[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
思索の掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 



65.膵臓に良い食事について  
名前:石黒厚子    日付:2007/4/29(日) 16:30
加藤様へ
始めまして、石垣島に住む主婦です。
私の主人は26歳の時に膵臓炎になり、3日間絶食絶飲により自宅療養で治療しました。
その後、仕事によるストレスが強くなる度に、再発してきて、その度に絶食絶飲を繰り返してきました。通常食事は、野菜サラダにエクストラバージンオリーブオイルと玄米酢だけのドレッシングをかけたものを夕食として、その他は、タンパク質中心として、でんぷん質をあまり摂取しないような食生活でした。
現在45歳、身長170cm、体重65Kgです。
今回、加藤一郎さんのHPを拝見させて頂き、食生活の改善を更にはかろうと主人は決意したのですが、玄米菜食と生アーモンドの食事について、もう少し詳しく教えて頂きたく投稿させて頂きました。
玄米ご飯は、茶碗1杯だけ召し上がっていたのでしょうか?
菜食は、どのような野菜が中心だったのでしょうか?
調理法は、油を使用しないと思われますが、主に煮るものでしたでしょうか?
こんぶだけのだしとありましたが、醤油は使用されましたか?
味噌は使用されました?
現在、3日間絶食後も痛みが続くため、野菜(主に、レタス、トマト、パセリ、セロリ、タマネギ)をジュースにし、玄米酢を加えたものだけで毎食事としています。
加藤一郎さんがお忙しい仕事の合間に、皆様に返事を出されていることに甘えて、質問ばかりになって申し訳ないのですが、時間の空いた時で結構ですので教えて頂けると幸いです。
よろしくお願い致します。



66.Re: 膵臓に良い食事について
名前:加藤一郎    日付:2007/9/9(日) 11:8
石黒厚子さま
返信が遅くなり申し訳ありませんでした。
ご主人が20年間に渡り断続的に膵臓炎の再発を繰り返していること
さぞやご心痛のことと思います。
食事に関してもいろいろとお悩みのご様子が行間から強く感じられました。
私自身、大変な経験を致しましたが何分素人ですので、
盲信は避けていただくことをお願いしつつご回答しようと思います。

‖玄米ご飯は、茶碗1杯だけ召し上がっていたのでしょうか?

取り立てて1杯に制限した訳ではありませんが、
結果として軽く1杯だけで済ませていました。
今も続けていますが、おかわりした記憶はほとんどありません。
玄米は白米と比べてすぐに満腹感がくるように思えます。

‖菜食は、どのような野菜が中心だったのでしょうか?

通常の野菜です。
大根、トマト、キュウリ、白菜、レタス、蓮根、ジャガイモ、などなど
この野菜が良い!といった特別なものを選んだ訳ではありませんでした。
ただ、大豆は蛋白源として特別でした。
食事に気を使うようになって、大豆の偉大さに気づきました。
日本人は、大豆で実に多彩な味覚を創り上げていますよね。
醤油・味噌・納豆・豆腐・豆乳・枝豆・湯葉、そして節分に蒔く豆そのものも美味しいです。
先人たちが創り上げたこの食文化に強く感謝している日々です。

‖調理法は、油を使用しないと思われますが、主に煮るものでしたでしょうか?

テフロン加工のフライパンならば、
ほとんど油を使用せずに調理できるので、焼き物も食べました。
油に関しては、その後徐々に取るようになりました。
もちろん植物油ですが。

‖こんぶだけのだしとありましたが、醤油は使用されましたか?
‖味噌は使用されました?

上述の通り、大豆を原料とする醤油と味噌は食事療法の初期段階から
摂取していました。

回答としては以上ですが、
‖タンパク質中心として、でんぷん質をあまり摂取しないような食生活でした。

という部分が多少気になりました。
膵臓にとっては、でんぷん質よりもタンパク質の方が負担になるはずだからです。

ご主人のご様態が、少しでも改善していくと良いですね。
ご回復を心からお祈りしております。

「65.膵臓に良い食事について」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb