[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
パパとみんなの掲示板
みんなの掲示板と言いつつ「パパママのウオーキング日記」も兼用と致しますデス!気軽に素早くお伝えするにはコレが具合良いんだよネー!  写真はクリックすると大きな絵で見られますので、どデカクして楽しんで下さいませませ。 ではでは ココの主の竹樋パパからでアリマシタ。 尚トップページへの移動は左上の[ホームページ]をクリックしてどうぞ

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL
添付


 



13592.伊豆下田に始まる「新年初歩きの旅」第2日目の一歩たち その@  
名前:竹樋パパ    日付:2018年1月5日(金) 16時22分
Original Size: 800 x 600, 143KB Original Size: 800 x 600, 150KB Original Size: 800 x 600, 156KB

皆さま おコンニチわでございます。

本日(1/5・金曜日)は終日曇天予報の静岡県でして目覚めた時から曇り空、昨日は見えていた広大なすそ野の富士山も、本日は位置さえも分からぬほど雲にスッポリと包まれた沼津市郊外の朝。
愛知小牧から340キロの下田市ですが、目的地までの距離は残すところ70キロほど、のんびりと伊豆半島を郵便局巡りもしながら下田市の「道の駅・開国下田みなと」ウオーキング会場へと向かいます。
その最初に寄ったのが初めて知った地名ですが伊豆の国市の韮山に有る、江戸初期建造と言われる国指定第一号となる日本の古民家「江川家住宅」へとです。
当地の世襲代官職を務めたという江川太郎左衛門の居宅だったそうですが、太郎左衛門を祖として連綿、42代目太郎左衛門が当主を受け継いでいる現在だそうです。



13593.Re: 伊豆下田に始まる「新年初歩きの旅」第2日目の一歩たち そのA
名前:竹樋パパ    日付:2018年1月5日(金) 17時3分
Original Size: 800 x 600, 149KB Original Size: 800 x 600, 156KB Original Size: 800 x 600, 162KB

大和源氏を祖としてから42代、1代が約25年としても遡ると1,000年を超える歴史だそうですが、28代江川英長が家康に仕えて後、明治維新に至るまで世襲代官職に就いて、数々の歴史的偉業を成してきた家系で、とりわけ傑出した人物として36代江川英龍(ひでたつ)がいました。
彼を語るに「勝海舟が絶賛し、福沢諭吉も憧れた」という、しかし幕末の歴史に埋もれて教科書などからも消された大偉人で、国際学に詳しく鎖国日本を守るべく韮山反射炉を作って日本で初の大砲作りをしたり、東京湾に台場を建設したり、兵隊の非常食としてこれまた乾パン製造の祖でも有る人物、皆さまもネットで彼を調べられては如何でしょうか?
NO13592右ハリコは土間天井ですが免震を考えた屋根構造となり、土間は土に苦汁(ニガリ)を混ぜた作り(左ハリコ)となっていてコンクリートの代用となる優れものだそうです。
ここに書き切れませんが、3500坪の邸内は歴史ドラマの舞台としても使用するという様々を、ボランティアスタッフの方に丁寧に説明もして頂き、有意義な1時間ほどでした。



13594.Re: 伊豆下田に始まる「新年初歩きの旅」第2日目の一歩たち そのB
名前:竹樋パパ    日付:2018年1月5日(金) 17時28分
Original Size: 800 x 600, 157KB Original Size: 800 x 600, 150KB Original Size: 800 x 600, 150KB

幕末、欧米諸国の植民地化や開国要請に対抗して日本(江戸)を守るために英龍が幕府に進言して築いた大砲鋳造炉「韮山反射炉」ですが、当初は下田に作ろうとしたものの来航のペリー一行に見られてしまい建設を断念、周囲を山に囲まれ自宅からも近い現在の地を大砲作りの地と選んだそうです。
明治日本の産業革命遺産として 2015年7月に世界遺産登録され、1年ほど前には巨大スクリーンの展示資料館も建てられ、こちらでも地元ボランティアガイドが丁寧で面白い説明をされ、正月明け間無しながらも大勢の観光客なのデス。



13595.Re: 伊豆下田に始まる「新年初歩きの旅」第2日目の一歩たち そのC
名前:竹樋パパ    日付:2018年1月5日(金) 17時31分
Original Size: 800 x 600, 152KB Original Size: 800 x 600, 160KB Original Size: 800 x 600, 158KB

今に至る「前倣え!」や「捧げ筒!」等のキビキビとした号令も英龍の発案だそうで、売店で売られていたこの硬いパンも戦地での保存食として彼が考案製造された物だそうです。



13596.Re: 伊豆下田に始まる「新年初歩きの旅」第2日目の一歩たち そのD
名前:竹樋パパ    日付:2018年1月5日(金) 17時45分
Original Size: 800 x 600, 162KB Original Size: 800 x 600, 159KB Original Size: 800 x 600, 155KB

伊豆半島の背骨とも言える国道414号線を走って天城越えでしたが、今度は伊豆の踊子で知られる天城峠近くの「浄蓮の滝」へもです。
ついつい石川さゆりの歌が口につきますが、情念を絞り出すような語り口調で「隠しきれない 移り香が いつしかあなたに 浸みついた〜♪  誰かに盗られる くらいなら あなたを 殺していいですか〜♪」って何とも恐ろしく、「あなたと越えたい天城ぃ越えぇ・えぇ〜〜♪」は、まるで首を絞められそうです。

静岡は山葵(わさび)が有名ですが、ここはその一大産地、アディダスデザインのパロディでワサビダスってのも売っていました。



13597.Re: 伊豆下田に始まる「新年初歩きの旅」第2日目の一歩たち そのE
名前:竹樋パパ    日付:2018年1月5日(金) 17時51分
Original Size: 800 x 600, 157KB Original Size: 800 x 600, 152KB Original Size: 800 x 600, 148KB

各所で車を停めていっぱいの観光もの本日ですが、平日移動の我がママの楽しみは郵便局巡り、聞き覚えのある伊豆の地名を調べては寄り道もして、ループ橋を下って海岸道路へとです。



13598.Re: 伊豆下田に始まる「新年初歩きの旅」第2日目の一歩たち そのフィニッシュ
名前:竹樋パパ    日付:2018年1月5日(金) 18時2分
Original Size: 800 x 600, 156KB Original Size: 800 x 600, 158KB Original Size: 800 x 600, 152KB

午後2時半、無事に目的地となる道の駅「開国下田みなと」へと到着でしたが、下田港には観光船黒船や海上保安庁第三管の「かの」が停泊、パパママの本日は更に南に車で移動して南伊豆温泉からの発信となりました。
今からたっぷりと温泉と海鮮丼を楽しみます。

ではでは ネ〜



「13592.伊豆下田に始まる「新年初歩きの旅」第2日目の一歩たち その@」への返信


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb