[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
藤原雄一郎のクルーズワールド理論編

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 



427.2009年デビューの船  
名前:藤原雄一郎    日付:2009/1/8(木) 6:23
2009年デビューの船

今年デビューする船の中には注目すべき船がいくつかあります。

●オアシス・オブ・ザ・シーズ
その筆頭がオアシス・オブ・ザ・シーズでしょう。22万トン、乗客数 5,400人という巨大都市が忽然と洋上に出現するのです。多くのクルーズファン待望の新造船です。その一方で「これが果たしてクルーズなのか」との声も聞こえてきます。日本人は何事も大きなことが好きですからきっと人気が出ることでしょう。
東カリブ海クルーズ
http://www.pts-cruise.jp/tour/oasis_of_the_seas/o_e_carib/?afs=INOUE
西カリブ海クルーズ
http://www.pts-cruise.jp/tour/oasis_of_the_seas/o_w_carib/?afs=INOUE

●セレブリティ・イクノス
セレブリティ初の12万トン新造船で昨年末に就航したソルティスと同型船です。
ソルティス
http://www.pts-cruise.jp/tour/celebrity_solstice/e_carib/?afs=INOUE
http://www.pts-cruise.jp/tour/celebrity_solstice/o_e_carib/?afs=INOUE

イクノスは乗客数2,850名で全室客室が広めかつ人気のバルコニー客室を多く設置するなど、よりラグジュアリーなクルーズを楽しめるよう工夫されています。なかでもアクアスパを自由に利用できる“アクアクラス”が新客室カテゴリーとして加わったのも特長です。
http://www.pts-cruise.jp/tour/celebrity_equinox/o_greece/?afs=INOUE

●カーニバル・ドリーム
カーニバルがまた大型化しました。13万トン、乗客数3,652人の登場です。全くの新設計で、スポーツ施設の充実には目を見張るものがあります。

●MSCスプレンディダ
MSCファンタジアの姉妹船MSCスプレンディダが就航します。133,500トンで乗客数3,274名です。
http://www.pts-cruise.jp/tour/splendida/medi_africa/?afs=INOUE
http://www.pts-cruise.jp/tour/splendida/o_malta/?afs=INOUE

●コスタルミノーサ
92,700トン乗客数2,828 名とやや小ぶりですが、コスタの船の中でバルコニーキャビン比率は最高です。設備も4Dシネマ(どんなものなんでしょうか)やゴルフシュミレータにローラスケート場などを揃えるそうです。
http://www.pts-cruise.jp/tour/costa_luminosa/o_aege/?afs=INOUE

●コスタパシフィカ
114,500トン、乗客数 3,780名でセレーナやコンコルディアと同型船です。
http://www.pts-cruise.jp/tour/costa_pacifica/o_w_medi_debut/?afs=INOUE
http://www.pts-cruise.jp/tour/costa_pacifica/o_w_medi/?afs=INOUE

その他にも画期的なのは超高級船であるシーボーンやシルバーシーが新造船を就航させることです。今年も多数の新造船が就航しますが、このような新造船ラッシュは一体いつまで続くのでしょうか。



428.Re: 2009年デビューの船
名前:dolphin    日付:2009/1/9(金) 2:6
新造船ラッシュはあっという間に収束するのではないでしょうか。

特にロイヤルカリビアンインターとカーニバルはパナマ越えのできない
10万トンクラスを大量に抱えており、ターゲットの中産階級は
どん底の冷え込みというトホホな状況ですからね。
しかも両社ともに本社が不動産不況の中心地、フロリダ。
銀行も次々に破綻する位ですから、このままではどちらかが
破綻なんてこともあるかも知れませんね。
もしくは比較的好景気が持続している中国人がどこか大手を買収して
上海や香港あたりが世界のクルーズの拠点になるなんてことも・・・


こんな時にこそキャンセルのでた船台を日本の船会社が押さえて新型船を!
と言いたいところですが、、、
ご存知のとおり郵船は有利子負債1兆円企業
川崎汽船もドライバルク不況で客船に復帰する意思なし
他のフェリー各社は昨年の原油高の傷が癒えておらず
頼みの綱の黒字経営商船三井は10月に三菱重工と
スーパーにっぽん丸の契約をしたばかりですからね。。。


429.Re: 2009年デビューの船
名前:藤原雄一郎    日付:2009/1/9(金) 6:29
dolphinさん

私もそう思います。今年と来年あたりが新造船の最後のラッシュとなることでしょうね。新規商談は当分ないと思います。

アジアに過剰船腹が流れてこないかと首を長くして待っているのですが・・・


「427.2009年デビューの船」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb