[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
藤原雄一郎のクルーズワールド理論編

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 



359.クルーズのポータルサイト  
名前:藤原雄一郎    日付:2008/9/2(火) 10:23
クルーズのポータルサイト

クルーズファンの情報ボックスを更新しました。
http://www.inox-m2.com/keiji/
飛鳥のダイニングにおけるサービスについて大激論が展開されています。私自身は飛鳥はあまり利用していないので、論評できる立場にありません。しかし皆さんの議論は実に勉強になります。

ダイニングにおけるサービスについては私が良く利用させて頂くにっぽん丸やびいなすで不満を感じたことはありません。例えばびいなすでは入り口に一番の責任者であるIさんがいて、絶えずダイニング全般に目を配ります。
また日本人のヘッドウエイター(ウエイトレス)には素晴らしい人がいて、ある女性ヘッドウエイターの気配りの素晴らしさには感動を覚えたくらいです。そしてヘッドウエイターの下でフィリピンクルーが実に愛想良くサービスしてくれます。要するにシステムが実に良く完備しています。

昨年末の飛鳥クリスマスに乗船した時に「飛鳥は入り口での案内をやめたのだな」と思ってその通りに書いたら読者から叱られました。でも今回の皆さんの議論で全体像がつかめたような気がしました。

数多くの乗客が利用するクルーズについて総論的に説明することは、多くの誤解や誤りを生みます。ですからこそ「クルーズファンの情報ボックス」のように「同じ事柄について異なった情報が活発に飛びかう」ことはとても意義があることだと思います。

http://inox-tabi.com/cruise/cruisetop.htm
藤原雄一郎のクルーズワールドは当初写真集でスタートしましたが、その後、クルーズニュースや掲示板を設置し、またクルーズ講座を開設するなど、幅広くクルーズについての情報を集約することに成功しつつあります。どうやらこのように広くクルーズ全般について情報を得ることが出来るサイトは世の中にあまり存在しないようです。ですからクルーズ業界以外の世界からクルーズについて総括的に知りたいと私のところに良く電話がかかるのも不思議ではありません。私なんかより、クルーズに関して熟知されている人が多いのになぜ私にと聞いて見ると、ネットでは我がサイトしか見当たらないというのです。

藤原雄一郎が発信する情報に、クルーズファンから寄せられる情報と双方向での情報のやりとりが出来るのは極めて貴重なことだと思います。これこそまさに「クルーズのポータルサイト」といえると思います。今まで点在していた情報を「クルーズファンの情報ボックス」と「クルーズ講座」でうまく整理して行きたいと思っています。引き続き皆様のご支援をお願いいたします。

クルーズ講座(徐々に充実させて行きます)
http://www.inox-m2.com/puki/

http://www.inox-m2.com/keiji/blog.html


「359.クルーズのポータルサイト」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb