[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
藤原雄一郎のクルーズワールド理論編

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 



356.飛鳥Uとクリスタルクルーズ  
名前:バルクキャリアー    日付:2008/8/16(土) 14:14
気軽編アジサイ様の「飛鳥Uとクリスタルクルーズ」について、ちょっと所感があります。 気軽編の「明るく楽しく」の趣旨からはこの事は理論編でコメントすべきと思い、こちらに書き込みました。


> ダイニングでテーブルまでの案内がない、船員が愛想がないなど、この掲示板に良く
> 書かれますが、わたくしも同行の友人も満足して帰ってきました。毎回ウエイターが
> 席まで案内しました。夕食7回のうち3回は二人席へ。日本人の係員が食事について
> 細かく意見を求めてきたのが3回。食事をより良くする努力をしているようです。
>
>
> 日本人船員に「ダイニングで案内をしないからとネット上で不評ですよ」と言うと、
> 好きな席を選びたいというお客さんが多いので、そういう方々には自由にして頂いている、
> とのこと。入口で立ち止まって下されば、必ずご案内することになっています、との由。


今年正月の、年末・年始グアム・サイパンクルーズでの体験です。初日ディナーの際、私達は他の船と同じ様に席への案内があるものと思い、入り口の係(日本人だったと記憶)に「二人です」と告げ席へ案内を促しました。

その係りは、私達を案内してダイニングを数メートル右手に進みましたが、途中で数名で待機していた他のウエイターに「このお客さまを頼む」とでも思ったのでしょうか、その地点で何もせず、さっさと入り口の方へきびすを返してしまったのです。(この間彼は無言)

役目を引き継いだウエイター(これは確かフィリピン人だった)は、あわててぐるっと周囲を見回して手っ取り早く、中央近くの8人がけほどの大テーブルに我々夫婦を案内しました。ところがその大テーブルに先客として着席されていた年配のご夫婦は「相席は困る」と二人でぶつぶつ呟かれて、移動しようされました。

その時、我々をこの席まで案内してきたウェイターは何も対応しようとしないので、私がそのご夫婦に「相席がおいやでしたら、他へ行く様にまたウエイターに頼みますので大変失礼しました。」とお話したところ、相手も「いやいや、結構です。」と態度を変えられたのです。その間、そのウエイターは結局、何もせずただ横で立っているだけでした。

アジサイ様が聞かれた
> 入口で立ち止まって下されば、必ずご案内することになっています、
との日本人の係りの説明は、私達が体験した事実とはまったく違っていたと一言、書かせて頂きました。私達の乗船後に改善されたのかもしれませんが。

飛鳥Uは2日目、時化の中でエンジン停止事故が2回ありましたが、主機停止は実は大きな海難事故に繋がる大変なシリアスな事態、場合によってはオーシャンタグの要請もあるのか、と思っていたところ、機関部の懸命の努力かエンジンは回復し、その後は順調な航海でした。

これ以外では、誠に快適で素晴らしい船旅ができたと満足しており、また機会があったら是非乗船してみたいと思っていますが、私達の体験した「事実」は日本人のダイニングの係りの説明と違っていたので書かせていただきました。



http://www.we-blog.jp/wave/seahawks/



357.Re: 飛鳥Uとクリスタルクルーズ
名前:藤原雄一郎    日付:2008/8/16(土) 14:25
バルクキャリアさん

申し訳ありませんが私の独断で気軽編に転機させていただきました。このような反論が欲しかったからです。


「356.飛鳥Uとクリスタルクルーズ」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb