[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
海音寺潮五郎掲示板
(偉大な歴史作家・海音寺潮五郎に関する掲示板です。書籍紹介や読書感想等、海音寺潮五郎に関する話題や海音寺文学を愛する人々のための交流掲示板です。)
(海音寺文学の書評から関連イベント情報まで、どうぞ気軽にお書き込み下さいね!)

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL
 



129.『天と地と』ドラマ化  
名前:モモタ    日付:2007/11/28(水) 20:35
こんばんは。
以前、この掲示板にも書き込みましたが、『天と地と』がドラマ化され、年明けにテレビ朝日系列で放送されるそうです。
新聞その他、各所で情報が出始めていますので、ご覧になった方もいらっしゃるかと思います。

前に聞いた話では今年末に放送予定ということだったのですが、「新春ドラマ」ということになったのですね。原作を良く知るファンとしては不安も大きいですが、これを機に海音寺潮五郎さんのことを広く知ってもらえれば、これほど嬉しいことはありません。

どんなドラマになるか楽しみですね。
http://momota1192.at.webry.info/



130.Re: 『天と地と』ドラマ化
名前:モモタ    日付:2007/12/28(金) 21:20
みなさん、こんばんは。
既にご存じのことと思いますが、テレビ朝日系列で放映が決まった海音寺潮五郎さん原作の「天と地と」ですが、ドラマの公式サイトが開設されています。
中身に少し???な部分もありますが、一応URLを載せておきます。

 http://www.tv-asahi.co.jp/tentochito/

海音寺潮五郎記念館に、このドラマの台本が送付されてきたそうで、様子をうかがったのですが、案の定というべきか、原作とはだいぶ違う内容になっているそうです。
もともと2時間ドラマに収めることに無理があるのですが、原作ファンとしてはあまりショックに思わないように、大らかな気持ちで受け止めたいと思います。


131.Re: 『天と地と』ドラマ化
名前:モモタ    日付:2008/1/7(月) 14:38
モモタです。みなさん、こんにちは。

ドラマ「天と地と」について、話題をふった手前もありますので、義務としてまとめさせていただきます。みなさん、テレビ朝日系列で放送された今回のドラマ、どのようにご覧になりましたでしょうか?

原作は膨大な分量がありますので、どれかを残し、どれかは削らなければならないわけですが、ここは非常にセンスを問われるところだと思います。原作に忠実であろうとするなら、どれだけ原作者の意図を理解しているかも重要です。
例えば、謙信(ここでは全て謙信で通させていただきます)が突如失踪して隠居を言い出すところなど、今回のドラマではあまりにも唐突で、単に恋の悩みが原因のようにも受け取られ兼ねない描き方だったと思います。細かく描くには時間が掛かりすぎるとふんだからでしょうか。

海音寺潮五郎さんは「謙信と信玄の一騎打ちはあった」とする派ですので、当然この場面が描かれるわけですが、なぜ謙信が敵の本陣に突っ込むといった無謀な挙に出たのか、今回のドラマでは全く分からなかったのではないでしょうか?
そもそも、各登場人物ともに合戦シーンでは一騎がけの武者と変わらぬ戦い方なので、危機感がなさ過ぎると思いますが。。。

ご存じの通り、謙信と信玄の一騎打ちがあったとされるのは第4回川中島の戦いですが、過去3度も戦ってはっきりした決着がついていないため、今度こそはと謙信は意気込んで戦場にやってきたというのが海音寺潮五郎さんの解釈です。だからこそ敵地ともいうべき妻女山に布陣しました。
そして「キツツキの戦法」を見破って戦いに突入したわけですが、妻女山に向かった武田軍の別働隊が到着するまでに決着を受けなければ、別働隊に背側を突かれ上杉軍は破れてしまうという焦りが謙信にはあった。その焦りの中、何とか局面を打開しようとして謙信は信玄の本陣に突っ込み、一騎打ちするにいたったというのが海音寺潮五郎さんが説明する一騎打ちの状況です。謙信はこうった行動に出るのに十分過ぎるほど気性の激しい武将だったとも海音寺さんは言っています。

というわけですので、今回のドラマのように悠々として時間を掛けて謙信と信玄の二人が戦うなんてことはなかったはずなのですよね。
まぁともかく、最後の場面は別にして、全体的には合格点の出来映えのドラマだったと思います。


「129.『天と地と』ドラマ化」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb