[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
集え! 鬼族たちよ!

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 



106.節分祭  
名前:大江山の赤鬼    日付:2006/2/8(水) 1:26
 髯の鬼公子さん、こんばんわ。大江山の赤鬼です。お久しぶりです。
 遅くなりましたが私も参日の節分には幾つか取材して来ました。
 大江町(1月1日に福知山市に吸収合併されたので京都府福知山市大江町)の内宮にある元伊勢皇大神社は参鬼打ちという伝統芸能(大正時代までは続いていて、20年ほど前に復活)を伝えていますが、仏教系の鬼追い神事を過去に模倣したものらしく、参匹の鬼が年男や年女たちの豆まきで神殿に追いやられ、神主の祝詞で改心してお多福に変身するというものです。近所のおばちゃんが鬼の気ぐるみを着て、結構長閑な豆まき神事でした。
(本等はこの神事を復活させる時に相談を受けた私は、当時の宮司であった小野祖教さん(戦後神社神道研究の第一人者)に、お手植えの杉も残っているので、麻呂子親王(聖徳太子の異母兄弟)の大江山の参鬼退治伝説も絡めた方が格好良いですよと忠告しておいたのですが、単なる田舎のお祭りのように、味も素っ気も無くなっていました。)
 夜は古来からこの神社に伝わる節分の深夜に樹齢2千年と謂われる龍灯の杉の頂に灯が灯るという海部氏系の伝説と、昨年10月東京の高輪プリンスで行なわれた船井総研のフォーラムで写真が紹介された、昨年の節分にの元伊勢で出現したと言われる龍神の真相を確かめるため、真夜中の12時にのこのこカメラ片手に出かけて見ました。新興宗教でも立ち上げるのではというおばちゃまも一緒だったのですが、結果はご想像の通りです。兎に角寒かった。
 他に隣の綾部市で大本教の節分も見てきました。ここの神様は別名丑寅(鬼門)の金神とも呼ばれているので、掛け声は「鬼も内」です。因みにこの地の江戸時代の領主も九鬼氏でした。
 やはり千年の都、京都の奥座敷は鬼たちで一杯でした。



108.Re: 節分祭
名前:髯の鬼公子    日付:2006/2/13(月) 20:46
大江山の赤鬼様、お見回りお疲れ様でした。
節分の日は、各地の神社・仏閣でいっせいに行事が行われるので、困ってしまいます。 行きたいところは沢山あるのに、私の体は一つだけ。
あぁ、細胞分裂したぃ。

さて、金神や金山様という神様を祀っている神社が沢山あります。 私の少年時代すごした川口にも金山神社(川口神社)があります。 金属モノなので、なにか「鬼族」の匂いがします。
もしかして、男根!
調べてみたいテーマです。


「106.節分祭」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb