[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
母乳フェチ体験談(妄想も可w)

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 



724.未亡人誕生 END  
名前:BBR    日付:2011/11/21(月) 13:2
典子さんを征服した様な感激と軽いショックでしばらくジッとしていると、紅潮した顔から「あ〜いい。」小さな声を上げた彼女はまた私の腕を掴んでココまで入れてくれと言うかの様に更に奥深くまで差し込むと、踝を通り過ぎた所で止まりました。
奥まで吸い込まれた私の腕は本当に中で拳を握り変える事が出来る程でした。
声の出なくなった彼女は私の腕を掴んだままで、「もっと動かして、大丈夫だから。」と囁くのです。
腕を回転させながら抜こうとすると意外な程に自由に動くので、猛烈な勢いで大きく前後させると、彼女は自ら乳房を鷲掴みしながら「沢山出てきたから、おっぱいもっと飲んで。」と私に哀願するのでした。

腕をいっきに引き抜くとポッカリと口を開けたままの蜜つぼが現れた。
「やっぱり、3人も子供を産むと凄いもんだ。」と関心しつつも内心こんな大穴に入れても大丈夫だろうかと心配になる程でした。
恐れをなしながらもギンギンになっているわが♂を掴んだ彼女はしゃぶる事もなくいっきに口を開けて待ち受ける彼女自身に導き入れたのです。
その黒々と荒々しく生えた彼女の森林に更に興奮した私は双方の母乳を搾りながら突きまくると、太腿にまで溢れだす程濡れ過ぎた彼女の蜜ツボはすっかり抵抗を無くし大口を開けたまま空気を吸い込んでブッブカッブーと音を立て始めました。
彼女は「嫌、嫌」と声を発しながらも腰を私の方に押しつけ「もっと深く入れて。」と要求します。

彼女のよがり声とマン屁に「気持ちいいからこのままじゃ出る。俺持ってるから着けた方が良いよ。お前すぐ子供出来ちゃうだろ。」と言っても「母乳が出ている間は出来難いって言うでしょ。」と抜かせてくれません。
暫く放心状態の後、「あ〜あ。出しちゃったよ、大丈夫か?」と聞くと「ピル飲んでるから大丈夫なの。」と彼女は意味深な微笑みを返すのでした。
未亡人ですから子供が出来るのは不味いからでしょうが、事前に避妊しているとはM支配人の言葉通りだなと後でへんに納得させられたものです。

母乳の出なくなってしまった乳首を子供の様に何時までもしゃぶりながら数度しましたが、朝、ズボンの前に大きな白いシミが出来ているのに気付き部分洗いをしてドライヤーで乾かしてもらいました。

典子さんの母乳の味は微かに甘い程度でその色も極々薄いカルピスと言った感じだったのが産後3年半を感じさせました。
それでも腰を動かすたびに円を描く様に揺れまくるその柔らかく適度に垂れた乳房にも興奮させられたものです。

M支配人から譲り受けた?大切な彼女ですから暫くは癖になりそうです。


「724.未亡人誕生 END」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb