[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
藤原雄一郎のクルーズワールド理論編

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 



330.神戸経済同友会 せとうち感動体験クルーズ  
名前:藤原雄一郎    日付:2008/7/21(月) 6:47
神戸経済同友会 せとうち感動体験クルーズ

変り種チャータークルーズが成功裏に終了しました。変り種とは神戸経済同友会のチャーター・クルーズだったことです。そして瀬戸内の各地方自体対や国交省の港湾当局など官民一体となって「世界に誇る瀬戸内の観光資源をアピールする社会実験」に取り組み見事に成功させました。

その裏にはクルーズを熟知したSさんという業界でも有名なクルーズ・マスターの存在を忘れることは出来ません。とても中味の濃い二泊三日でした。出港は午前11時、帰港は三日目の夜8時と目一杯楽しみながらお値段は通常通りというとてもお得なクルーズでした。

せとうち・感動体験というだけあって、明石海峡大橋、瀬戸大橋、因島大橋を昼間十分に堪能したばかりでなく、数多くの朝日と夕日にめぐまれました。その圧巻は神戸入港を間近にひかえ、明石海峡大橋を通過するときに、デッキブッフェがしつらえられていたことでした。美味しい食事を潮風に吹かれて満喫しながら、今まさに明石海峡大橋を通過するその瞬間に、「大空を真っ赤に染めながら太陽が沈む」という、何とも豪華で贅沢なフィナーレを迎えることができました。

各地との交流も活発でした。瀬戸田では小学4年生が観光ガイドを買ってでて、乗客を感動させたり、船着場で可愛い幼稚園児の鼓笛隊の演奏もありました。そして船上では全国大会を目指す地元コーラス・グループと乗客との歌声交流もありました。最後には「客席とコーラスグループが一体となった瀬戸の花嫁の大合唱」に、会場の全員がその素晴らしいハーモニーに酔いしれました。

またクルーズに必須のショウはなく、そのかわり格調高い講演の数々がありました。

一日目は「私の瀬戸内物語」 講師 篠田正浩氏 「瀬戸内海 写真美の世界」 高橋 毅氏

二日目は「古来の瀬戸内海航路と神戸港 @」講師 田辺真人氏 「福原遷都と源平合戦」講師 田辺真人氏

三日目は「古来の瀬戸内海航路と神戸港 A」講師 田辺真人氏 「神戸みなとものがたりー阪神・淡路大震災が残したもの」講師 森川雅行氏という豪華メンバでした。

また「瀬戸内フォトコンテスト」が写真家 高橋 毅氏により行われ、船内で撮影した写真を、最終日のフィナーレで表彰するという手回しのよさです。

オプションのツアーも寄港地の瀬戸田や高松の観光だけではなく、船を活用した鞆の浦、小豆島、直島観光や来島海峡大橋主塔登頂など「せとうちの魅力」を余すことなく楽しむことが出来るコースが準備されました。

最後に開催されたフィナーレでは二泊三日のせとうち・感動体験クルーズの映像が司会者の語りとともに紹介され、引き続き、フォトコンテンストの表彰、そしてお待ちかねのビンゴでは同友会傘下の数多くの企業からの提供による、ずいぶんとたくさんの賞品の大判ぶるまいまでありました。このように全体を通じて、クルーズを知り尽くしたS氏の心憎い配慮が感じられ、まさに「これこそがクルーズだ」との印象を強くしました。

今回の反応を見て、今後定例的にこのようなクルーズを実施する計画もあると聞いています。是非来年も、その次も実施して欲しいと思います。

このように素晴らしいことの連続でしたが、それに花をそえたのは「びいなす」の「とても美味しい食事」でした。今まで数多くのクルーズを経験した私にとって最高の部類でありました。特筆すべきはダイニングルームでのクルーの気さくで実にきめ細やかな数々の配慮です。私はとても感激しました。今回は不自由な身体の母と一緒でしたが、乗下船でも私たち車椅子の乗客たちへの配慮の行き届いたサービスに、この場をかりて心から御礼いたします。

http://www.inox-m2.com/cruise/seto/



337.Re: 神戸経済同友会 せとうち感動体験クルーズ
名前:ぽんぽこりん    日付:2008/7/27(日) 20:9
せとうち感動体験クルーズに参加して

藤原さま
今回のクルーズに参加しての率直な感想を書かせていただきたくてこちらにお邪魔させていただきました。
岡山が生まれ故郷の私の母でさえ、瀬戸内海の魅力を思い出したり、
知らなかった素晴らしさを発見したりとまさに感動連続の3日間でした。
私が住む関東地方からは少し距離がある瀬戸内海ですが、羽田から飛行機を利用すればわずか1時間で神戸空港に到着。
日本の国内線の空の玄関と、日本の海の表玄関である神戸は本当はとても近いのです。
そんな近い場所に位置する瀬戸内海。
船の上からぼんやりと過ぎゆく景色を眺めていても飽きることがないほど景観に富んでいる一等地のクルーズを今回経験できたことは本当に幸運でした。
そして、その素晴らしい環境をぱしふぃっくびいなすという最高の器が盛りたてていたというのは言うまでありません。
クルーズの内容と価格が、私たちの財布に優しい位置で釣り合っていた今回のクルーズ。
関係者の皆様はとても苦労されたことだと思います。
この場をお借りして改めて御礼申し上げます。
今回のクルーズがきっかけとなり、瀬戸内海地域一帯が活性化することを願っております。
今後は東京港を発着とするクルーズなどが企画されますと個人的にはとてもありがたいと思っています。
http://diary.jp.aol.com/ecz67s6hty/


338.Re: 神戸経済同友会 せとうち感動体験クルーズ
名前:藤原雄一郎    日付:2008/7/27(日) 21:3
おおぉーー
こちらにも登場して頂いて恐縮です。もっともこちらは更新が活発でないので、あまり見られていませんが・・・
でも「せとうち」を再発見するという経済同友会の着眼はとてもよいですね。これからも定期的に実施されるよう、関係者に会う機会があればお願いします。


「330.神戸経済同友会 せとうち感動体験クルーズ」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb