[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
BBS

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 



272.CD朗読劇『スターダストホテル』  
名前:    日付:2013/5/1(水) 0:11
これは、2013年3月1日〜3日にかけて計5回上演された朗読劇を、2枚組のCDにしたものです。
朗読劇はマルチエンディングのサスペンスで、毎回エンディングの視点人物が変わります。
だから、全部の回を鑑賞した人でなければ、ストーリーの全体像は分からない作りになっています。
そこで、上演当日、劇場でドラマCD販売の予約を取り、受注生産して後日送る、という貴重な作品でした。
もちろん私は劇場に行くことはできませんでしたが、複数回観劇なさった友人の一人が購入手続きをしてくださいました。
いやぁ、本当に縁と人脈は宝ですね!

では、簡単なレビューを…。

☆☆☆

《プロローグ》
小高い丘の上に立つ、古い洋館が、数年前、ある事件のために閉鎖され、今はある金持ちの別荘となっていた。
そこに集められた5人の男と舞っていた2人の男女。各々が正体を隠し集まってきていた。
それはある事件に関係があった。その事件とは、3年前にこのホテルで1人の女性が自殺したからだ。各々が、各々のウソをあばき、3年前の真実に近づいていく。
果たして、3年前、このホテルで起こった真実とはなんなのか?
女性は本当に自殺だったのか?それとも、殺人?だとしたら、犯人は?

【Disc1】
1.Mr.Shiratori
2.Mr.Kurokawa
3.Mr.Midorikawa
4.Mr.Kumano
5.Mr.Aoi
6.Act1

【Disc2】
1.Act2
2.Mr.Shiratori
3.Mr.Kurokawa
4.Mr.Kumano&Mr.Mori
5.Mr.Midorikawa
6.Mr.Aoi

《キャスト》
○蒼井虎伍郎(あおいこごろう):一条和矢(いちじょうかずや)
○黒川天馬(くろかわてんま):鶏冠井孝介(かいでこうすけ)
○緑川竜二(みどりかわりゅうじ):与那嶺圭太(よなみねけいた)
○熊野シロー(くまのしろう):川田紳司(かわだしんじ)
               梯篤司(かけはしあつし)
○白鳥浩一(しらとりこういち):佐藤信希(さとうしんき)
○桜井桃子(さくらいももこ):中嶋アキ(なかじまあき)
○森森(もりきりん):狭川尚紀(さがわなおき)

☆☆☆

以上、CDジャケットに一部加筆。


【感想】
ディスク1の最初に並んでいるのは、キャラ別のプロローグです。
同じようなセリフ…スターダストホテルからの招待状が届くシーンを、それぞれのキャラが読んでいます。
この時点では、お話の内容が分かるかどうか、ちょっと不安でした。
実際の舞台を見ていない私には、キャラの声の区別が(一条さん以外は)つかなかったので(爆)
でも、ドラマパートの部分を聴いていくうちに、それぞれのキャラの立場や隠している謎が少しずつ明らかになっていって、段々に人物像が浮かび上がってくるようになりました。

プロローグでは、担当キャラのモノローグの後、近所の人々が口々に噂話をしている…という格好。
一条さんは冒頭のおじいさんと、途中で思い切り高い声のテンション高い兄ちゃんを演じている…というのが聞き分けられました。でも他の方々は女性以外どれとどれが同じ人なのか分からなくて。やっぱり、私の耳は一条さんにだけ反応するように設定されてしまってるみたいです(笑)

しかし。
芝居の上手さ、深み、というのは、素人耳にもあまりにはっきりと表れてしまうものですね。
やはり声優としてのキャリアが長い方々、川田さんと一条さんの演技の細やかさ、複雑な心情を伝える深み、変幻自在のリズムや呼吸は群を抜いて聞こえました。
まあ、キャラ的にも好きなタイプでしたけどね。

熊野役の川田さんは、BLG『薔薇〜』で一番の人気キャラ、金子を演じた方です。この熊野も、インテリな役回りで、そこはかとなく上品な感じが漂っていました。そしていかにもウラがありそうな胡散臭さを匂わせるのも、魅力的でした。

一条さんの演じた蒼井は、オッサンなのにあっちでもこっちでもモテモテで(しかもベッド込みの魅力/爆)
自覚なく女性たちを翻弄するって美味しいキャラですねぇ♪
そして舞台構成でも、千秋楽のトリ――衝撃のラストを飾るという活躍ぶりでした!
ラスト囁くようなモノローグは、息をするのを忘れて聴き入ってしまいましたよ。

他の方々も、それぞれのキャラが背負った謎が明らかになるにつれて、段々に生き生きとしていく芝居を聴かせてくださいました。
舞台を直接鑑賞できなかったのは残念でしたが、久しぶりに、「演劇の面白さ」を感じさせていただきました!

公式ブログには、まだ通販申込みページがリンクされているので、ひょっとしたらまだ、入手可能かも?
興味のある方は、問い合わせてみてください。

公式ブログ

http://ameblo.jp/stardusthotel/


「272.CD朗読劇『スターダストホテル』」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb