[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
思索の掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 



362.楽器練習用の音声(その2)  
名前:村上 恭子    日付:2022/1/30(日) 22:25
前回はありがとうございました。なんとか、ドレミで歌うサンプル作成に成功しました! さらに和音を歌わせるには、どうしたものかとアルペジオを使ってみました。仕様通りと思いますがシミソの和音をシミソではなく、ミも、ソも シと歌っているようです。
[${c}<${m} ${s}>]8:32
$c {P/061 c}0 $m {P/081 m}0 $s {P/064 s}0
目的からすると、シミソとハモッても聞き取れるのか?と歌詞と音のマクロを分けて
[${c}${m}${s} c<ms>]8
$c {P/061}0 $m {P/081}0 $s {P/064}0
とすると今度は和音の最高音で歌っているように聞こえます。こうすればという手がありましたら、教えてくださいますでしょうか。

https://www.be-music.jp



363.Re: 楽器練習用の音声(その2)
名前:加藤一郎    日付:2022/2/2(水) 7:46
一人の人間が、同時に「シ」「ミ」「ソ」の発声ができないように、
Museでもそれは無理です(汗)。

ただし、メンバーを3人集めれば可能になります。
以下のようにMusingしてみてください。

#A0 @P86/61 c2
#B0 @P86/81 <m2>
#C0 @P86/64 <s2>

これはマクロを利用していない例ですが、通常通り任意の部分で活用可能です。
また、A,B,Cメンバーでそれぞれ別の歌声(@Pxx)をアサインすることもできます。
いろいろ試してみてください。


364.Re: 楽器練習用の音声(その2)
名前:村上 恭子    日付:2022/2/3(木) 9:40
いつも即答いただき、ありがとうございます。
歌声は重ねず、32分音符で歌わせて最後の音で長さを調整し、楽譜通りの演奏は別メンバーに託し、目的の演奏を聴いていただきました。16分音符の和音は聞き取りにくく、さらに工夫が必要ですが、やり方はわかりました。マクロの後に数字を書くと繰り返されてしまうので単音でも[${C}]32と書いています。
MUSEの文法も、本当に素晴らしいです。英語のマニュアルもあるので、海外にも伝わっているのですね。
またよろしくお願いいたします。

https://www.be-music.jp

「362.楽器練習用の音声(その2)」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb