[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
AnPonmanの画像掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付


 



20460.能登半島豆ちゃり輪行旅続報・・・白川郷初訪!  
名前:AnPonman    日付:2017年8月9日(水) 15時30分
Original Size: 512 x 256, 99KB

★やれやれ、世界遺産バスの運ちゃんはペ〜チャラクチャラ・・・「ね〜やんらから1000円ずつぼったくりまひょ(笑)!」適当に相手しながら、ワシゃ東欧諸国のバス輪行事情を思ぇ出したもんでおま。例えば、旧ユーゴ崩壊の一因にもなったアルバニア、おんぼろバス内は運ちゃんに加え車掌や荷物係まで? ま〜そらかましまへん、みんなしてちょびっとずつ、その日の糧を分け合うシステムは日本にも必要でっけど、連中は相手の目を見て会話しよりまっさかぇ危険この上おまへなんだ(怖)。

★えっ? どこまで脱輪しよんねん? すんまへんな。ま〜それにしたかて、奥能登では路線バスをなんべんも乗り継ぎながら、座席の傍らに直立する豆ちゃりを抱え続けてましたさかぇ、床下の荷物室に収納してくれる大型バスはめっちゃ楽々珍々。ほんでから、やがて東海北陸自動車道へ! ま〜世界遺産バスっちゅ〜たかて、お値打ちはやっぱり後半の3県境あたりからで、平家落人村とも噂される五箇山は富山県側に、白川郷のほ〜は岐阜県側にっちゅ〜情報も運ちゃんから教わりましてんわ。

★片道約2時間、高速を出てからは険し〜山岳路、めっちゃ危険なトンネルもてんこ盛り、16インチ豆ちゃりでは絶対無理やわこりゃ(汗)。おりょりょ、分水嶺を越えたとこで雪山が突現! は〜さよか・・・白川郷では白山連峰も楽しめまんねんな(嬉)。御意御意(ウイウイ)、五箇山はまさしゅ〜鷹の巣村、その後はどんどん谷底へ下る印象でしたが、好天の白川郷へは15時半頃に無事到着。もちろん、親切なJR七尾線車掌のに〜やんから、高岡での時間待ち等々も教わってましたさかぇ余裕のヨの字。

★とりあえず宿探し・・・あかんで元々、観光案内所のね〜やんに、合掌造り民家に連泊でけへんか相談。うそやん? めっちゃラッピ〜にも素泊まりOK(嬉)? 何を隠しまひょ、旅のほとんどを鉄道かバス輪行、ちょ〜ど青春切符もおまへんし、宿泊の値切り交渉も空振り惨沈、食費だけでも節約するしかおまへんわこりゃ(恥)。ま〜それにしたかて、民宿"ふるさと"の女将は、典型的な農家の主婦タイプ? ほんまは朝夕食事付きでっさかぇ、彼女の手作り料理を食べ損ねて残念至極(つづく)。AnPonman


20373.能登半島豆ちゃり輪行旅続報・・・高岡市から白川郷へ!  
名前:AnPonman    日付:2017年8月2日(水) 13時44分
★えっ? Marco Polo busて何だんねん? ドナウ源流域に住むおっさんが先日、新車を見せびらかす魂胆で誘てくれたもんの、お盆の大和民族大移動を敬遠するうちに企画倒れ(涙)。数年前、ドイツ人医師とはハンガリー南端の民宿で遭遇、あん時はワーゲンの大型4駆でウィーンまで送ってくれましてんわ。ほなま折角やから、未踏のライン前半流域も含め、おフランスやスイスやオーストリアを回ってきまひょか? やれやれ、弱ったことに、近頃は体力よりも気力が減退、空路の予約も邪魔臭〜てなかなか腰が持ち上がりまへん。ほんで何を隠しまひょ、瀕尿は生まれつきながら、近頃ではうんこを5分も辛抱でけしまへんさかぇめっちゃ深刻だ(汗)。

★ま〜それに引き換え、好きな時にフラフラひょろひょろ、飽きたらいつでも帰宅でける国内旅行は楽々珍々! ウソやん? 円が使えて日本語も通じまんのか(驚)? 御意御意(ウイウイ)、悪天候で寄り損ねた場所かて、またこんどいつでも再訪でけまんがな。えっ? どこまで脱輪しよんねん? すんまへんな、JR七尾線車掌のに〜やん、わざわざ最後尾から先頭車両まで4往復、金沢手前の津幡駅でJR北陸本線線に乗り換えて、高岡駅から世界遺産バスで白川郷に至るよ〜アドバイス。恐縮しながらも素直に受け入れて、時々晴れ間の高岡では約3時間の市内観光、とりあえず観光案内所で情報収集、バスターミナルでは運ちゃんに輪行可不可を直接交渉・・・

★皆目知りまへんやん高岡市? おりょりょ、欧州風のトラム(市電)が走ったるやおまへんか! さぇな、全国区となると第3位の大仏つぁんだっか? ひょっとして豆ちゃりでの時間潰しは失敗? やっぱりトラムで富山湾を往復したほ〜が良かったかもしまへんわこりゃ。ほんで世界遺産バス、次の停車は北陸新幹線高岡駅、タイのね〜やんらが5~6人乗り込んできよりましたが、さすがでんな・・・運ちゃんは流暢な英語で彼女らに対応? どこがやねん、彼女らの質問は、所持するフリーパスの追加料金。ほんで、最前席のワシが手助けした途端、運ちゃんはペチャラクチャラ・・・ね〜やんらのおしっこ休憩も含め楽し〜輪行でおました(つづく)。

20372.能登半島豆ちゃり旅続報・・・  
名前:AnPonman    日付:2017年8月2日(水) 13時42分
荒海や 佐渡に横たふ 天の川

★雄大な場面は5月末頃の宵口、奥の細道から佐渡を眺めたら再現しまっしゃろか? 何を隠しまひょ、もし天気さえ良かったら、佐渡まで行くつもりでしてんワシ。が、無情にも5泊のうち4夜が雨、日中はほとんど濡れまへなんだけど、数週間の豆ちゃり旅を6日に縮めて逃げ帰ったよ〜な無様(恥)。ま〜浪花友あれ、輪島のね〜やんが組んでくれた奥能登周回バス路線、計4回も乗り換えまっさかぇ3000円のフリーパス(2日間有効)を購入。途中、曽々木の時國家や、九十九湾の縄文遺跡も魅力的でしたが、いっぺん降りたら次のバスがおまへんやん・・・渋々諦めたもんの、平時國は「平家にあらずんば・・・」と豪語したおっさん。まっ先に殺されるはずが、生き延びて奥能登へ流されましてんな。

★バスは穴水(能登鉄道の終点)へ、輪島方面が廃線になってからは、七尾からの湾岸景勝路線のみが残ってま。さぇな、大阪から特急雷鳥號で、和倉温泉まで直行したほ〜が良かったかもしれまへん? 余談ながら、中国人(台湾人)観光客は、能登半島を"昇竜"に見立てて、はるばる京阪方面から登ってきよりまんのやそ〜な。ほんでから、翌朝もフリーパスで能登鉄道を利用、途中下車して能登島周回と2箇所の大橋を楽しむつもりが・・・暗雲垂れ込めてこれまた断念(悔)。やれやれ、七尾からは富山湾沿いに富山まで? 豆ちゃりを漕げるよ〜な天候やおまへんさかぇ、嫌々JR七尾線に乗り継いで金沢方面へ? 料金の差額を支払う前に、車掌のに〜やんと白川郷までの行程を相談(つづく)。

19890.AnPonmanの能登半島豆ちゃり輪行旅概略  
名前:AnPonman    日付:2017年5月21日(日) 12時5分
▼1日目... 5月8日(月)は終日薄曇り(黄砂)。16インチ豆ちゃりを輪行、JR特急雷鳥號で金沢まで、市街を豆ポタ後宿泊(パンク修繕含む)。
*初日にパンク(怒)! 微細な金属片は見つけたもんの、予備チューブまで不良で意気消沈、宿探しにも苦労して渋々高価なお茶屋泊(鬱)。

▼2日目... 5月9日(火)は終日曇天+穏風の豆ポタ日和。鉄道輪行で穴水まで、その後は自走北上して輪島市街豆ポタ後宿泊。
*七尾線と能登鉄道を乗り継ぎ北上、終点の穴水からは輪島まで自走、清潔な安宿は観光案内所が手配(ほっ)。

▼3日目... 5月10日(水)は曇り時々雨時々晴れ? ほな輪行で長距離移動、路線バスを4回も乗り換えて、奥能登沿岸を車窓観光後穴水に宿泊。
*洗濯機も無料でラッピ〜! が、昨夜から雨で連泊も断られて絶体絶命(汗)、行程を組んでくれたバスターミナルのね〜やんに感謝(ちゅっ)。

▼4日目... 5月11日(木)は終日曇天で西風強。能登線+七尾線+石川線を乗り継いで高岡下車、市街観光後は世界遺産バスで白川郷に至り宿泊。
*昨夜も雨、曇天下の能登島周回は断念、親切な車掌のに〜やんの助言で白川郷へ輪行大移動。観光案内所では、合掌造りの民宿を手配(嬉)。

▼5日目... 5月12日(金)は晴れのち薄曇りのち本曇り。バスで五箇山往復、その後は白川郷を豆ポタで堪能、タイムスリップしたまんま連泊。
*昨夜も再三の雷雨、今朝はよ〜やく五月晴れ(嬉)! 五箇山でちゃりんこ乗りと雑談、白川郷に戻ってからは豆ちゃりで展望台を2往復。

▼6日目... 5月13日(土)の白川郷は雨、その後も大阪まで全域曇天。2晩連続の大雨に戦意喪失、高速バスで金沢に戻りJR特急雷鳥號で退散。
*昨夜もざんざ降りで、飛騨高山も富山湾岸コースも断念。やれやれ、持参した星図盤はいっぺんも出番なし・・・またいつか再訪しまひょ。

19853.6日目は連日の天候不安に戦意喪失・・・  
名前:AnPonman    日付:2017年5月21日(日) 12時3分
6日目... 5月13日(土)の白川郷は雨、その後も大阪まで全域曇天。2晩連続の大雨に戦意喪失、高速バスで金沢に戻りJR特急雷鳥號で退散。

★何を隠しまひょ、昨日のロード乗りに、富山から七尾までの富山湾岸道を薦められ、飛騨高山観光後は富山へと考えてましてんけど、2夜連続のざんざ降りには戦意喪失・・・3日目や4日目のよ〜に大巾な移動も思ぇつかんまんま、小降りのチャンスを待ってバスで金沢に至り、JR雷鳥號で大阪に戻って来ましてんわ(恥)。やれやれ、1週間未満の旅でしたが、悪天候が続いたわりには毎日が充実、過去の例のよ〜に雨で篭城っちゅ〜シーンはおまへなんだ。

★残念ながら、持参した星座盤はいっぺんも出番なし、おまけに北陸の朝晩は予想以上に冷え込んで、白川郷の民宿にはストーブも用意されてたやおまへんか。全ての宿で、豆ちゃりを室内に置けたことはラッピ〜! 外国人旅行者ともちょびっとずつ交流、タイ人にカナダ人にイスラエル人・・・例えば、5000円札を出されて困惑するバスの運ちゃんを手助け「2人分の釣銭を払うさかぇあとで清算してんか!」っちゅ〜通訳はけっこ〜難しゅ〜おました(汗)。行けば雨、戻れば晴れる、運の無さ・・・

19839.5日目は白川郷連泊、バスで五箇山も往復・・・  
名前:AnPonman    日付:2017年5月21日(日) 12時2分
Original Size: 424 x 283, 74KB Original Size: 510 x 340, 105KB Original Size: 424 x 283, 63KB

5日目... 5月12日(金)は晴れのち薄曇りのち本曇り。バスで五箇山往復、その後は白川郷を豆ポタで堪能、タイムスリップしたまんま連泊。

★今朝はよ〜やく晴天也(嬉)! 豆ちゃりをバスターミナルに預けて、世界遺産バスで五箇山のひとつ相倉集落を訪問。さぇな、隠れ里の平家落人村もそれなりに魅力的ながら、誰が見たかて合掌集落としては白川郷に軍配だっか? ここで初めて、中年男女のロード乗りに遭遇、さよか・・・彼らも危険過ぎるトンネルは敬遠してまんのやそ〜な。お薦めコースは、富山から七尾までの富山湾? あ〜・・・七尾も2回乗り換えたやおまへんか(悔)。その後、白川郷に戻ってからは豆ちゃりで展望台を2往復、白川郷眺望はもちろんながら白山連峰を遠望でけてス〜パ〜ラッピ〜(嬉)! ザマ見やがれ、ここでビール飲んでんのはワシだけじゃ!

★えっ? 訪問客の大半は台湾人か香港人? タイ人の団体もいてましたが、中国人はまだほとんど来てまへんのやそ〜な。ところで、バス待ちに試食した"五箇山豆腐"以外、スーパーかコンビニ買い出しの毎日でろくなもんを食〜てまへん(恥)。白川郷の民宿では、夕食と朝食が付いてまんねんけど、無理ゆ〜て素泊まりにさしてもらぇましてんわ。屋根がちょびっとくたびれた民宿"ふるさと"、女将は典型的な田舎の農村のおかんでしたが、お風呂やトイレは清潔で泊まり客のマナーも良好でおました。おりょりょ、夕刻にかけてどんどん降り坂でひと晩中雨音(汗)・・・


19838.4日目も輪行移動、鉄道および世界遺産バスで白川郷を初訪・・・  
名前:AnPonman    日付:2017年5月21日(日) 12時0分
Original Size: 424 x 283, 62KB Original Size: 490 x 245, 111KB Original Size: 588 x 294, 123KB

4日目... 5月11日(木)は終日曇天で西風強。能登線+七尾線+石川線を乗り継いで高岡下車、市街観光後は世界遺産バスで白川郷に至り宿泊。

★昨夜も雨で憂鬱、本日も輪行移動に決めてスクランブル! ぐぇ、小止みチャンスにドアが開かへんやん(汗)・・・今朝もK君のスマホに助けられて出発。おりょりょ、ベルニナ鉄道と間違えそ〜な豪華列車やおまへんか(驚)! 前回の少女漫画キャラ共々、ス〜パ〜トンチンカンぶりは断じて容認でけしまへんわこりゃ(呆)。やれやれ、曇天下の能登島周回はもちろん断念、七尾と津幡で2回乗り換えて高岡下車、親切な車掌のに〜やんは最後尾から先頭車両までなんべんも往復、なんと・・・鉄道よりもバスのほ〜が安上がりやとまでアドバイス。

★おりょりょ、高岡市街はトラムが走ってまんねんな、時間待ちには高岡城址や土蔵通りを豆ポタ、その後は世界遺産バスで15時半頃白川郷に到着。蛇足ながら、ちゃりんこで自走する場合も、各々数kmに及ぶ長距離トンネル群はやめたほ〜が無難? 人ひとりがやっとの側道は無理無理、なんとか無事に通り抜けた頃には気〜狂いまっさかぇやめときまひょ(笑)。えっ? ほんまだっか? 親切な観光案内所の手配で、合掌造りの民宿に連泊でけまんのやそ〜な(嬉)? チェックイン後は郷内をタイムスリップ、夕刻は雨が降り出しCOOP(農協食料品店)で夜食と朝食を仕入れて退散。やれやれ、夜半にかけて激し〜雷雨再三(汗)・・・


19837.3日目は路線バスを乗り継ぎながら奥能登を周遊・・・  
名前:AnPonman    日付:2017年5月21日(日) 11時59分
Original Size: 490 x 245, 76KB Original Size: 300 x 150, 39KB Original Size: 490 x 245, 67KB

3日目... 5月10日(水)は曇り時々雨時々晴れ? ほな輪行で長距離移動、路線バスを4回も乗り換えて、奥能登沿岸を車窓観光後穴水に宿泊。

★えっ? 洗濯機も自由に使えまんのか? そら重宝、おべべ上下ひと揃ぇ洗濯でけてラッピ〜! お風呂もトイレも清潔で大満足の3700円也。おりょりょ、昨夜から雨? 弱ったことに、予約満杯で連泊は無理(汗)・・・小止みの8時過ぎにチェックアウト。名物の朝市も残念ながら本日は定休日(怒)。っちゅ〜よ〜なわけで、昨日も立ち寄ったバスターミナルを再訪、今朝は眼鏡のね〜やんが時間を割り出してくれて、彼女お薦めの奥能登2日間フリー切符は3000円也。乗客数人で9時10分発、まもなく千枚田を車窓観光、曽々木の乗り換えもスムーズ、能登最北端の狼煙灯台まではワシひとりだけで恐縮(笑)。

★起伏てんこ盛りで、最後は大峠っちゅ〜より山岳越え(汗)! 待ち時間30分もあっちゅ〜まに過ぎて、残念ながら丘上の灯台へは行かれしまへなんだ(悔)。ほんでお次は珠洲まで、比較的平坦な道のりでしたけど、レーンなしの車道やトンネルはめっちゃ危険、九十九湾や縄文遺跡もひじょ〜に魅力的ながらパス(悔)。珠洲病院前のりばでは1時間待ち、なんぞ食べに行きたかったもんの、出来事をメモったり爺さん婆さんとしゃべるうちに消化。さらに、穴水までは降りが多かった印象、但しバス1台がなんとか通れる細道には閉口、最後は雨が降り出してやっぱりバス輪行が正解やったと実感。

★穴水は2回目、雨が止んだうちに鉄道案内所で教わった安宿へ、ライダーズハウス"江尻屋"は今旅最安値の2400円也。素泊まり料金は2000円、お風呂とお布団を追加してもこの値段(嬉)? そんでも贅沢は禁物、夕食と朝食はスーパーで仕入れて節約しまひょ。えっ? 同宿の若ぇもんK君は島根県から自走してまんのか? なんとキャンピング仕様のGJ(GIANT)で能登半島も一周(呆)? ま〜浪花友あれ、今宵は行程を組んでくれた眼鏡のね〜やんにただただ感謝(ちゅっ)!


19836.2日目は鉄道輪行+ちょびっと自走で奥能登の輪島へ・・・  
名前:AnPonman    日付:2017年5月21日(日) 11時57分
Original Size: 640 x 320, 93KB Original Size: 490 x 245, 71KB Original Size: 600 x 200, 44KB

2日目... 5月9日(火)は終日曇天+穏風の豆ポタ日和。鉄道輪行で穴水まで、その後は自走北上して輪島市街豆ポタ後宿泊。

★昨夜はお茶屋を改装した宿でしたが、夜の貧相な川面を眺めたかてお値打ちゼロ・・・お風呂は良かったもんの、狭過ぎる旧式トイレはしゃがむのも立ち上がんのもひと苦労(汗)。大将からは能登半島について情報収集、さよか・・・思てたより奥能登沿岸周回は難しそ〜でんなこりゃこりゃ(汗)? 無謀な自走はなるべく謹んで、ちょびっとずつ輪行を繰り返しながら移動しまひょ。浅野川沿いに下って、鉄道に当たりJR金沢駅へ、JR七尾線と能登鉄道を乗り継いでどんどん北上。

★後者は七尾湾を半回りする良線ながら、単車両の窓にまでハミ出した少女漫画、おまけに子供が騒ぐよ〜な車内放送は不愉快(怒)。おりょりょ、終点の穴水駅には観光案内所もおまへんやん、奥能登沿岸を左回りするつもりが情報不足(汗)・・・タクシーの運ちゃんの助言で、内陸を輪島まで自走北上することに。ラッピ〜! 近くのバイク修理屋で予備チューブを買えてひと安心(ほっ)。歩道やレーンがあったりなかったりの1号線、再三の起伏はリュック(×2)を載せた16インチ豆ちゃりでさえノ〜プロブレム(ほっ)。

★途中の山深ぇ里には、合掌造りを昭和風にリメ〜クしたよ〜な巨大農家てんこ盛り。薄曇り時々薄日、風も穏やかな天候下を無事に輪島市へ、正午からは徐々に曇ってきたもんの、13時30分にはバスターミナルのある道の駅到着。観光案内所で宿を予約しても〜て余裕綽々、市街最安値の民宿"海岸通り"は清潔で若女将も綺麗! 港周辺を豆ポタ後15時過ぎにチェックイン、その後も荷物なしの豆ちゃりで市街観光、夕食と朝食はコンビニで仕入れて節約。終日、雨は降りまへなんださかぇ、やっぱり奥能登沿岸をポタるべきやったとちょびっと後悔?


19835.初日の金沢、も〜パンクして旅心消失(鬱)・・・  
名前:AnPonman    日付:2017年5月21日(日) 11時55分
Original Size: 490 x 245, 56KB Original Size: 490 x 245, 34KB Original Size: 490 x 245, 82KB

1日目... 5月8日(月)は終日薄曇り(黄砂)。16インチ豆ちゃりを輪行、JR特急雷鳥號で金沢まで、市街を豆ポタ後宿泊(パンク修繕含む)。

★JR大阪駅では、クレジットカードで切符購入初体験、この時期は青春切符がおまへんさかぇめっちゃ高価。あ〜しんど、乗車前に汗びっちょんちょん、GW明けの特急雷鳥號自由席はガラガラ、16インチ豆ちゃりは車両の後部に縦置き(ほっ)。なんやねん、前回の琵琶湖畔は濃霧、今回は黄砂で視界不良・・・その後は退屈な山間部にてんこ盛りのトンネル。福井あたりからは、残雪のアルプスを遠望でけるはずが影も形もおまへなんだ(鬱)? 2時間45分ほどで金沢駅着、浅野川と犀川に挟まれた市街は、ど真ん中に金沢城址と兼六園っちゅ〜わかりやすいロケーション。

★フラフラひょろひょろ、そこらへんを豆ポタ中に後輪がパンク(汗)! ぐぇ、まだちょびっとしか走ってへんやん、ど〜せやったら公園内にしてくれっちゅ〜ねん(怒)。渋々、住宅地の日影を借りて修理作業、微細な金属片は除去でけたもんの、予備チューブまで不良で旅心消失(鬱)。やれやれ、チューブを貼ってリスタート、犀川河川敷の自転車道をテスト走行、上流方向に遠望でけんのは残雪の氷見山系だっか? 宿探しも日暮れまで難航、浅野川畔の"木津屋"は今旅最高値5940円也! 素泊まりでこの値段はキツ〜おまっけど、夕食と朝食はコンビニで仕入れて節約しまひょ。


19784.AnPonmanの能登半島豆ちゃり輪行記  
名前:AnPonman    日付:2017年5月14日(日) 11時55分
★4月半ば、琵琶湖畔の大津京へ16インチ豆ちゃりを輪行。JR大阪駅で発車間際の新快速に飛び乗ったらでんな・・・湖西線の永原行きでしたやおまへんか(汗)! さよか、ほな間違ぇついでに奥琵琶湖の終点まで車窓観光してみまひょ。っちゅ〜よ〜なわけで偶然にも、牧野の湖畔桜並木を楽しめてス〜パ〜ラッピ〜! が、狭〜て危険な車道をそれ以上進むことも、フェリーで長浜に至ることも諦めて再輪行。

★近江塩津駅には、米原経由姫路行き新快速が待ってましたが、あそこらへんからはJR北陸本線で能登半島の手前まで行けまんねんな。例えば、福井⇒金沢⇒輪島⇒能登半島北端⇒富山⇒五箇山⇒白川郷⇒飛騨高山・・・久々に旅心が煮立ってきましたさかぇ、GW明けの5月8日(月)から1~2週間の予定でスクランブル! さぇな、運に見放された超惨めな人生、今回はどこでどんな目に遭うこっちゃら(汗)?


「19784.AnPonmanの能登半島豆ちゃり輪行記」への返信


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb