[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
パパとみんなの掲示板
みんなの掲示板と言いつつ「パパママのウオーキング日記」も兼用と致しますデス!気軽に素早くお伝えするにはコレが具合良いんだよネー!  写真はクリックすると大きな絵で見られますので、どデカクして楽しんで下さいませませ。 ではでは ココの主の竹樋パパからでアリマシタ。 尚トップページへの移動は左上の[ホームページ]をクリックしてどうぞ

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL
添付


 



13778.結婚43周年記念 2週間に渡る「ウオーキングと東北一周の旅」 そのI  
名前:竹樋パパ    日付:2018年5月11日(金) 10時0分
Original Size: 800 x 600, 157KB Original Size: 800 x 600, 155KB Original Size: 800 x 600, 158KB

最近スマホデビューの森mamaですが、我がママとラインで「秋田でテッパン観光はココ!」って教えて頂いた、角館の武家屋敷へとですが、みちのくの小京都と呼ばれる角館(かくのだて)は、江戸時代からだという重厚な黒板塀が続く武家屋敷、国の重要伝統的建造物群保存地区だそうです。
角館城の城主戸沢氏代々を守った武家屋敷のお歴々ですが、戦国時代を経て雪深い角館の春を飾り四季を楽しんだという江戸時代、例年だと今が盛りだという枝垂れ桜は散りましたが、次々と庭に花が咲き、水路沿いにはシャガの花もです。



13779.Re: 結婚43周年記念 2週間に渡る「ウオーキングと東北一周の旅」 そのJ
名前:竹樋パパ    日付:2018年5月11日(金) 10時7分
Original Size: 800 x 599, 157KB Original Size: 800 x 599, 134KB Original Size: 800 x 600, 153KB

一軒の家幅が50mも有ろうかという広大な屋敷群ですが、GW連休の終えた平日にも関わらず、見学の屋敷内も観光客目当てのお店も賑わっている5/9(水曜)なのでした。



13780.Re: 結婚43周年記念 2週間に渡る「ウオーキングと東北一周の旅」 そのK
名前:竹樋パパ    日付:2018年5月11日(金) 10時12分
Original Size: 800 x 600, 156KB Original Size: 800 x 600, 149KB Original Size: 800 x 600, 124KB

青空が見えたり曇り空になったり、雨も降ったりと不安定ながらも、初めて見る山や海風景に目を奪われることが何度も、角館から日本海の男鹿半島へとです。



13781.Re: 結婚43周年記念 2週間に渡る「ウオーキングと東北一周の旅」 そのL
名前:竹樋パパ    日付:2018年5月11日(金) 10時19分
Original Size: 800 x 600, 159KB Original Size: 800 x 599, 130KB Original Size: 800 x 599, 128KB

男鹿半島の幹線道路を外れて集落でも郵便局巡りでしたが、目に付く鳥居や狛犬に藁菰が被せあったけど、神社や狛犬への雪国の配慮かと思ったら、別の理由が有ったことを知った翌日なのでした。
そして夕景が似合うというゴジラ岩へとですが、厚い雲に覆われて茜色とはならず夕闇が迫る時間、我がママがゴジラと闘っていました。



13782.Re: 結婚43周年記念 2週間に渡る「ウオーキングと東北一周の旅」 そのM
名前:竹樋パパ    日付:2018年5月11日(金) 10時44分
Original Size: 800 x 599, 157KB Original Size: 800 x 600, 153KB Original Size: 800 x 600, 155KB

男鹿温泉郷で逗留でしたが5/10(木曜)は、999段の石段が連なるという山腹に建つ赤神神社・五社堂に行こうと思っていたけど、残念ながら朝から雨、断念して半島中央部に位置する「なまはげ館・男鹿真山伝承館」へとです。

大晦日になるとテレビで何度も見たことのある男鹿のナマハゲ行事でしたが、その発祥は漢の武帝説や異邦人伝説など様々有るも、半島200余地区で今も受け継がれる年末恒例のナマハゲ行事だそうです。
そしてその面を作るという彫師・石川千秋さんですが、偶然にも週に2〜3度という実演を見ることが出来た本日です。



13783.Re: 結婚43周年記念 2週間に渡る「ウオーキングと東北一周の旅」 そのN
名前:竹樋パパ    日付:2018年5月11日(金) 11時8分
Original Size: 800 x 600, 145KB Original Size: 800 x 600, 162KB Original Size: 800 x 600, 149KB

何とも迫力のあるナマハゲたちですが、厳冬の当地で冬場にする事のない人々が囲炉裏に座って手足をかざしていると地元言葉で「なもみ」という火型が手足に出来るそうで、怠けているその人を囲炉裏から剥ぐ意で、「なもみをはぐ」→「なまはげ」に転じたそうです。
そのナマハゲが年に一度、大晦日に山から降りて来て、家に入り込み「ウオー 悪り子は居ねか〜 泣く子は居ねか〜」「ウオー 親のめんど見ねぇ〜嫁ごはいねか〜」って家じゅうを探し回り、子らを見つけては捕まえて脅し泣かすが、なだめる主人の飲酒接待でご機嫌を直し、「おやじ、子どらのしづけ(躾)がりっとして、え(家)の者皆まめ(健康)でれよ」「来年またくるがらな」と言って幸手いく。
男鹿半島各地で繰り広げられるその鬼たちは、色も形も千差万別だそうです。



13784.Re: 結婚43周年記念 2週間に渡る「ウオーキングと東北一周の旅」 そのO
名前:竹樋パパ    日付:2018年5月11日(金) 11時36分
Original Size: 800 x 600, 151KB Original Size: 800 x 600, 149KB Original Size: 800 x 600, 149KB

そんな行事の様子を古民家を舞台に芝居仕立てで体験させて頂けましたが、登場した真山(しんざん)地区のナマハゲは男鹿で唯一、集落と真山神社を守る鬼だから、角が無いのだそうです。
壁を叩き声を荒げるナマハゲが、パパママの前に立ち「おめらペアルックで、仲よぐしてっか〜」って凄まれたけど、我がママは背を丸めて本当に怖がっていました。

家々で暴れたり飲食接待を受けたナマハゲたちは、地元神社に戻って着ていた藁で編んだ衣装を狛犬や鳥居に巻き付けて、大晦日行事のフィニッシュとなるとの事で、昨日見ていた神社の鳥居や狛犬に捲かれた藁着はナマハゲが着用の名残りだったのです。



13785.Re: 結婚43周年記念 2週間に渡る「ウオーキングと東北一周の旅」 そのP
名前:竹樋パパ    日付:2018年5月11日(金) 11時38分
Original Size: 800 x 599, 148KB Original Size: 800 x 600, 161KB Original Size: 800 x 600, 149KB

パパもナマハゲのコスプレをして「悪い女房はおらねが〜」「わお〜酒呑ませ〜」ってひと騒ぎ、更には「天気、良くせんかい!」って暫しの大暴れ、秋田の県北に向かう道中では青空も見えて来た家を出てから四日目なのでした。

ではでは 一旦はコレにて
もう一度温泉に入って、向かう十和田湖デス!



「13778.結婚43周年記念 2週間に渡る「ウオーキングと東北一周の旅」 そのI」への返信


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb