[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
藤原雄一郎のクルーズワールド理論編

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 



526.乗客をスクリーニング? クルーズ水際作戦  
名前:藤原雄一郎    日付:2009/5/11(月) 9:7
乗客をスクリーニング? クルーズ水際作戦

新型インフルエンザがメキシコで発生した時に取った各クルーズラインのアクションはそれは素早いものでした。アッという間に全ての船がメキシコ寄港を取りやめました。

ところがその後、全世界での感染者の数は増加の一途をたどり、感染者の数ではアメリカがメキシコを上回りました。でもクルーズキャンセルのニュースは一向に聞きません。何だかとっても不公平な気がします。もしクルーズ大国アメリカでの寄港が禁止されたならば、クルーズ事業が成り立ちませんからそれも致し方のないことかとは思います。でも釈然としません。

そしてそのかわりにクルーズ会社が採用しようとしているのは「船に対する水際作戦」です。今、日本国が成田や関空で行っていることに似ています。

乗客は乗船前に、問診票に健康状態を記入しなければなりません。「熱はないか」「咳をしていないか」「のどが痛くないか」などなどの質問に答えてサインをして提出します。

それから衛生当局による二次スクリーニングが行われます。そして新型インフルエンザの疑いがあれば乗船を拒否されます。

私はノロウイルスに汚染された船を三年間に二度も経験しました。ノロは新型インフルエンザとは比較にならないくらい、危険度が低いと言えるでしょう。もしこれらのスクリーニングをすり抜けて、乗客が乗船した場合、新型インフルエンザを船内で十分な対応が出来るのでしょうか?


「526.乗客をスクリーニング? クルーズ水際作戦」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb