[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
Room No.29L掲示板

RZR乗り&好きの方達をつなぐコミュニケーションボード


[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前 一覧
 E-mail 
題名
内容

投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付


 

画像貼り付けも上記「添付」から可能です。御活用下さい




27299.パラツインのギモン  
名前:ハチワレローラー    日付:2018年11月2日(金) 21時45分
長年疑問に思っていたのですが
国産のバイクの殆どは共通して左側シフトを採用しています。
自分が分解/組み立てしたことがある、空冷RD・RD-LC・RZ-R・TZRの並列2気筒エンジンにおいては
シフトドラムの星形セグメントを右に向けて配置しており、わざわざ長--いシフトシャフトを
左から突っ込んで作動させるのに何の利点があるのでしょうか?
左シフトならば星形セグメントを左に向ければ良いと思うのですが・・・・識者の何方かご教授ください。
http://umechablack.blog.fc2.com/



27301.Re: パラツインのギモン
名前:けんぽん    日付:2018年11月3日(土) 10時13分
>ハチワレローラーさん
かなりマニアックな質問ですね。
ヤマハ開発の方に聞いてみたいところですが、、、
ギアオイルに浸し、メンテもカバーを外せば全てアクセス出来る右側に集中させたかったのではないでしょうか?(素人考え)

確かに右から左に介すシャフトは、、、、、長−−−−−いですね。


27303.Re: パラツインのギモン
名前:yoshida    日付:2018年11月3日(土) 15時55分
Original Size: 800 x 533, 199KB Original Size: 640 x 480, 59KB Original Size: 640 x 480, 58KB

私なりの見解を述べたいと思います。

まず、何故、左シフトなのかというと日本のバイクの多くがスタートがドイツ車を模範としたからです。イギリス車を模範としたメグロ→カワサキのW1なんかは70年代まで右シフトでした。
ヤマハのスタートはドイツのDKWというメーカーです。

次に長いシフトシャフトですが
・シフトシャフトの保持
・セグメントの潤滑
・メンテナンス性
で、長くなっているのでしょう。

画像はRZRのご先祖様YDS-1,2で、クラッチはクランクシャフトについておりキック共々左、発電、点火機構、ドライブスプロケットは右でした。セグメントと言うか変速機構はクランクケース底に付いておりメンテは底のカバーを外して行うシステムでした。
(愛知県)



27305.Re: パラツインのギモン
名前:ハチワレローラー    日付:2018年11月3日(土) 18時18分
>yoshidaさん
次に長いシフトシャフトですが〜で、長くなっているのでしょう。
・シフトシャフトの保持
 →保持するのに長くする理由が良く分かりません、適当な部分にボスを設ければ良いのではないでしょうか、シャフト孔をボーリングする精度もナローな方が出しやすいと思います。
  右を向いているセグメントを左シフトで操作する為に長いシャフトしか方法が無いのはイメージできます。ヤマハの場合このシャフトはアーム部を溶接で一体化させるコストのかかる作り方でその点でも?です。

・セグメントの潤滑
 →ドライサンプの1KTでも右向きなのですがこれは”実績のあるレイアウトの踏襲”の類なのでしょうか。
  
・メンテナンス性
 →同じ右側にあるクラッチアウターを外さないとシャフトが外せないのはメンテナンス性向上とは逆ではないかと感じます。
  ペダルのアップダウンのストロークに違いを感じて、ロックナットで固定してある調整カム状ボルトを調整した事はありません、組み立ての際に隙間を均一にするのみで整備の意のメンテナンスではなく組み立て時調整の様に思います。


第二次大戦後に雨後の筍のごとく乱立した二輪メーカーの内情については富塚清氏(2スト派?)の「オートバイの歴史−メカニズムの変遷と技術者達をめぐるドラマ−」に詳しく、各経営者の悪口?と共に軍用機の設計を夢見ていたのに終戦により宙ぶらりんになった世代のペーソスが読み取れました。
絶版なので図書館で借りました。


>けんぽんさん
最近、KR−1が気になってサビマを入手して精読したところセグメント左向き、シフトシャフトと呼べないシャフトレスな部品の構成だったので投稿した次第です。

1.メッキシリンダー 2.バランサー 3.カセット式ミッション
”ぼくのかんがえたさいきょうのパラツイン”でした、まあカワサキ・・・なんですけどね。


開発の方の降臨ってあるんでしょうか?

(書き漏れましたがパラγも右向きでした。)
http://umechablack.blog.fc2.com/


27308.Re: パラツインのギモン
名前:yoshida    日付:2018年11月3日(土) 19時51分
Original Size: 640 x 480, 103KB

>適当な部分にボスを設ければ良いのではないでしょうか

シフトドラムを動かすセグメントの位置はどうするのですか?左?

>ドライサンプの1KT

オイルポンプの噴射はミッションケース内だけで、右クランクケースカバー内はオイルの飛沫潤滑です。完全なるドライサンプではありません。

>メンテナンス性

少なくともフレームに載せたままメンテ出来ます。

>1.メッキシリンダー 2.バランサー 3.カセット式ミッション
”ぼくのかんがえたさいきょうのパラツイン”でした、まあカワサキ・・・なんですけどね。

3MAも3つ共備えたパラツインですけど?まぁ、シフトシャフトは長いですが。恐らく低開発費だったRZ自体が70年代のRDベースで400と共用なんで大きくて重いですし、RZRもその延長線上なんでおして知るべきです。オーソゴナルマウントのRZ/RZR,'85年発売のIKTはノーマルマウントで1万回転以上でシフトしようとするとエンジンが動いてしまいシフト出来なくなってしまいます。シフト左右クランクケース保持はそれも理由かも知れません。3MAからはバランサー内蔵でリジットマウントです。

ヤマハ車は前モデルの踏襲でしか開発しませんから冒険要素は少ないです。'88年発売のKR-1と'85年の1KTを比べてはいけません。あの時代,'80年代後半から90年代前半は猛烈なレプリカブーム、開発競争、販売競争、一年毎のモデルチェンジと異常な時代でした。

画像矢印はYDS2のケース右側のシフトシャフト保持部分
(愛知県)



27313.Re: パラツインのギモン
名前:ハチワレローラー    日付:2018年11月4日(日) 14時15分
>yoshidaさん
・シフトドラムを動かすセグメントの位置はどうするのですか?
 →左です、ギモンの内容は「左シフトなら左セグメント」の方がシンプルなのに何故右なのかです。

・3MAも3つ共備えたパラツインですけど?
 →”ぼくのかんがえた〜〜〜〜〜〜〜〜”なので許して下さいwww、決して3MAを蔑ろにしている訳ではありません。
http://umechablack.blog.fc2.com/


「27299.パラツインのギモン」への返信


次ページからのログも見てみてね〜。古いネタ引っ張り上げるのもOK!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb