前:あるちゃん    日付:2008年4月11日(金) 22時25分
まさやん様いつもご報告ありがとう。本当に誠実なあなたに比べて私はなんといい加減な事か・・。水曜日にお手紙は拝見いたしました。ところが金曜日がレポートの提出日とあって私は必死になってそちらをやっていた訳です。私は毎月、主治医にレポートをだしています、別に約束している訳ではなく勝手に私がやっているのですが、もう7年になるのかなあ。現在のように鬱状態でこれをつづけるのは一寸困難なのかもしれません。
一方、受け取る側の主治医にしてみれば私がいくら鬱だと書いてもこんなレポート書いてるうちは大丈夫と思うし・・。何をやっているのかしら、本当に。

http:/

1304.Re: 訪問リハビリ  
名前:まさやん    日付:2008年4月9日(水) 7時25分
 わたしの主治医の先生がDBS後よく言われるのは、イラチスイッチがONになっているのだから、行動に移る前には一息入れて慎重にやれば、転んだりもしなくて済むはずだ、刺激の結果、弱い躁症状が出ていると診断されているのです。
 がさつな性格だったことから自分ではあまり変わったとは思っていないのですが、周囲の人が見ると、少しは代わってきているようです。
 前置きが長くなりましたが、悩むことは、殆どありません。只、社労士登録(非開業)し、社労士会の勉強会に参加するうちに、開業社労士さんとの関係にも気を使う必要を、考えて、ボランティア社労士として今後も同病者の、障害年金獲得への努力を続けたいと配慮しているだけです。
 昨日のリハビリも、歩行練習になると、絶好調の野球の話につい夢中になり、先生もつい注意を忘れることがあるほどでしたが、早足になることも、手のふりを大きくし、リズムを取ることで少なくなってきました。

1303.Re: 訪問リハビリ  
名前:あるちゃん    日付:2008年4月8日(火) 23時43分
今日は嬉しい事があった。まだ、その余韻からさめず、呆然としている。
私のひび割れた左足の膝の皿が治っているとリハビリの先生が確信を持って言い切ってくれた。痛みが何もなくなっているのに、私はサポーターを着けていたのだが、それもいらないとの事である。それでも、私は
やはり病院でレントゲンを採り整形外科医の口から、そのお告げを再度聞かねばならない。本当に無駄な事だと思うが、若い医師がその資格を持っているからである。そして、そのお告げを私がレポートにして主治医に提出して記録上はそれで終わり。でも、私は歩けなくなっている左足を、まず治さなければならない。

今日からリハビリは、また内容を変えた。先生はまずパーキン患者の筋肉が動かさないとトロけるように無くなるのを見て驚いた。失った筋肉
はまた歩いて取り戻そう。と言うのだがコレがどんなにしんどい事か頭
にも、良く言い聞かせておかなくっちゃ。

http:/

1302.Re: 訪問リハビリ  
名前:あるちゃん    日付:2008年4月5日(土) 22時34分
雨の日のリハビリ
雨の日はこれまで、室内でバランスの練習などしていたが、骨折後、それもできなくなった。先生からは中断しようかとの意向もあったが、私はお願いしてまだ来て貰っている。では、何をしているかと言うと40分間マッサージを受けている。何分左足を固定させて家事をしているため
体中の筋肉が無理をしてアチコチ痛い。私はとても贅沢だな・・と思いつつこの介護保険によるリハビリを享受しつつ、やはり、本音を言えば本来の歩き20分、マッサージ20分のスタイルに戻したい・・と願っている。
だけど、何時から私は歩けるのだろうか?

http:/

1299.Re: 訪問リハビリ  
名前:あるちゃん    日付:2008年4月2日(水) 23時43分
まさやん様ご寄稿ありがとう。
ひょっとすると怒るかな?なんて余計な事を考えていましたのでゴメンナサイ。そう悩むのならどうぞご遠慮なく、ここで悩んでください。
新コーナーにはリハビリだけでなく、年金問題などにも取り組みたいと言うのは、勿論大賛成。
じゃあ、タイトルは何とするか?。実はね、私の「訪問リハビリ」にはお手本があるのです。私の先輩というのは青山峰子さん。このDBSに
「その後の状況」というコーナーで200回超えていると思います。その署名がミーコと言います。mi^-^koと書いてとても可愛いの・・2007年2月18日、パソコンのローマ字入力ができなくなったという手紙の後、このコーナーには出られていません。他の所にmi^-^koの名前を時々見た事があります。
もし長く続けたいと思われるのでしたらご参考にしてください。
11日は東京ですか。がんばってね!

http:/

1298.Re: 訪問リハビリ  
名前:まさやん    日付:2008年4月2日(水) 8時12分
 あるちゃんさまへ、まずは、昨日のリハビリ報告からしておきます。
 マッサージ中に先生は筋トレに必要は、ないくらい鍛えてられますね。と褒めてくださいました。毎日転ばないように用に気をつけながらの、一人での散歩の効果らしい。Gファンの方には申し訳ないが、今日も虎は、金本選手の活躍で勝つでしょうと予想したり(予想的中)で、時間はすぐに過ぎてしまいます。
 あるちゃん様からの提案いただいた、新コーナーについてですが、リハビリだけでやるのでなく、私が現在取り組んでいる「年金相談日記」でもやりたいと思いますが、これには、大先輩のアーモンド様や、佐々木社労士先生の了解が必要と考えますので、十分時間をかけ慎重にやらねばならない問題だろうと考えています。
 11日の国会請願活動に参加する予定になっていますので、そのときにでも先輩方の意見を聞いた上で決めようと考えています。
 あるちゃん様はどう思われますか?お聞かせください。

1297.Re: 訪問リハビリ  
名前:あるちゃん    日付:2008年4月1日(火) 23時23分
今日は朝から雨。
ずっとお家の中にばかりいるから、私には関係ないが雨の中、小さな車で受け持ちの患者の家を一軒一軒尋ねて歩く先生の事を思うと胸が痛い。先週の水曜日、整形外科の医者を尋ねて以来、私は鬱状態である。
左足の皿にひびが入っていると言われてから、回復まで一月と聞いたが、それはおとなしく寝ていて一月であって私のように料理をしたり洗濯したり家事をやりつつの一月では無いと言うのだ。そうか・・骨折と同じか・・と私は始めて事態を理解できた。そして、五年ほど前の出来事を思い出して憂鬱になった。左足の脛の裏側を骨折してきず川病院に収容された私は実に一ヶ月そこで過ごした。DBSの手術の時はずっと個室で過ごした私が大部屋に入ったのはそれが始めてでおかげで私は賢くなった。それからは入院すると言う事が怖くなくなり、最近は気軽にチョコチョコと入院している。だから今回も入院するつもりだった。
しかし、この整形外科の先生が入院する必要はないと断言されたので私が勝手にたいした事は無いと思い込んでしまったのだ。

http:/

1294.Re: 訪問リハビリ  
名前:あるちゃん    日付:2008年3月29日(土) 0時12分
まさやんさま、何時もご寄稿あリガとうございます。
ずいぶん長い文章をお書きになるようになりましたね。キットお話になりたい事がいっぱいあるのだと思います。それはとてもすばらしい事だと考えます。
転んだけど大過なくすんだとの事、本当によかったですね。これからも転ぶとしたら上手に転ぶ事が一番いいと思います。そら、真央ちゃんみたいに・・。サッカーの選手みたいに・・あの人たちは転んでもさっとおきてまた走り出す。どうして同じ人間なのにこう違うのかな?。今は年令と言う事が私を救ってくれます。若い時はうらやましくてうらやましくて気が狂いそうだった。だから、私は今ニュースの向こう側で岡山の駅で人をつきとばしてしまった青年の気持ちもよくわかります。

リハビリとは一寸違うお話になりました。そこで、まさやんさまにご相談があります。私のリハビリ報告はこのように脱線する事も数多く、どこに結論が行くか分かりません。
そこで、私はまさやんさまは独立して「まさやんの訪問リハビリ」と言うような新コーナーをお開きになって欲しいと思います。その方がまさやんさまののびのびした個性もかがやくでしょう。もちろん私も遊びに行きますよ。

http:/

1293.Re: 訪問リハビリ  
名前:まさやん    日付:2008年3月26日(水) 6時18分
 第4回目のリハビリ報告の前に、21日(金)転んでしまいました。
 病院へ行くほどの怪我は幸いにもありませんでしたが、久しぶりに突進歩行が出てしまったのです。某所へ時間ぎりぎりに車で行き、駐車場から、あわてたらあかん、自分自身に言い聞かせながら出たつもりが周囲の人が小走りになっているのにつられてついに走り出してしまったのでした。
 階段を上がるときには、危険を感じたのか、いったんは手すりを持ってゆっくりと上ったのに、上り終えるとまた自然と走ってしまい、足がもつれれ転ぶまで止まれないのでした。昨日、主治医に話すと、また、いらちスイッチがON になったまま動いてしまったんやな。パーキンソン病は、命までとらへんけど、そんなことが一番危険やから、一人で出かけるのは自粛して、奥さん同伴でないと外出禁止にしときと、注意されそうしょうと誓いました。
 リハビリの先生も、心理的にどうして、走ってしまうのかわからない限り、止めてくれる人(注意だけでもよい)と行動するすること以外特効薬はないでしょうといわれていました。
 リハビリでは、今日は、中腰で転倒しないためには、ズボンの汚れを気にせず、膝をつけることと、片膝たちの練習をやりました。先生からも、甲子園のチケット先行発売でまで手に入れておきながら、 タイガースの応援行けんようになったら大変ですよと。冗談交じりで注意喚起していただきました。気をつけます。一人では、出かけませんと、ここでもう1度誓います。

1292.Re: 訪問リハビリ  
名前:あるちゃん    日付:2008年3月20日(木) 22時46分
CTの結果、異常なし。
左足の皿、ひびがはいっており完治するまで安静にする一ヶ月。
右目、周辺の打撲に比べ目そのものは悪くなっていない・・と言う判断でしたが、眼鏡が一つとても使えないという犠牲があります。

左足のサポートは病院で用意してくれましたが、これを使用すると太腿から踝まであり、とても歩けないので、結局、使用せず、かわりにリハビリの先生が探してきてくれたスポーツ選手用の膝のサポート用のが見た目もかっこよく、かつ機能的なのでこれを愛用しています。

http:/

1290.Re: 訪問リハビリ  
名前:まさやん    日付:2008年3月20日(木) 7時36分
 あるちゃんさんへ、大変でしたね。
 膝の皿たいしたことがなければいいですね。
 当分は、治療に専念しまた、決して無理のないことからやり直してください。
 怪我をされたところだけでなく、十分気をつけてください。
 姫路の方で、ころばれて入院中に、肺炎を起こされそれが原因で亡くなられた方がおられるそうですよ。本当にお気をつけてください。
 私の3回目のリハビリは、新しく、膝立ちの状態で、前後、左右に歩くことが追加されました。
 前回の報告でも触れましたが先生の年令が次男のひとつ下と言うこともあり、まるで、わが息子と話ながら歩行練習しているようで、我らが応援するタイガースの今年の実力分析、息子の中学時代のクラブ活動で全国優勝した話から先生も同じスポーツをやっていたことなど時間の過ぎるのを忘れてしまうようでした。
 転ばずに生活できる日がいつまでも続くようにがんばります。

1289.Re: 訪問リハビリ  
名前:かったつむり    日付:2008年3月20日(木) 5時5分
あるちゃん、大丈夫ですか??
痛かったでしょう?
CTは異常ありませんでしたか?
私もよく転ぶようになりました。
かなりひどく転んでも
肉布団のおかげで打ち身ですんでいますが、
人事ではないですね。 

1288.Re: 訪問リハビリ  
名前:あるちゃん    日付:2008年3月19日(水) 4時15分
さて本日の訪問リハビリ。本題に入る前に悲しいお知らせ。10日(月)午後3時。路上で私は転倒。前傾姿勢でたおれたので怪我は顔の右半分・・特に目の周辺、鼻の下、後で気がついたのだが眉の上である。そして体では左膝の皿に少々ヒビが入ってこれが病院でわかり、
かなりの騒ぎ明日は脳のCDによる検査、先生たちには怪我が比較的軽いと論評覚ましたが本人はショックやら不安で大変です。

http:/

1286.Re: 訪問リハビリ  
名前:あるちゃん    日付:2008年3月11日(火) 23時36分
まさやんさま、ご寄稿ありがとうございます。
楽しそうなリハビリ生活が始まって本当によかった。
トラ大好きな先生なんてケッサクですね。そういう個性の捕らえ方がいいと思いますよ。

http:/

1285.Re: 訪問リハビリ  
名前:まさやん    日付:2008年3月11日(火) 19時45分
 今日は2回目の訪問リハビリでした。前回同様に体温、血圧、脈拍の測定後、マッサージから始まり筋力はあるが、やはりかたいですね、病気の特徴でしょうね、との話や、立ち上がるときに、足の指を立ててから立ち上がるとふらつかずに立て、バランスもとりやすいことなど、先生は、さすがプロだなと感心させられることが多々ありました。
 ポカポカ陽気の中、屋外へ出て、歩行練習になっても、私が、少し早足になりかけると、かがとから足を付けるためには、足の指をそらすようにするとよいとの指導には、感心しました。
 その後、雑談をしながら歩行練習するうちに、先生の年令が、私の次男より若いことや、プロ野球では、私と同じように関西人らしく、トラが大好きだから5時からオープン戦放送があるとの情報をも、教えてもらったりで、気がつくと、55分ががすぎているという、楽しいリハビリでした。
 今後も楽しく、コツを教えてもらいながら、体力的には転ばないことを基本に、現状維持を目指して行こうと考えたいます。

1284.Re: 訪問リハビリ  
名前:あるちゃん    日付:2008年3月9日(日) 23時8分
そうリハビリの内容について話すのを忘れていました。
あいかわらず風船の上に足を乗せて先生の指示通り片足乗せたり両足のせたりやっています。先生の説ではこれで毎日やれば両足の内側の筋肉が発達して私のかけているバランスもよくなるだろう・・という未来的な見通しがあるとの事だから私も夢を持ちましょう。
子の大きな風船は普段はどこにいるかと言うとベットの上にほりあげてあります。そして寝る前に右、左で15回ずつやって毎日を終える訳です。この運動をやっている間、私の頭の中は空っぽですから、けっこうおしゃべりもできる訳です。
先日は先生のお嬢様の怪我について。月曜日、学校からの帰り道、お嬢様は道草をして帰られたが、なぜか怪我をした。傷は頭のてっぺんにある。理由は話さないので分からない。頭だから当然傷口からかなりの出血をしている。一緒にいたお友達のお母様が傷口を拭いて止血をしてくれていた、ここまで話して「あっ、しまった。ボクはまだお礼を言っていない」と立ち上がり後で電話しようと座った。それにしても波乱万丈
いろいろしでかすお嬢様である。考えてみたら私の子供たちは二人とも
こんな経験はない。孫たちの育児でも聞いた経験もない。うらやましいような気がする。
つづけてマッサージを受けながら聞いた話。先生は、やはり小学校一年の時、なぜか知らないけれどブランコの動くのを下から見ていたらそのブランコに頭がぶつかって怪我をした経験がある。それを家に帰って「
どうして怪我をしたのか」と手当てしてくれた母親に何回も聞かれたが
やはり話さなかったので自分も娘に聞かない事にした。そうである。
でも私は何時か(何年後と指定はしないけど)この事は深く突っ込んで
話あうべきだと考える。何時までも自分と一緒だと微笑んでいたら先生と同じ経験・・中学一年での自転車事故による複雑骨折につながりかねないと思うからである。

http:/

1283.Re: 訪問リハビリ  
名前:あるちゃん    日付:2008年3月8日(土) 0時18分
現在のリハビリの目的はと聞かれたら、どうしよう。現状維持としか表現しようがない。今、ともかく歩く能力、立っていられる能力、これを明日も遣れますように・・と祈るような想いでリハビリを続けている。
この想いは、パーキンソン患者のリハビリの時、共通しているではないでしょうか。
3月4日のリハビリでは、そんな話も出ました。先生の受け持つ患者さんの中に斜頸の方が一人います。パーキンソンでもうすっかり固定しており、それでも一番最初に会った時はリハビリをやったらなおりますか?と聞かれてお答えするのが、とてもつらかったが本当の事を話してせいぜい鏡の前に立って姿勢を正すよう心がけて下さい・・とお願いしてきたのだが、その後は、明るい性格のかたで屈託無く生活されているとか。

http:/

1282.Re: 訪問リハビリ  
名前:あるちゃん    日付:2008年3月6日(木) 22時45分
まさやんさま。お手紙ありがとうございます。
仲良くいけそうな先生でよかったですね。
それにしてもケアマネさんの熱意あふれる態度。すばらしいですね。
私の所では考えられません。

私の所では最初どうだったか。ケアマネさんはついてこず、先生一人でしたね。そして、先生の住所が同志社住宅だと言う話になり、私たち夫婦が、若い頃、そこに住んでいた話しをしてお互いに昔の知り合いだと
いう事に気ずいたのですから・・。本当に色々の出会いがあります。

その出会いから、今、三年目です。先生の最近の口癖は疲れた。もう若くないから・・です。そして、私はもう七十だから・・とすぐ言うようになりました。お互い年をとっていくわけです。
3月四日のリハビリ報告は明日書きます。

http:/

1281.Re: 訪問リハビリ  
名前:まさやん    日付:2008年3月5日(水) 6時18分
 昨日から訪問リハビリが始まりました。第1日目でしたから、S先生の自己紹介や、私からの希望として、昔どうりバランスよく動けることを、目標に(目標は目標として)よろしくお願いしますで、リハビリを始めました。
 まずは、マッサージで筋肉のかたさや、先生の言われるとおり手足や体全体を動かせてみることで筋力、バランス感覚等を見られたようでした、その後、屋外へ出て、歩行練習を少しやり初日でもあるので早めに終わり、契約書の作成やいろいろな説明を受け終了しました。
 S先生今後よろしく指導お願いします。初日と言うことで遅くまで立ち会ってくださった、ケアマネのHさんありがとう、なんと言っても私自身が、指導どうり実行し全生活の場でがリハビリだと考え暮らして行こうと思います。あるちゃんさま、よろしく助言お願いします。

1280.Re: 訪問リハビリ  
名前:あるちゃん    日付:2008年2月27日(水) 16時27分
2月19日お休みで、26日がまたリハビリ、あまりさむくはないが朝から雨、こんなに天気の悪い年も珍しい。あいかわらず傘も差さずに上着ナシの姿で先生が来る。今日も歩かないのだけれど私は一応、玄関まで迎えに出る。軽々と空気入れを下げている。しなびた風船に空気を入れるためである。風船は1分も経たぬうちに無事よみがえり、待ちかねた私が飛びついて、足の練習、今日は間をおいてゆっくり出来た。
ついで、次の段階、足を両方、風船の上に乗せて腰をひねる。これはらくらく行けるかと思ったが左右同形に揃えるのが難しい。左側には直ぐ行けるが右側にはなかなか体が動かない。一番つらいのはどうしてそうなるのかそれが分からない。それでも何とか形がつき終了。その後、バランス感覚を持つために風船の上に腰掛ける。これは怖い。本当に怖い
私が怯えてしまい中止。
こんな事で一日終了。

http:/

1275.Re: 訪問リハビリ  
名前:あるちゃん    日付:2008年2月17日(日) 23時39分
さて、気分一新、リハビリに取り組む。
2月12日から、私は新しくリハビリをやり直すつもりで、あらかじめ先生に電話しておいた。留守番電話だったけど「モシモシ鎌田です。リハビリの内容ですけど、今までは歩く事ばかりこだわってゴメンナサイ。もう少し視野を広げて、バランスのとり方等にも取り組んで見たいと考えますので、この次からは先生の方でリードよろしくお願いします。また、風船等も教えてください。それから、風船の空気が少し抜けていますから直してくださいね」。これで私はのほほんと暢気に待っていたけど、もつとちゃんと確認すべきだつた。
当日、雨の中、現れた先生は今日はどうします?なんて聞く。電話の事を話すと受けていないとの事。私の電話べたはみんなよくご存知のとおり。パソコンも下手だけどどこか他所にかけてしまったらしい。
それでも意味は通じてご協力戴く事になった。しなびた風船をつかっての足技。早速早すぎるもつとゆっくりとの声がかかる。これはどんな動作かと言うとまず仰向けに寝て片足で60センチくらいの風船を引き寄せてこれで足がまず曲がる。その次は足をのばして風船を向こうに押しやるという簡単な運動である。所がこの動作をゆっくりやろうとすると私は汗をかく。風船の高さで足を上げている事がまずできない。
15分やって開放される。ヤレヤレ。
つづいてマッサージ。おしゃべりしながら一寸くつろぐ。「ブコ」と言う言葉について。これは一人娘のみやびちゃんの朝ごはんをあらわすもので「ブ」はぶたまん「コ」はコンソメスープの意味だ。私は毎朝ブコを食べています・・と作文に書かれ、先生はとてもつらかったらしい。
それで反省の結果、ベーコンエッグを作って食べさせようとしたが朝、みやびちゃんはキョトンとてあまり食べてくれない・・情けない、どうしよう・・というような話であった。その翌日、タクシーにのってこの
話をしたらバカウケに受けた。タクシーの運転手さんは、ブコでけっこう!とおっしゃる。朝飯なんてものは毎日同じでよい・・私なんか40年も同じだ。との言葉でした。ちなみにこの方は私と同じ70歳。そうだそうだ。と私も軽々しく同調したが、良く考えれば育ち盛りの子供と
大人、せめてヨーグルトの一本も添えてと助言すべきでした。

http:/

1273.Re: 訪問リハビリ  
名前:あるちゃん    日付:2008年2月7日(木) 22時31分
今、私の体の中で一番問題なのは体のバランスです。コムタンのお影で
歩く距離は大分伸びているのですが、悲しい事に体のバランスがついて行かない。歩く前に正しく立っていられない。転倒する時はたちあがっただけでこける。鏡の前で立っているだけでこける。路上で友達に声をかけられただけでこける。タンスの前で引き出しを開けようとしてこけてしまう。
どうしてなのか医者もリハビリの先生も答えられない。転倒を恐れて歩くのも可笑しくなる。腰を引いて前につんのめるような歩き姿である。これではあんまりひどいとようやく自分でも分かった。2/5のリハビリは自分でもこの問題が良くわかった。先生はそんなに早く歩かなくていい・・と声をかけてくれるのだが、体の方が止まらない。今までで最悪の歩き方と手厳しい。私の心がこの時急いでいた事もある。路上販売の車が来る時間なのだ。何時もは間に合うのだが、この日は30分先生が来るのが遅かった。だから間に合わないと心が急ぐ・・その反映で足はトットッと勝手に早くなる。私は歩くのをしばらく止めようと考えた。後は先生が私の体を引きずるようにして家に帰る。
家では汗が吹き出て止まらない。体が熱い。体温計で計ってみる。その結果熱はなかった。先生は心配してしばらくウロウロしていたが、私が頼んで帰ってもらった。その後、路上販売の卵屋さんが、私の姿がみえないのを心配して来てくれて用事は無事かたずいた。

http:/

1272.Re: 訪問リハビリ  
名前:あるちゃん    日付:2008年2月6日(水) 23時59分
実は只今アップルの方に何回も投稿してはエラーで戻され、あきらめて
寝ようとしていた所です。自分の住所を入れる所が。うまくいかない。
まあ、こちらは明日遣ってみるとして、訪問リハビリの方もエラー
発生です。これも後日・・。

http:/

1269.Re: 訪問リハビリ  
名前:レーズン    日付:2008年2月6日(水) 17時18分
いつも積極的な姿勢ですばらしいと思っておりおましたので、
創造していたよりも体がきついご様子にちょっとショックを受けております。
うつぶせは、寝たきり予防としても評価されています。
転んだとき起きられると歩くためにもいいと思います。
よつんばいでのパーキンソン体操とあわせてぜひ導入されるようお奨めしたいと思います。
お邪魔しました。

1268.Re: 訪問リハビリ  
名前:あるちゃん    日付:2008年2月4日(月) 22時19分
レーズンさま。まず、読んでくださってありがとう。リハビリも今年で
三年目ですものねえ。私の文章はダラダラ長いし、やっている事はリハビリだけで取り立てて変化はないし、明日もあるんですけどね。それでも私はこれがあってよかったな・・と考えております。
レーズンさまのご意見とてもよいと思います。
それで、二三付け加えますと、私うつぶせはあまり出来ないんですね。
今始めて気がつきました。そういえば、こないだ孫が来てマンガ読む時
うつぶせになって読んでいましたね。あれは出来ない。ですから、よつばいと言う姿勢も長い時間はむりでしょう。
明日は何をするかって晴れていれば、まず歩きに行きます。15分は
それにいるでしょう。残りはまとまった時間がないのてせす。歩くのは
私の強い要望であって、動作をスムーズにするためのいろいろのプログラムを先生が持ってきてもノーと言っているのは私自身です。

http:/

1267.Re: 訪問リハビリ  
名前:あるちゃん    日付:2008年2月3日(日) 22時39分
レーズンさま。
ご寄稿ありがとう。
今夜はつかれたのでご返事はまた。ごめんなさい。

http:/

1264.Re: 訪問リハビリ  
名前:レーズン    日付:2008年2月3日(日) 15時20分
あるちゃんさん、こんにちは。
こんなに長いこときてくださっているリハビリの先生が、ご自分の担当患者が毎日ころぶことを知らないって、びっくりです。
あるちゃんさんは、うつぶせで寝られますか。
もしできなかったら、息子さんに起こしてもらえるときに短時間でもいいからうつぶせとよつんばいやってください。
欲をいえば、うでたせふせのまねごとと、昔テレビのおかあさんといっしょでやっていた「おいもがごろごろ」も挑戦してください。できなかったら、ぜひリハビリの先生にトレーニング方法を考えてもらいましょう。まず薬が効いているときにできること、とおもいます。

1262.Re: 訪問リハビリ  
名前:あるちゃん    日付:2008年1月30日(水) 22時11分
1月29日,昨夜から雨。道路はビショヌレである。二時半になっても雨はやまない。さすがの私も歩く事はあきらめた。こんな日に限って先生は早く来る。雨の中、傘もささずにやってきた。今日は歩かないと言うと嬉しそうだ。
ああ・・そうだ、私、この日は子供・・といっても、先生より一つ年上の男であるが・・から、我々のリハビリについて大事な批判をされていたのである。つまり、タダ歩いていてもしょーむないと彼はいうのだ。
もっと日常的な事、たとえば私がひっくり返ってバタバタするのは見苦しい・・そういう時かっこよく起きれる方法を教えて貰え・・というのがその意見だ。とりあえず先生にお伝えしておく。それで、15分ほどマッサージの後、問題の起き上がりを遣ってみようという事になった。
実は私こういう事、あまり好きではない。
それに先生は、かなりのゲラで、私の格好がおかしいと言って何時も
笑い転げるのである。まあ、でもこの日はほかならぬ家族からの批判
とあって笑いの方は辛抱していたのだろう・・と思います。
転んだら、まずはよつんばいになってと先生は言う。私はそんな事はできないと言う。まずひっくり返る事はとても恥ずかしくて毎日やっていても、恥ずかしい。「えっ、毎日?」「そう、毎日、転倒する」本当に
情けないけど私は毎日のように転倒する。この所、コムタンのおかげで
良く歩けるようになったけどバランスの悪さはあいかわらずで、これは
治らない。
「それにウチの家族は冷たくて誰も助けてくれない」と私の話はとりとめも無い。でもこういう話先生は弱いのである。「気の毒」という言葉が顔に出る。まず、毎日は転ばない方が良い・・と言う話になる。先生の患者さんが転倒して頭を打って内出血していたとか怖い話も出る。
そして後ろ向きのバランスの話が出て、私は階段を後ろ向きに下りる芸
を見せる事にした。これはこの階段を二年前に直してから、ずっとやっている事だけど文字通り後ろ向きに下りるだけの事である。
褒めてくださったので、私も納得。この日は終り。

http:/

1257.Re: 訪問リハビリ  
名前:あるちゃん    日付:2008年1月22日(火) 23時6分
今日はリハビリはお休みなので、前回に続けて一月十五日のリハビリの
話。この前、コムタンを倍量飲んだら体がものすごく楽になったと書きました。でもこの時間はとても短い。一時間とほんの一寸、階段を上って降りて平地を歩いて家に帰ると、もうあの自由感は幻のごとく消えて
あとは何か突っ張り感が残るだけ。先生がマッサージにかかり、足がものすごく腫れている・・と言う。本当だ右も左もパンパンに腫れている。おかしいな・・何か内臓の病気かな?・・と私。「いや、違う・・
内臓に問題があるのだったら足の甲までムクミが来るはず。この腫れは
筋肉に無駄な力が入って出来たものでしょう。鎌田さんの脳のなかで間違った指令が出されているんですよ」とキッパリ。この足のはれ現象も
二時間ぐらいでスルスルと消えた。本当にコムタンの見せてくれる作用はオーロラのように摩訶不思議。

http:/

1256.Re: 訪問リハビリ  
名前:あるちゃん    日付:2008年1月20日(日) 23時5分
リハビリ・レポート
一月十五日の報告をまだしていませんでしたね。
この日は昼の薬の時に、ネオ1に対しコムタン2を飲みました.私は
最近コムタンを飲む時はガリガリッとかじるんです。錠剤が大きすぎて
喉をとおりにくいのと、もう一つは胃の中で早く溶かすため。コムタン
が効く時は胃が痛むので直ぐ分かります。普段はネオ1に対してコムタン1なのですが、この時は必ず効いてくれないと困るので、あえて倍量
使用しました。すぐに30分しないうちに効き始めました。足は軽くなり体がストンと楽になります。シメシメこれで楽にリハビリができると
思いました。ところが先生がなかなか現れない。何時もは二時半が三時になっても平気なのですが、どういう訳か、何時もコムタンを飲んでいる時間は長く感じるのです。
そして三時10分前、先生到着。二人で歩き出す。「薬が効いているの」私大得意である。先生返事せず。身長差が30センチあるので、
こういう事はよくある。足は思うように動く。でも階段を登る時、ニ
三度つまずく。あまり自由すぎて少し脳があわてている感じ。こういう
時は先生がチラッと私を見ている。(つづく)

http:/

1255.Re: 訪問リハビリ  
名前:あるちゃん    日付:2008年1月16日(水) 15時36分
まさやんさま。
水田先生の講演会があるのですか。羨ましいですね。
京都はお膝元ですけど、この所、先生は後輩たちに活躍させてご自分
はあまり出られません。私は一寸さみしく思っています。水田先生は
私がDBSを受ける時に「年をとっているから受けれるものは少ない
かも知れないが、まあ、やったほうがいいでしょう」とすこぶる控え
めのコメントを送って下さいました。その後、友の会の一泊旅行などに参加して、先生お得意のシャンソンを聞いたり、今は熱烈なフアンです。
調整の件につきましても十分に信頼できますが旅先で引き受けて戴ける
かどうかは分かりません。診察ご希望でしたら多分宇多野病院まで
ご足労かけるかと思います。でも、まずは関西圏という事で辛抱して下さいませ。

1254.Re: 訪問リハビリ  
名前:まさやん    日付:2008年1月15日(火) 6時40分
あるちゃんさんへ 私の主治医の神経内科の先生は調整してくださいません。
 京都の水田先生が神経内科でも調整なさるそうですね、こんど姫路へ医療相談に来てくださるときに見てもらおうかと考えています。
 ちょっとよくなるとすぐに調子に乗ってしまう性格を直すのも私にとっては、大事なリハビリだと思います。
 どうか宜しく御指導お願いします。

1253.Re: 訪問リハビリ  
名前:あるちゃん    日付:2008年1月14日(月) 22時17分
まさやんさま、お返事ありがとうございました。そうですか、
DBS後、二年二ヶ月でそんなにたくさんの症状が出ますか。
調整でもう少しましになるやも知れません。松井先生という方は
脳外科の医師ですね。神経内科の医師で調整を遣っている方が
います。最終的には万能細胞でも、リハビリもして調整の世界
でも努力してみる気持ちはございませんか。
私は今年の春になれば71才になる女性です。DBSを受けたのが
65才のときです。その後、調整で色々乗り切ってまいりました。
現在一寸、躊躇っているのは電圧を上げすぎて右膝下の筋肉に異常
が生じ、それを抑えるために電圧をさげています。そして、その分は
薬で補うという事になっているのですが、これがまた大変ややこしい。
また、何なりとお役にたてる事がありましたらおっしゃって下さい。
ただ私の最大の欠点はズケズケとものをいう事。お腹立ちの事もあるかと思います。そのせつもご遠慮なくご批判下さい。
それではまた・・。

http:/

1252.Re: 訪問リハビリ  
名前:まさやん    日付:2008年1月13日(日) 6時56分
 あるちゃんさんへ ありがとうございました、私は、手術後2年2ヶ月経過した65歳男性です。この病気は、そう簡単には手を切ってくれそうにありませんね。
 先日も私の手術をしてくださった岡山大学(現在は、兵庫県高砂市民病院におられる)松井先生とお話したのですが、万能細胞の夢でも見ながらのんびり病気と付き合っていくことしかないようですね。
 リハビリの先生が決まればいろいろおしえてください。

1251.Re: 訪問リハビリ  
名前:あるちゃん    日付:2008年1月12日(土) 0時26分
まさやんさま、ご指名ありがとう。
手術後、何年ほどお過ごしなのでしょうか。私も三年ほど前までは体調
はすばらしくよくて絶好調でした。ただきづかわ病院の武内先生(脳外科)から最初に五年の保障と聞いておりましたので、ある程度の覚悟は
しておりました。京大病院の脳外科では、私が第一号なので、これはもう私ががんばって遣る以外に仕方がございません。
さて、リハビリの事。これはもう私はDBSの効とは関係なく、お受け
になる事をお勧めします。散歩中、前屈姿勢になり、そして突進歩行、
転倒直前になる。というのは現在の私そのままです。足の筋肉がパンパンになるのも私と同じです。
私は既にリハビリを始めてから二年を経過、今年で三年になります。
訪問リハビリで先生が自宅まで来てくれます。最初の十五分を先生と
並んで歩き、残り三十分を疲れた足のマッサージにあてます。合計
四十五分で先生が帰ります。この時間配分は私と先生が話し合って決めました。そしてこの内容は現在京田辺のケアマネが認めています。
時間どおりにするためには私がまずキチンと時間前に身支度をし、先生がくるのを自宅前で待っています。こうでもしないとパーキンソンの患者ではまず靴を履くだけでも五分ぐらいかかる時もありえます。お茶を
出してなどいっていたら時間はドンドンなくなります。

それから若年性ノパーキンソン患者についてリハビリの先生はおそらく
あまり色々の事はご存知ないと考えます。その時はぜひともゆっくりと
説明してあげて下さい。社会の中で、そんなにパーキンソンの患者はいないのですから。

まず一回、二回の話し合いがいるかもしれません。あまりあせらずに軌道
にのるまでの時間も楽しんでください。気持ちとしてはSeikenさんのお
っしゃるリハビリは自分でやるもの・・であって先生に指導を求めるのは間違いだと私も思います。本当に楽しいリハビリ・ライフをお過ごし下さい。

http:/

1250.Re: 訪問リハビリ  
名前:まさやん    日付:2008年1月11日(金) 8時11分
 あるちゃんさんに、お聞きします。
 私はDBS手術後震えも止まりまるで完治したかのようにまでなっていましたが、最近になって、特に、散歩に出かけても、前屈姿勢から、突進歩行になりやすく転倒寸前に立ちどまることが多くなり、外出には、杖が絶対必要になってきました。
 ケアマネさんにきくと、主治医の書類をもらってきて、訪問リハビリを勧められました。
 元々体が硬くて着替えをするときなど、困っていたのですが、散歩の後は、足の筋肉は、パンパンに張っていて家の中でも転びそうになります。
 リハビリを受けるにあたっての注意や、効果的な受け方など教えてください。

1249.Re: 訪問リハビリ  
名前:あるちゃん    日付:2008年1月9日(水) 23時57分
Seikenさん、ご寄稿ありがとう。コムタンの効き目同様とてもうれしい。
ウーン、リハビリに効果ありや否やは、とても即答はできかねますが
要は組み合わせの問題で、人によりけり、相性があうかどうかで決るの
ではないかと思いますけど・・ね。
リハビリの先生というのは理学療養士の資格を持つ人ですが、この資格取得は高卒で得られるので、現在、ラッシュ状態かと思えば、ここも私立大学同様、閑古鳥が鳴くところもあるとかで先生の言葉ではお先真っ暗。そういう不安定な気分の学校でた療養士たちがどんな介護をしてくれるのか・・これは現代の若者全体の問題だから、私はSeikenさんなら
誰と組んでもうまくやれると考えます。
問題はパーキンソン独特の筋肉とか、神経の問題を知識としてどれだけ
持っているかと言う事ですけど、これはほぼゼロでしょう。
東京のリハビリ制度について存じ上げないので、分かりませんが私のように一対一での関係となれば、知り合いになってから勉強して貰えばいいのだから、多分Seikenさんより若い人が来ますよ。その人をあなたが
パーキンソン患者のモデルとしてどこをどうして欲しいのか・・教えて
いけばいいのです。
ちなみに、私のリハビリの先生は同志社大学に七年在籍されたスポーツマンです。と同時に中学生の時、自転車事故で足に複雑骨折をした身体障害者でもあります。もちろん私より若い!(アハハ)

http:/

1248.訪問リハビリ受けたことのない私  
名前:Seiken    日付:2008年1月9日(水) 16時28分
リハビリというものは自分でやるものだという信念があるので、主治医に相談したこともない。
肋骨を折ったときは、コルセットを巻かれたが、息が苦しいので外して痛みに耐えていたら1週間ほどで痛みが消えていた。
ところが3日前の朝、ベッドの上で早朝ジストニーに襲われた。左足ふくらはぎが強烈に攣り、身動きができない痛みに呻いていた。隣に眠る家内は、「どうしたのだいじょうぶ?」
とちょっとは心配していたがすぐにいびきが聞こえてきた。10分もなかったのだろうが、長い時間を耐え続けたように感じた。やがてつっていた筋肉をもう片方の足指をこすりつけてもみほぐし、もみほぐしして起き上がれたのだった。
その後三日目になるが、このときのジストニーで痛めた筋肉の痛みが今も消えない。
手で触ると、つってはいないのだがこわばっていて、軽く押しても痛い。
皆さんはこのような痛みを日常的に受け止め、リハビリで持ちこたえておられるのだろうと思え、このような状態が毎日続くことになったら、我慢できないだろうなと、恐ろしくなった。
リハビリを受ければ、ジストニーは避けられるのだろうか?
まだ今は、こんなに強烈なジストニーは頻繁に起きてはいない。しかし、いつ起きるかわからないジストミーを予防するためにリハビリが必要なのだろうか。

1247.Re: 訪問リハビリ  
名前:あるちゃん    日付:2008年1月8日(火) 23時3分
新風舎でカッカッしていたら、今日はリハビリである。3月なみに暖かいというので期待していたが、さほどでもない。先生もジャンバー姿である。二人で歩き出す。早速、新風舎についてしゃべりだしたがなんだか話がトンチンカン。おかしいと思って確かめたら先方は救急車かと思ったそうである。これで、膝ががくっとするほど可笑しくて何か思いつめているのがばかばかしくなった。
コムタンの話になる。効いているのかなあーわからん・・という程度。
でも自分では小刻み歩行も一寸ストップしているように思えて嬉しい。
家に帰り、マッサージの時、筋肉がやわらかくなっているのでひょっとするときいているのかな?と言う話で落ち着いた。これは主治医にも
早速レポートしたいほど嬉しい事だけど、果たしてこの症状があと一週間持つのか持たないのかコムタン効果は幻のように捕らえがたい。

http:/

1246.Re: 訪問リハビリ  
名前:あるちゃん    日付:2008年1月8日(火) 6時28分
「かなしみの青いクレヨン」は私が書いた作品の中で二番目に長い話
である。実咲ちゃんという少女が七歳から十一歳までの間、今から六十余年前の自画像的な小説になっている。始めて書かれたものではなく、
2002年から2003年頃、全国パーキンソン病友の会「京都府支部会報」に
分割して載せられている。ただしこれは全体の半分くらいで後書き足して長くなっている。これを新風舎のコンテストに出した。第一次、第二次と進めて雰囲気を出していくのだが、一回目で落ちた後、名無しの人から電話がかかってくるようになった。まず、作品のミスや構成などを
論評したあと再度の応募をすすめ、再応募の後は「スタッフの一人だが選考であなたの作品は今これこれの位置にいる。私はあの作品が好きだから必ず味方するから」というような言葉をつらねる。
最終審査までいったが、結局落ちた。落ちても先方は平気である。
「賞」はとれなくても出版はできます。大阪に来てください・・
という。

http:/

1245.Re: 訪問リハビリ  
名前:あるちゃん    日付:2008年1月8日(火) 0時18分
コムタン効果と新風舎
両者のつながりは、どちらも今私の頭の中にあるというだけで何の関係もない。コムタンは11/21日主治医からパーキンソン症状の顕著化に対して出された薬で、私はこの薬が新薬であるため医療費が公費で支払われても、やはり高価になると言う立場から反対したかった。その後、薬の試用期間中、まず最初に不随意運動が出て、その反面、足の動きが非常に楽になった。どちらを選択するかわからないので、そのまま報告すると、まだ症状が落ち着いていないのでもう一月様子を見よう・・と言う事になった。12/18日、リハビリの先生に会った頃はコムタン効果で有頂天になっていた時でこの話はもう書いた。(1242)そして、その後不随意運動は消え、足の動きがコムタン服用後二時間ぐらい良くなるという
作用だけが残っている。それでメデタシメデタシかというと、そうでもなくて後効く日効かぬ日があったり、いろいろあった。この効かない日
の問題はコムタンをガリガリかじると言う強制的な遣り方で解決した。
薬の効果は二時間ぐらい、でも今はそれで満足している。

さて、引き続いて新風舎の問題。今朝の朝日新聞の一面に出ていた。業績不振で経営が現在ストップしている。NHKでも社長が出てきて誤っていた。ああ、これで私の八十万円と夢が消えたのか・・と、呆然としている。2007/5/28日、この日、私の2006年春に出した本が売切れてしまいあわてていた私が代りの本を出そうと言う話になり「かなしみの青い
クレヨン」を出版しようと言う事になった。私の相手は江口さんと呼ばれる大人の男性で落ち着いた方。その方と値段の話。誰に買って欲しいかなど、そのためにふりがなを全漢字につけたいとか、一枚だけでも「絵」をいれたいとか・・話が弾んだ。そして、この日から私の全ては
「かなしみの青いくれよん」のために生活することになった。
まず、ハードなスケジュールは組まない。身体はいつもあけておく。
一寸お疲れ、また明日ね。

http:/

1242.Re: 訪問リハビリ  
名前:あるちゃん    日付:2007年12月27日(木) 23時29分
12月25日、丁度、クリスマス。この日も先生は営業で、私の家に訪問リハビリである。前回に続いて寒い日でジャンバー姿、私の顔を見るなり「いやー、あのハムはうまかった」という話。まずはよかった。
お嬢様と二人、クリスマス・イブを楽しまれたとか。
私は大変満足、イブの日、見ていたテレピ番組の話などしてくれるが、この日は私が歩くのに必死でコムタン効果もなく、いつもの歩道橋にさし掛かると足が上がるかどうか心配である。「ヨイショ」なんとか一段上がる。その勢いで,ともかく強引に昇る。下りになって初めてトットカトットカ、リズムに乗れた。平地に降りるともうしめたものスタスタと歩ける。
先生もあまりの私の悪戦苦闘ぶりに論評もしない。「この数日コムタンの効き目が一寸ないのよ」と私自身の解説にうなづくだけ。家に帰ってマッサージの時、かねてからの私の疑問に始めて答えてくれる。
なぜ左足だけ大きくなるのか?(私の足は最初21センチだった。それが現在左足は24センチ、右足は23、5センチ)その原因は足が成長
したのではなく、むしろ、足のアーチを支える筋肉が緩んできて、足の裏側がひらべったくなってペタリとなってしまい、足のサイズが大きくなっているのではないか・・と言われる。私、納得。

http:/

1234.Re: 訪問リハビリ  
名前:あるちゃん    日付:2007年12月20日(木) 2時40分
さて、色んな事に憤慨している間に訪問リハビリはどうなったか?
12月18日、本当に久しぶりに歩いて来ました。もっとも先生は
あれは散歩じゃない。突進現象だ・・なんてケチつけてましたけどね。
とても寒い日で先生はジャンバーを着込んでいる。私の方は今、流行の
あれ何ていうんでしょ、羽布団のようなやつ、この前伊勢丹で二万九千円で買ったコート(フカフカのベージュ)オニューである。それに一寸、色の濃いベージュのマフラー。いつも遅れる先生が今日は時間ピタリと現れる。
「どうしたの?」って聞いたら、私の前のレデイが「今日は具合が悪くて休みにしたいとおっしゃったので休みにしてきた」との話。また、ただにしたんでしょ。どうしてこう人がいいんだろ本当に救いがたいな。
それで私は早速におしゃべり。コムタンの話。これはオフとオンをなめらかにする薬だが、なぜか杉山先生が今回処方してくれた。しかも、良く効いて今日は足取りも軽い。私、絶賛。歩道橋をこえてもその話は゛かりする。「どうしたの?今日は薬の話ばかり」「エッそうか」私あわてて話題転換。クリスマスのプレゼントの話。「ネエ。何を送るの」包みは二つあるそうな・・一つはパパから.もう一つはサンタクロースから。だから先生のお子さんはクラス全部の子供がサンタを信じなくな
っても信じ続けるふりをする。先生のうちは父子家庭で昨年までは先生
の母と姉親子(こちらは母子家庭)とも一緒にくらしていたがその緊張
感に耐えられず父娘で暮らし始めた、まだ出来立ての家族である。だから、このサンタの話も可愛いと見るか、かわいそうと見るか、それはどうぞご自由に。
大体、パソコンは母子家庭は即座にでるけど父子家庭という字は全然でません。でも、これから離婚がふえればこういう形の家族も増えると考えます。(エッ、私がなぜこの形にこだわるか?よく聞いてくれました
私はパパっ子なんです。長男が死んだ母の子、長女は二代目の母の子、
次女は二代目の子、私は三女だけど他の女の子、ついで二代目に女の子が生まれこれが私の妹、という世にも奇怪な家庭に育ちました。コレというのも父か゛なまじ経済力を持ち、複数の女の存在を許した古い日本の社会が腐っていたという事でしょうが、その私の目からみれば、清清しい家庭の形だと思えます)これで、私の変にねじれた心がご理解いただけましたか。そして兄は早く死に、故に、私は民主主義も嫌い(なぜというに多数決だから)それかといって独裁も嫌い。政治という政治、全部ダメ。という特異体質になりました。
話は元に戻って楽しい楽しいクリスマスの話。それで、この親子えのささやかなプレゼントとしてハムの詰め合わせを選びました。お嬢さんには可愛いハンカチ。先生キョトン。でも、受け取って頂けました。
どうぞ、よいクリスマスを迎えてください。皆様も。

1229.訪問リハビリ  
名前:管理人助手    日付:2007年12月17日(月) 4時17分
「2006年03月-07年12月◇訪問リハビリ」は下記をクリックしてください
http://www.h2.dion.ne.jp/~park/dbs/2006hou.html

「1229.訪問リハビリ」への返信


■過去ログ■2003年06月-2006月12月脳外科医に相談

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb