[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
シェアの広場

いじめ体験・トラウマ体験をシェアしてゆきましょう。あなたの話をきかせてください。

シェア内容への反論は固くお断りします。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
   タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 



3.同じ(ような)「いじめ」のどん底にいるときに、webを読んで(2010.12.11)  
名前:ようりょう    日付:2011/9/2(金) 1:4
下村様

お世話になってます。

同じ(ような)「いじめ」のどん底にいるときに、webを読んで、すごく励まされました。

私はいじめられて、今自分におきている状況を、客観的に見れなくなり、
一体何が起こっているのか、分からなくなりました。
自分自身を殺されていたのですね。

私の場合は、勤めている社主に毎日いじめられて、心をズタズタにされ、
つまり下村様の言う、精神的レイプをされていました。

まず、彼は私の席の椅子の後ろにあるゴミ箱に、自分のゴミを投げ捨ててきました。
身に触れるか触れないかの、私が座っているすぐ後ろでです。毎日投げ捨ててきました。
まるで犬が自分の縄張りに小便をかけるように。
私ははじめ、それが何を意味しているのかわかりませんでした。
ただ、そのうち恐怖にうち震えるようになりました。
つまり、それは「お前はゴミ箱周辺にいるべき人間だ」という、彼のメッセージだったのです。
良いことをしても、悪いことをしても、毎日、私の無意識にすり込むように彼は
ゴミを投げ捨ててきました。
私はただ、恐怖に打ち震え、だんだんと気持が悪くなっていきました。
「何も感じなくなれば何も思わないで済む」とひたすら念じ、その場をやり過ごしました。
仕事も手につかなくなり、評価が落ちていきました。彼は
「こいつはこんなことされても、反抗も何も出来ないゴミだ」
と思ったに違いないのです。そのようにして、
彼は私のことを貶め、侮辱し、クズ扱いしたのです。

それが、私の地獄に落とされた瞬間だったのです。

仕事が間違っていると、私の目の前で怒鳴りました。また、私の無知をさらしました。
プライドを粉々に打ち砕くのが目的だったのかもしれません。
そのうち私はノイローゼに陥り、うつ病のように意識レベルが低下する自分を発見しました。

彼は社主なので、同僚は見てみぬフリです。社員が数名の小規模の会社でした。
同僚は助けるのではなく、毎日仕事中に寝ていました。しかし要領よく仕事をこなし、
信頼を得ていきました。

私は現在その会社をやめました。
ひとつ役にたったのは、プライドを粉々にさせられたおかげで、
「仕事を選ばずどんな仕事にも一生懸命になれる」
ということです。現在も過去のことをいかに捉えるか、思案中です。もしかしたら、
感謝しているのかもしれません。
現在、そんな自分を肯定し、愛しています。



4.Re: 同じ(ような)「いじめ」のどん底にいるときに、webを読んで(2010.12.11)
名前:じゅんいち    日付:2011/9/2(金) 8:46

力強いシェアありがとうございました。
あの人の言葉を思い出しました、
「もっともよい復讐の方法は自分まで同じような行為をしないことだ。」(マルクス・アウレーリウス)
そんな勇気と叡智がわたし達にも授けられますように。


「3.同じ(ような)「いじめ」のどん底にいるときに、webを読んで(2010.12.11)」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb