[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
詩|なんでも詩掲示板|詩

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 



136.明治、大正、昭和、平成  
名前:ひさこ    日付:2012/5/17(木) 21:48
 
世界の亜細亜の東の果てに『友よ我らぞ光よ』と

マントを羽織り下駄を鳴らして威風堂々
帝国の街を闊歩した、かつての彼らの笑い声


知りません 遠い昔の人々です
知りません 今は忌むべき帝国です

そう教わったのです


学ぶ誇りも、喜びも
知っていたはずの彼らが『どうして間違ったのか』なんて
100年後のわたしが知るはずもないのに


忘れるな、と 石碑だけが毎朝わたしを責めます

もう間違えないでくれ、と 誰かが泣いているのです
 



137.ようこそ。Re: 明治、大正、昭和、平成
名前:    日付:2012/5/18(金) 22:8

こんばんは、ひさこさん、お久しぶりです。

明治、大正、昭和、平成ですか。

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」と言いますが、確かにそうかもしれません。

でも、歴史に学ぶとは一体、どういうことなのでしょうか。単に自分だけではなく、歴史そのものが担ってきた体験に学ぶこと。けれどもこの場合学ぶとは、単に知ることではなく、その体験を生かすことなのでしょう。その体験を生かすこととは、伝統の中に自らの身を投じて考え行動することのように蛙には思われます。しかし、伝統は短絡的な似非創成に破壊され消滅させられる危機をいつも孕んでいるのだと思います。確かに、過去に犯した過ちは大きかったのだと思います。

江戸時代にあった「和算」と言われるものが消滅したそうです。サムライとかナデシコなどという言葉も、今ではカタカナとなって盛んに使われていますが、その本質を疑わずにはおれません。

本質を見逃しては、伝統も歴史もスクリーン以下のバーチャルです。所詮蛙は蛙ですが、岡目八目で言わせてもらえばこんなとこです。

大阪の石碑は多分、友よ我らぞ光よと〜♪あなた方若い叡智と行動力に将来を託しているのだと思います。頑張ってください。

では、ひさこさん、またのお越しをお待ち申しております。


138.Re: 明治、大正、昭和、平成
名前:ひさこ    日付:2012/5/26(土) 10:16
歴史は学ぶたびにその内容が変わっていたり、見た人の立場や主義主張によって簡単に捻じ曲げられてしまうので、近頃は勉強することに少し疲れてしまいました。
私は考察することが苦手で、人に言われたこと・本に書いてあることをそのまま飲みこもうとする癖があります。
ですから、『この本にはこう書いてあるのに、あの本には全く違うことが書いてある』なんて事態に陥りますと、混乱してそれ以上先に進めなくなってしまうのです。
特に近代史をやり始めた時はそれが顕著でした。
我ながら悪癖だと反省はしているのですが、本質を考察する前の情報処理の段階で、いつも頭がパンパンになってしまいます。もっと器の大きな人になりたいものです。

自己満足な詩を投稿してしまったのに相変わらず丁寧なお返事を頂きましてありがとうございます。
励ましの言葉を胸にもうちょっと頑張って勉強してみようと思います。


「136.明治、大正、昭和、平成」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb