[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
母乳フェチ体験談(妄想も可w)

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 



721.未亡人誕生4  
名前:BBR    日付:2011/11/19(土) 14:1
1時間程経ったでしょうか。桜色になった彼女の口からM支配人の名前が突然出てきました。
「Mさんはご存知ですか?」
「ええ、知ってますよ。少し前にうちで送別会をやりました。助平な奴ですから、どうせ女で失敗して転勤になったんでしょ。」と、とぼけて答えると
「やっぱりそうだったんですか。転勤だって言ってましたけど何でかなと思っていたんです。」
「冗談だよ。だって10年も一カ所に居れば十分でしょ。ただの転勤だって。でも何でMさんを知ってるの?」
「ええ、一寸。それでMさんは私の事何か言ってましたか?」ピンときた私は
「何か言ってた様な気もするけど、飲んでたからね、忘れちゃったよ。」
「ふ〜ん、やっぱり。」と一人で納得したような顔をして彼女は飲み続けました。

すると椅子に座っていた彼女が「一寸、酔ちゃいました〜。」と言いながらスカートを上に捲り上げだしたのです。
私は止めようと思って「一寸、一寸。」と言いながら手で制止すると、「御免なさい、暑くて。」と答えながらも今度は立膝をついて座り直したのです。
中がチラ見えでも意に介さない彼女にM支配人の言葉を確信した私は「Hモードに突入かな?」と聞きながら彼女の反対の足を持ち上げようとすると典子さんは「こうでしょ」と両足を椅子の上に立てご開帳して見せたのです。

目の据わった彼女は「貴方っておっぱい大好きな人でしょ?昔からズーッと私の胸ばっかり見てたもの。私、今でも結構大きいんですよ。」
ダイレクトな言葉に「そんなこと無いけど・・でも産後の胸は凄かったね。本当にゆさゆさと、あの揺れ方は気になるよ。」と言葉に詰まると「触ってみて。」
スッと手を掴まれて胸に手を宛がわれたのでここまで来たらもう引けないと思い、服の上からいっきに胸を揉みしだきました。
「柔らかいね。ブラジャーを着けてないんだ。」
「そう、何時もなの。男の視線が集まる様に。」
「スケベで良いね。だからブラブラ良く動くんだ。凄く変態だな。」
「嘘よ。マーちゃんがおっぱい飲みやすい様によ。」
「マーちゃんって?」
「一番下の子。3歳なのにまだおっぱい飲んでるの。」
「え〜、まだ母乳が出るの?」
「そう、もう最後だろうと思って止めないで自然にしてるの。だから・・」
「これって何カップ?」
「多分Fだと思う。暫く着けてないから判らないわ。」
「じゃあ、見せて。」と言って服をいっきに捲り上げると、そこには薄い胸板に取って着けて様に少し張りのない大きな乳房が下がっていました。その乳首は茶色く乳輪は乳房の1/3を占めるのではと思える程の大きさでした。
「3年もおっぱいを飲ませてるから随分と垂れちゃったわ。一番上の子からだと5年以上だもの、胸だけ見ると40歳だって言われるの。」
「誰が言うの?」
「お義父さんよ。お義父さんにはおっぱいが張った時に飲んでもらった事もあるの。」
「憲ちゃんが?直接?」
「そう。それじゃなきゃ痛くて駄目だったの。」
「何だよ親子揃って変態じゃないの。で、憲ちゃんともしちゃったんだ。」
「まさか、お義父さんは糖尿で駄目って言ってるわ。」
「そうなんだ。でもこう云う一寸下がった胸って色っぽくて僕は好きだな。」と言って下から持ち上げる様に両乳房を鷲掴みにしました。

「アッ」と声が漏れたかと思うとその乳首から薄い白色の液体が滴り落ちました。
「本当だ。まだ母乳が出るんだ。」
「ええ、もう張る事はないけど。吸えば幾らでもでるわ。」
「もう3年以上でしょ。」と聞くと「ほら、見て。」彼女が片方の乳房から母乳を搾り飛ばすと、その乳首からは3〜4本の筋となって飛び散り、ある物は2メートル程先まで達っしました。
「これは凄いよ、3・4歳児でこれは。外国だと3歳でも4歳でも幾つまでも飲ますけど日本だと1歳位でたいてい断乳じゃない。」
「本当に。最初の子が生まれて直ぐはもの凄く大きくなって張って痛いし赤ちゃんは飲んでくれないし英樹さんは全然駄目だし、結局お義母さんに内緒でお義父さんが飲んでくれてたのよ。二人目の時は上の子が飲んでくれるのにお義父も飲んであげよーかなんて。」
「良いね。」
「でもお義父さんは、おっぱい揉みながら飲んでいたわ。ちょっとHよね。親でも変な気持になるのかしら。」
「当然、当然。憲ちゃんは嬉しい役得だったな〜。若返りの秘訣だな。二人で飲んだらおっぱいだって2倍垂れちゃうよ。僕にもやらせて。」と私は彼女の背後に回り「痛くない?」と聞きながら両乳首の廻りを摘まみだす様にして母乳を搾り飛ばしました。


「721.未亡人誕生4」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb