[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
思索の掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 



38.かなりカルチャーショック受けました!  
名前:Eriko♪    日付:2006/3/27(月) 11:6
こんにちは!はじめまして。

加藤さんの膵臓癌のページに何かのご縁で辿り着いたものです。
先月末にアメリカ出張から帰った主人(57歳)が、他の検査から偶然膵臓癌をみつけてもらいました。
膵尾部に水泡がありその中が、原発ということを今週明けにERCPによる細胞診で知らされました。それまでにMRI、PET、CT造影剤付き、カメラによる胃からの造影など殆どすべての検査をし、判明がつきにくく、膵炎を併発するかもしれないからと、できれば避けたかったERCPに臨んだわけですが、膵炎は併発しなかったものの、この検査で、癌細胞は見つかってしまいました。
友人の医師の紹介で、阪大系の(私たちは東大阪在住です)病院のしかるべき地位の医師に紹介を受けていて、4月6日に切除手術を受けることが決まっているのですが、加藤さんは手術ナシで、今日の健康を取り戻されているとのこと、その努力、素晴らしく、術後の抗癌剤治療を快く思っていない身としましては大変心惹かれました。
でも、多分ウチは、手術を受けることになるのでしょうが、友人が枇杷葉温熱療法を勧めてくれて、自然食、マクロビなどいろいろ調べているところでしたから、意を強く致しました。この玄米菜食は、勿論、現在もずっと続けておられるんですよね?
私どもも、何事も諦めずにやらなくちゃ、と、とても元気付けられました。
加藤さんもどうか、お身体大事になさって、よりいっそうのご活躍を、と思います。素晴らしいHPだと思います。
私どもは東大阪の中小企業ですので、主人もやりがいはあっても、無理がたたっていたのかな、と思います。私自身、好きな音楽の道で、HPを作り、いろいろ自由にさせてもらってきました。今回の出来事は謂わば、青天の霹靂ですが(勿論どなたの病気の場合でも…でしょうが)何でも、主人の身体にいいことがあれば取り入れたいもの、と思っております。加藤さんの経験からいろいろ教えて戴きました。とりあえずは中途半端であった玄米菜食を徹底してみたいと思っています。ありがとうございました。頑張ってみます。

http://www.hct.zaq.ne.jp/alma



39.Re: かなりカルチャーショック受けました!
名前:加藤一郎    日付:2006/4/2(日) 16:27
Eriko♪さま

ご記帳ありがとうございます。
ご主人の件、深い心痛のこととお察ししております。

私の拙い手記が、幾ばくかの希望を差し上げられたこと大変嬉しく思っております。
手記にも書きましたが、この病は特に本人の意志が極めて重要だと感じています。

>他者は(医師も含めて)、支援は出来ても一緒に戦うことは出来ない。
>基本的には私一人が戦闘の中心にいるのだ。

‖この玄米菜食は、勿論、現在もずっと続けておられるんですよね?

続けております。
もう完全に慣れ、生活習慣の一部になってしまい何の苦痛もありません。
私が指導を受けた「養生庵」の先生は、
「4ヶ月、4年」と仰有っていました。
まず4ヶ月間徹底して動物性食品を絶つこと。
そして4年が経ったら、何の意識もせず昔の食生活に戻って良いとのこと。

確かに4ヶ月間の徹底した食生活の改善は、私自身を「芯」から変えたと感じています。
既に1年以上が経った今は、魚や少量の肉をたまに摂っていますし、
ダシに煮干しや鰹節も使用するようになりましたが、
肉の塊(ビフテキなど)は一切口にしていませんし、
砂糖が入ったものもほとんど口にしていません。卵も避けています。
(まあ、江戸時代初期の庶民の生活だと思えば間違えありません)笑

ぜひ、ご主人共々強い覚悟と前向きな姿勢で臨んでいただければと願って止みません。
快復の時を迎えるとき、必ずや以前よりも更に素晴らしい状態になっていると信じております。
また何かありましたら、お気軽にご記帳して頂ければ幸いです。
手術の成功を心からお祈りしております。

「38.かなりカルチャーショック受けました!」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb