[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
藤原雄一郎のクルーズワールド理論編

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 



387.カーニバル燃料サーチャージ廃止の方向に  
名前:藤原雄一郎    日付:2008/10/16(木) 8:52
カーニバル燃料サーチャージ廃止の方向に

カーニバル・コーポレーションは10月31日以降の予約の乗客に対して燃料サーチャージを廃止すると発表しました。カーニバル・コーポレーション傘下のカーニバル、コスタ、キュナード、ホーランドアメリカ、シーボーン、プリンセスの各社が業界に先駆けて、廃止です。

クルーズ料金は2010年には引き上げると言っていますから全体価格としてどうなるかは不透明です。でも原油価格が140ドル台から80ドルを切る価格まで下がっていますので、妥当な決定だと思います。他社もいち早く見習って欲しいものです。

原油の価格変動にいち早く連動するのがガソリン価格ですが、航空機各社の燃料サーチャージは一向に引き下げの傾向にありません。値上げはいち早く、値下げは一番遅くが航空業界なのでしょうか。シンガポール発着の航空券を探していたらJALが3.6万円と格安でした。でもさらに調べて行くと燃料サーチャージが4万円で合計8万円を超えるのです。燃料サーチャージは航空各社で違いますから、表面価格では全く判断できないという異常事態です。

旅行業界には燃料サーチャージを含めた価格表示の指導がなされつつありますが、航空業界に真っ先に行政指導をして欲しいものです。

さて話をクルーズに戻しますと、外国船のクルーズ代金は変動価格制度です。需要と供給できまります。また円とドルの関係もここに来て激しく変動しています。海外船の場合、全てがセットされたツアーが便利ですが、旅行社はかなり前からツアーを組んでいますので、柔軟に変動に対応できません。

ここはオンライン予約が出来るクルーズラインでバラ買いするのも一つの方法かとも思います。RCIなどはクレジットカード決済ですから円高局面では旅行社が設定する不利なレートで購入するより有利です。今後サブプライム問題もあって「直前値下げ」も期待できるだけになおさらです。

旅行社に頼らず一人で旅を組み立てるのはリスクが大きいですが、それをやりきった場合のリターンもまた多い時代となりました。



388.Re: カーニバル燃料サーチャージ廃止の方向に
名前:み〜は〜    日付:2008/10/17(金) 20:46
原油価格がついに一時の半額以下にまで下がったという報道を今日見ました。 それに伴い国内のガソリン価格は徐々にではありますが値下げしています。 
それなのにそれなのに航空機燃油サーチャージは、10月8日からまたまた値上げしているのですねー!
これって何故なのでしょう?
航空機業界によるイジメとしか思えませんがー。
(○`ε´○) プンプンッ  
http://mifaclub.blog87.fc2.com/


389.Re: カーニバル燃料サーチャージ廃止の方向に
名前:藤原雄一郎    日付:2008/10/18(土) 7:22
み〜は〜さん

全く同感です。ガソリンは値上げも早いですが値下げも早いですね。
航空機は本来航空券の値上げ分をサーチャージの方に転嫁して値上げを目だたさないようにしているとしか思えません。
これでは航空機の需要は減少してあたりまえですよね。


「387.カーニバル燃料サーチャージ廃止の方向に」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb