[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
藤原雄一郎のクルーズワールド理論編

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 



243.2009年 コスタ・アジアクルーズ拡充  
名前:藤原雄一郎    日付:2008/4/15(火) 6:2
2009年 コスタ・アジアクルーズ拡充

スタークルーズ一社独占であったアジア市場にまっさきに進出したのがコスタでした。コスタアレグラです。イタリアの風をアジアに持ち込んだ楽しいクルーズではありましたが、中国人相手のなれない展開で随分苦労した模様です。
http://www.inox-tabi.com/cruise/costaa/index.html

その努力が実を結び、現在コスタアレグラは好調のようです。この夏日本にもやってきますがもう受け付け終了です。このような好調さを受けてコスタでは2009年にはアレグラより大きなコスタ・クラシカを投入することに決定し、このほど発表されました。また同時にコスタアレグラもアジアでクルーズを行うという意欲的なプランです。

さてその受け持ちはコスタアレグラが主としてシンガポール基点の14泊クルーズでシンガポールからホーチミン、ダナンをまわり香港へ、そしてマニラ、コタキナバル、ブルネイを経てシンガポールに戻ります。シインガポール-香港の区間クルーズもあります。

それ以外にもシンガポール基点でインドネシア、マレーシア、タイの各都市をめぐる14泊クルーズもありますが、このように14泊のロングクルーズです。お値段も早割りならば一泊あたり100ドルを少しこす程度からと、手軽です。

一方5万トンのコスタクラシカは今年末から来年早々にかけて人気のドバイ発着クルーズを行っていますが、このクルーズを終えて来年の3月にはアジアに配船されます。そして主として4泊から6泊のクルーズを実施します。もちろん寄港地に日本も含むロングもあり、神戸や東京にも来年4月にやってきます。

韓国・日本6泊クルーズは天津発着でチェジュ島、福岡、長崎コース、5泊では上海基点でチェジュ島、福岡、鹿児島コース、4泊では上海基点の福岡、チェジュ島コースなど実にバラエティ豊富ですが、寄港地として韓国、日本が主体となっています。日本から乗船、下船できる変則コースも是非欲しいですね。このようにしてアジアクルーズが定着してくれることを切に願っています。



244.Re: 2009年 コスタ・アジアクルーズ拡充
名前:ぽんぽこりん    日付:2008/4/15(火) 21:17
藤原 さま

>日本から乗船、下船できる変則コースも是非欲しいですね

同感です。とにかく日本人がクルーズに慣れる環境を整える事が先決。
国内の旅行会社や船会社にその気がなければ、外からの刺激で活性化してもらう事も必要でしょう。
日程や価格、コースによっては参加者の裾野が広がるでしょうから、日本人のクルーズに対する意識が変化するきっかけになります。
その頃になって設備を改装したのでは遅いでしょうし、接客姿勢の改革には尚時間がかかりますからそれからでは間に合わない。
にっぽん丸の改装結果とあわせて他の2船がどう対応するのか、手腕が問われるところだと思います。
「気軽編」にもアジサイさんが飛鳥Uのサービス低下を危惧するコメントが寄せられていますように、今のような「上から目線」の形式だけのサービスではごまかしが効かない日がやって来ると思います。
http://diary.jp.aol.com/ecz67s6hty/


245.Re: 2009年 コスタ・アジアクルーズ拡充
名前:藤原雄一郎    日付:2008/4/16(水) 6:24
ぽんぽこりんさん

日本からの乗船・下船の特別コースについてはいやというほど主張するのですが、なかなか実現しません。彼らの目が完全に日本市場をパスしています。中国人の日本観光しか考えていないようです。
それでもお客が埋まるのですから、日本としては情けない!日本市場は頼るに値せず!!なのでしょう。


「243.2009年 コスタ・アジアクルーズ拡充」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb