[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
思索の掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 



281.再び「は」と「が」について  
名前:弥次郎    日付:2015/12/22(火) 20:8
拝復、早速の御返信ありがとうございます。
ふむ、《定義と説明》・《限定と断定》の境界ですか…。
そこまで厳密に考えてなかった。しばし黙考(これを一般的に「下手の考え休むに似たり」と言います) 
そうだ! 「は」は、一般的な性質・状態を表し、「が」は、……。(確かに休んでます。加藤さんのツッコミ待ち)ちょっと文体を変えてみました。おチャラケ過ぎでしたら、どうかご容赦を。

 ご提案いただいた指針@が、正に我が詞とタイトルの意味するところです。
『世間では、「思い出は美しい」ことになっているみたいだけど、私のはそうじゃなかった。』 この場合、「誰が」というのは疑問詞ではなく、「世間一般の通念」を指し、「私」の抱く個別の想いとの差異を強調したものです。

その詞を載せてみます。
「思い出が美しいなんて誰が言ったの」

 思い出が美しいなんて誰が言ったの
 私が悔むのは 失くした過去の夢
 思い出が美しいなんて誰が言ったの
 私が望むのは 未来へ続く道
 けれど今 私の手の上には 砕けたステンドグラス
 ひとかけらの 砕けたステンドグラス

 思い出が美しいなんて誰が言ったの
 私が目指すのは 遙かに遠い山
 思い出が美しいなんて誰が言ったの
 私が望むのは 冷たく澄んだ空
 けれど今 私の目の前には 疲れた黄昏の街
 霧に烟る 疲れた黄昏の街

 汚れっちまった哀しみに そう詠った人は
 無垢な心の日々を 何時喪くしたんだろう
 ホラホラこれが僕の骨 そう詠った人は
 どんな失意の街を その眼で観たんだろう
 この世の定めは 分かっているわ 
 そうよね 失くした過去の夢は 
 もう還ってこない もう還ってこない
 思い出が美しいなんて誰が言ったの
 思い出が美しいなんて誰が言ったの

では、なぜ「は」を「が」に替えたのか…は、お許しがでたら書きたいと思います。
掲示板汚し失礼しました。
 



282.Re: 再び「は」と「が」について
名前:加藤一郎    日付:2015/12/20(日) 0:44
弥次郎さま

私の理屈っぽい、そして色気も何もない(苦笑)返信にお付き合い頂き、
ありがとうございます!

> その詞を載せてみます。
> 「思い出が美しいなんて誰が言ったの」

歌詞の掲載に感激しております。
情感溢れるとても素敵な文体ですね。

結果として(今の所かもしれませんが)、「が」を選ばれているのですね。
この歌詞を読んで、実は私も「が」の方が良いなぁ〜、と感じました。
で、自分が何故そう感じるのか考察してみました。

1つの可能性ですが、ここに出てくる「思い出」は普通名詞ではなく、
「(私の)思い出」という固有名詞に近いニュアンスだからではないかと思いました。

試みに「私の」を付けた状態で、「は」にしてみると、
「私の思い出(は)美しい」となって、なんだか女王様みたいですよね。
凄く断定的です。あれっ?断定は「が」だったっけ?(笑)

対して「私の思い出(が)美しい」という文から伝わるものは、
まさに弥次郎さんが書かれた
> 「私」の抱く個別の想い
を感じさせて、なんだか、切なくて胸がキュンとなる感じがします。
「そりゃあ、美しい思い出を持つ人もいるでしょう。でも私のは違うの・・・」
とうつくむ女性を彷彿とさせます。

ちなみに我田引水のようでお恥ずかしいのですが、
「主述確定の原則」で読み解いてみると・・・
--------------------------------------------------------------------------------
(が)の場合
  「私の思い出」「あなたの思い出」「彼の思い出」
   といろいろあるけれども、「私の思い出」を詩のテーマとして選択・強調している。

(は)の場合
  「美しい」「汚い」「輝いた」「くすんだ」
   といろいろあるけれども、「美しい」を詩のテーマとして選択・強調している。
--------------------------------------------------------------------------------
という解釈です。
今回の詩では、(が)の方が相応しいと、
私には思えますが如何でしょうか。

> では、なぜ「は」を「が」に替えたのか…は、お許しがでたら書きたいと思います。
大歓迎でございます。
ぜひ、拝読したいです。

「281.再び「は」と「が」について」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb