[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
建設営業マンへのメッセージ
                      私が愛した建設業! 全国の建設営業マンに贈る静風からのメッセージ

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 



166.今がチャンス!  
名前:静風    日付:2013/12/24(火) 18:4
久しぶりにR社を訪ねてみた。
11月の式見ハイツOB会にもイベントの都合で出れなかったので
新しい社長さんにご挨拶しておこう、と

私が39歳でR社に入社した頃、
なんとか町の仕事を100億受注したいというのがわが社の夢であった。
その夢に向かって私はその中心を担うことを決意した。
社長の片腕になりたかった。
途中入社した人間にとってはそれをしなければ生きられない、と感じていた。
親会社からの出向社員のように「平穏無事に」とは行かない。

自らが受注計画を企画し、自らが率先して
社長室と一体になってがむしゃらに頑張った。衝突もあった。
九電もNTTも、建設省も、運輸省も、道路公団も、県も市も近郊町村も
初めて受注できたところばかりだった。
そして念願の100億が突破でき、退職時には300億にまで到達できた。
R社の輝かしい一時代を担えた、という自負は現在もある。

順調な時代に頑張っても「そのような感動」は生まれない。
自分が会社の最後の一本の柱になるんだ!という気概を持って
今こそ頑張れ、と営業マンたちには鼓舞した。

今、どんな仕事が利益を生み出すか?どうすれば受注できるか?
指示を待つのでなく、自ら提案しなければならない。
そして言った以上、「やらなければならない」

以前にも自宅に相談にきた営業マンに熱く語ったことがある。
真の営業マンは社長と一緒に客先トップに逢う人間でなければならない。
この男は社長から信用されている、という印象を客先に与えなければならない。
こそこそと裏リベートをちらつかせて、陰のサポーターに依存するような
姑息な営業マンには絶対なるな、と
この仕事は社長が一生懸命になってくれたから取れた、という結果を
造りあげられる営業マンでなくてはならないし、
いつも社長と一緒に社長車に同行できる営業マンになれ、と

彼等ならかならずそれができるし、トップもいずれそれに気づくだろう。
その連中も私がR社に途中入社した年齢になった。

今が絶好のチャンスである。
経営者は今、「頑張ります!私にチャンスをください」という男の
出現を待っている。
私が薫陶した仲間達よ、どうか「夜明けの太陽」になってくれ!!



168.Re: 今がチャンス!
名前:松林静風    日付:2016/1/17(日) 6:54
社長が替わったとき、今がチャンスだ!社長を助けられる3本の矢になれ!!


「166.今がチャンス!」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb