[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
藤原雄一郎のクルーズワールド理論編

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 



227.外国船と添乗員  
名前:藤原雄一郎    日付:2008/4/1(火) 9:45
先日のラプソディ「ベトナム・三亜クルーズ」では、船側の不手際もあり、下船時に相当旅行に慣れた人でも面食らう場面がありました。その時にはクラブ・ツーリズムの団体50名も乗船していましたが、何事もなく整然と下船していました。

外国船の場合、マイレージなどと組み合わせ個人でクルーズを手配することも旅行の楽しみのひとつです。でも少なくとも英語で交渉できる程度の語学力がなくてはクルーズを楽しむことは出来ません。このような印象が一人歩きして「言葉がだめだから、日本の船でしかクルーズを楽しまない」という人も大勢います。でも外国船は日本の船とことなり、多様性に富み、しかも設備や、ショウなども本格的で楽しい世界です。このような貴重な機会を自ら閉ざしてしまうのももったいないと思います。

添乗員がよければ、語学が一切だめでもとても楽しいクルーズを体験できます。でも大切なことは「添乗員がよければ」との但し書きがつきます。陸上旅行の場合は移動の際に添乗員が活躍してくれれば、名所旧跡はあまり言葉を必要としませんから、添乗員の役割も限定され、また添乗員の質もピンからキリまでで、それが許されるのが陸上旅行です。なぜならお客側が「陸上旅行とはどのようなものか」という予備知識があるからです。

クルーズの場合は乗船・下船やまさかの時の対応に添乗員の質が問われることはもちろんですが、それに加えて「クルーズの楽しみ方」が添乗員の質で大いに違ってきます。「クルーズの楽しみ方」を乗客に伝え切れない添乗員ではせっかくのクルーズが台無しです。ですからこの大切なことを十分認識し、良い添乗員をそろえている旅行社を選ぶことがとても大切です。

そのためには「クルーズ専門の旅行社」を選ぶことです。でも「クルーズ専門の旅行社」の中には大手の子会社でありながら、陸の旅行の思想を持ち込んでいる旅行社もあります。そのような場合はかなり問題である事例も現実に見聞きしました。そうは言ってもどの旅行社の添乗員が良いかわかりません。まず値段の安さでツアーを選ばないことです。そして実際に参加して「良い添乗員だな」と思ったらその旅行社にすることです。添乗員と親しくなり「この次あなたが参加するクルーズがあれば教えてくださいな」と言って連絡できるような状況にしておくことも大切です。旅行社にとって良い添乗員は「お客様を連れてくる添乗員」なのですから。

良い添乗員に出会うことが出来れば外国船のクルーズは格段に楽しいものとなります。でも難しいのはクルーズの場合「そのツアーが実現できない」専門用語で言うと「催行できない」ことが多いのです。これはまだまだクルーズ人口が少ないのが原因です。でも是非外国船によるクルーズには挑戦して頂きたいと思います。やみつきになること請け合います。



228.Re: 外国船と添乗員
名前:みえこ    日付:2008/4/1(火) 16:30
海外クルーズは相当経験いたしましたが 添乗員付きはクリスタルハーモニーとクリスタルセレニティーの二度だけです。
クルーズへ行くのは「脳細胞に刺激を与え 活性化するため」と目的をはっきりさせていますので 至れりつくせりの添乗員付きでは効果がないので避けています。

クルーズはまずインターネットで激安クルーズを探し 次に激安期間の激安航空券を探し 穴場のホテルを探すことから始まります。 そのつど色々あって しっかり脳細胞の活性化に役立っていると自分を納得させております。

ハワイ周遊クルーズに出かけるとて 関西空港で航空券を○○旅行社から受け取ったところ 何と帰りの日にちが二日ほど早く それではクルーズ中で乗れません。 直ぐにカウンターで言ったのですがそこからが大変でした。
勿論申し込みには正しい帰り便の日にちを書いてあるのですが 旅行社の手違いで 間違ったのです。
帰り便はすでに満席で予約できなく ハワイで何とかしますとのことで飛行機に乗り込みましたが ハワイでは連絡が行っていませんでした。 まあ色々あって帰ってきましたが その旅行社の誠意のなさにはあきれ果て 二度と使っていません。
現在ではEチケットですから自分で確認できますので こんな間違いはもう起きないでしょう。

Eチケットと言えばラブソディ乗船前にインターネットチェックインをするようにとのことで アクセスしてみたのですが 結局できませんでした。 当方の単純なミスだったのですが 良い勉強をしましたので次回からは大丈夫でしょう。
部屋がダブルブッキングだったり ルームキーが作動せず二度も作り変えてもらったり 毎回色々ありますが自分で何とか解決しております。

確かに英語が出来ればいいのですが 多少の読み書きが出来れば 勇気を出して自分で行ってみるのも楽しい冒険になると思います。


229.Re: 外国船と添乗員
名前:ぽんぽこりん    日付:2008/4/1(火) 23:12
みえこ さん

>確かに英語が出来ればいいのですが 多少の読み書きが出来れば 勇気を出して自分で行ってみるのも楽しい冒険になると思います。

みえこさんがおっしゃることは正解だと思います。
我が家の旅行(クルーズに目覚めたのはごく最近なのです)も、みえこさんと同じようなパターンです。

添乗員付きも二度経験しましたし、現地ガイド付きも経験しました。
それぞれいいところとそうでないところがありましたが、結局今は準備から自分たちで始めることにしています。
インターネットも普及していますし、飛行機の時刻表からホテルの情報まで世界中のものが手に入りますので自分たちでの手配もとても楽になりました。
ホテルや船の部屋のグレードをupしても、旅行会社の発売している既製品のツアーよりも同じか安くあげる事も出来ます。
それに、どこの航空会社になるのかわからないとか、飛行機の座席が離れ離れになるなどという心配は皆無です。
強いて言えばツアーのようにあちこちを短時間で周遊はできないことが欠点でしょうか。
でも、もともと日常の忙しさからの逃避が目的ですし、折角の旅行ですから自分たちが納得する時間を過ごせればそれが一番だと思っています。
旅は人に作ってもらうものよりも、自分たちで作ったもののほうが後々記憶に残ります。

あ、これ独り言ですよ。
それぞれのスタイルでいいのです。
ただ、自前のスタイルを経験されていない方は是非真似てみてください。結構おもしろいですよ。









http://diary.jp.aol.com/ecz67s6hty/


230.Re: 外国船と添乗員
名前:藤原雄一郎    日付:2008/4/2(水) 6:33
ぽんぽこりんさんこそ、独自の手配旅にぴったりだと思います。ぽんぽこりんさんのような人がどんどん海外クルーズに進出してくれれば年間4万人などという惨状から脱却できると思うのですが・・・


「227.外国船と添乗員」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb