[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
藤原雄一郎のクルーズワールド理論編

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 



208.【フェリー】瀬戸内ワンナイトクルーズ  
名前:ハンディバルク    日付:2008/3/12(水) 23:25
先月四国開発フェリー「おれんじ8」のワンナイトクルーズに乗船して来ました。「きそ」に続いて二度目のフェリークルーズです。二室しかない「特別室」を予約することが出来たので、ゆったりと過ごすことが出来ました。

航路の楽しさはもちろん、冷凍食品を一切使っていないというクルーズディナーも素晴らしく、瀬戸内ではフェリーは特別な乗り物ではないということも実感出来ました。東京からはなかなか乗り辛いのが難点ですが、船好きには充実したコンテンツだと思います。

ただ、今回は特に客船のクルーズとは別物だと感じました。船の内装のせいもありますが、特別な乗り物ではない点が逆に作用し、雰囲気がとても「普段着」なのです。「きそ」が長距離フェリーなのに対し、「おれんじ8」は中距離だからかもしれません。日常生活の延長なのが、堅苦しくなく気軽に過ごせる空間とも言えるでしょう。

↓乗船記「おれんじ8」をUPしました。

http://www.ports-of-call.info/



209.Re: 【フェリー】瀬戸内ワンナイトクルーズ
名前:桑原    日付:2008/3/13(木) 7:28
 私も以前にこのクルーズに乗船したのですが,「普段着」というのはまさにいい得て妙ですね。時間をかけて海と船を楽しむのがクルーズの原点だとすれば,その他は良い食事と宿泊設備があればクルーズとして成立すると考えていますので,その点お手軽な週末クルーズとして十分に楽しまれたものと思います。
 私が乗船した時はバイキングでしたので,コースディナーがどんなものか興味あったのですが,素朴ながらも地元の食材を効果的に使ったのでしょうか,にっぽん丸を良く知るハンディバルクさんにもある程度の満足を得るものであったようですね。

 瀬戸内海には特色のある旅客航路が数多くありますが,これらを堪能しているのがトラック運転手やエコノミー旅行者だけというのではあまりにもったいないことです。クルーズ普及論に話が戻りますが,カジュアルな旅行手段として船舶の利用が再認識されない限り,日本におけるクルーズの普及は望むべくもないでしょう。

 あと,余談ですが例のにっぽん丸乗船記三部作,7 ページもの大作でご苦労されたと思いますが,完成おめでとうございます。船好きのご夫妻らしい独自の視点で描かれたもので,大変興味深く拝見させていただきました。


210.Re: 【フェリー】瀬戸内ワンナイトクルーズ
名前:藤原雄一郎    日付:2008/3/13(木) 9:10
ハンディバルクさん 桑原さん

フェリークルーズも興味がありますが、今は少し休みたい気持ちです。落ち着きましたらじっくりと拝見させていただきます。


211.Re: 【フェリー】瀬戸内ワンナイトクルーズ
名前:バルクキャリアー    日付:2008/3/14(金) 0:18
日本船は、3船とも同じ高額路線を踏襲しています。

アジアに目を向けると、クルーズ振興の息吹は大いに感じられるものの、今回藤原さんご指摘のとおり「アジアでのクルーズ文化」的なものがまだ混沌としていて、今後どういう方向に向かうのか予断を許さない状況のようです。我々にとって気持ち良い方向にアジアのクルーズが育っていけば良いのですが……。乗客が醸し出す雰囲気が洗練されるには相当の時間がかかりそうですね。

なのでどうしても欧米のクルーズに目が行きますが、普通の勤め人が休めるのはせいぜい土日をはさんだ9日間。フライトの時間や時差を考えるとこの中で収まるのはメキシカンリビエラかハワイクルーズくらいになってしまいます。

クルーズに興味があっても我々には選択肢が極めて限られていると云わざるをえません。その中で桑原さんご指摘のとおりフェリークルーズが船旅の一つのチョイスとして上がってきます。ベースの貨物輸送があるので乗客の曜日波動、季節変動も吸収できます。ただフェリーと客船のアコモデーションはかなり違うし、エンジンの震動吸収などの点でも金のかけ方が違うでしょう。それに総トン数の計量対策の為でしょうか、フェリーには大きな開口部が側面にあって客船のもつ優雅さが欠けるのが興を削ぎます。乗って楽しい、見て楽しいという要素を持つフェリーはまだ少ないのでしょうね。

ブルートレインが続々姿を消しているのは、飛行機や新幹線の発達、安いバス便やビジネスホテルの普及によるものとか。逆にゆっくり豪華に行く札幌/上野間のカシオペアは乗車率が高いそうです。時代は変ってきています。フェリーにもベランダ付き優等の部屋が普及してきました。願わくば船は小ぶりで良いから、かつての阪神/別府航路の観光船の様な純客船の定期航路便の復活と、ゆっくり行く豪華列車の組み合わせで3日間から6日間位の旅などが国内でできると良いですね。航海の合間はレストラン船となってコストを吸収などできないでしょうか。

http://www.we-blog.jp/wave/seahawks/


212.Re: 【フェリー】瀬戸内ワンナイトクルーズ
名前:藤原雄一郎    日付:2008/3/14(金) 8:14
バルクキャリアさん

今回のロイヤルカリビアンでしみじみと思ったのは乗客の織りなす雰囲気です。ヴァーゴがそれなりに成功しているのは、アジア人のためのクルーズシップだからだと思います。

日本の3隻も長い間の積み重ねで今のような形態に到達したのでしょう。ですからこれはこれで立派な文化であると思います。

でも皆さんのおっしゃる通り、日本の船にはもっと多様性があって欲しいと思います。今の三隻にそれを求めるのではなく、別形態での船旅の出現です。

外国船を日本に持ってきてもコスタアレグラのように中途半端になってしまいますので、日本人のための日本の文化を持った別形態の楽しい船旅が必要と思われます。

でも関係者に聞いてみますと、フェリーは依然として貨物輸送が中心で、観光客で埋めるのはとても難しいようです。鶏が先か卵が先か?
韓国ではパンスターが日本のフェリーを改装して、クルーズを開始するようです。(もう運行しているのかな)

なまじ日本のように三隻もクルーズシップを持たない後発だけに、案外良い線を行くかも知れませんね。


214.Re: 【フェリー】瀬戸内ワンナイトクルーズ
名前:バルクキャリアー    日付:2008/3/16(日) 13:12
クルーズは、もともと欧米のもの。これまでのクルーズは西欧の文化そのものを摂り入れた形態でした。一方アジアではアジア文化を反映させたクルーズが根付いて、今後アジアスタンダード的な方向が確立されていくのか。アジア定点の3社(スタークルーズ、RCI、コスタ)の戦略が注目されるのは今回の藤原さんレポートの通りですね。

では日本船は、このまま日本人のシニアー層を対象にした高額路線だけでいくのでしょうか 例えばカボタージュの例外を求めて便宜置籍船にして、カジノを開くなどを研究しないのでしょうか? 従来の路線を継続していくのでしょうか。船員費、燃料油、潤滑油と今後フネに関わる諸コストは大幅に上がる一方です。日本船が従来の定員、やり方のままではコスト的に行き詰まるのは目に見えている様な気がします。その分だけキャビン単価を今後も上げ続けるのでしょうか。どうもこのままでは日本船の将来はあまり明るくないと思います。

その意味でも、国内・国際フェリーの活用・見直し(例えば北欧のシリアラインや豪州のタスマニアフェリーなどを参考に)、客船では外国船の日本定点クルーズや外国資本の導入をどうしても期待したいですが、遠い夢でしょうか?ディズニークルーズなんかが来てくれたら良いな、と思っているのですが。

http://www.we-blog.jp/wave/seahawks/


215.Re: 【フェリー】瀬戸内ワンナイトクルーズ
名前:藤原雄一郎    日付:2008/3/16(日) 16:25
邦船三社の経営陣は恐らく天下り族だと思います。そのような人が思い切った改革をするとは思えません。現状の枠のなかで、少しづつ変化させて行くのでしょう。

経営が苦しくなったらグレードをさげるか、値段をあげるか?びいなすは色々と試行錯誤しているのが関係者でなくても見えますね。少しずつの軌道修正で気がついてみたら大きな変化になっているような気持ちがします。どうでしょうか。

http://www.silversea.jp/news/001.shtml


216.Re: 【フェリー】瀬戸内ワンナイトクルーズ
名前:バルクキャリアー    日付:2008/3/16(日) 18:10
是非ぱしびぃに乗ってみたいのですが、今年はちょうど良い短期クルーズがありませんね。我々にはつくづく選択肢が狭いと感じます。

さて私がなぜディズニーかと云うと、その理由は
@東京ディズニーランドやディズニーシーの公式ホテルに行けば感じますが、部屋単価5万円位の部屋を、経済的に余裕のある(と見える)祖父・祖母夫婦がお金を出して、孫を「だし」に娘・息子夫婦と共に、三世代が一緒に楽しんでいる様な光景が随所に見られる事。

A典型的アメリカ文化を、ディズニーというオブラートに包んで、いやみなく日本人始め中国人(香港ディズニランド)欧州人(パリディズニーランド)に普及させている事。受ける方もこれを喜んで受け入れられる様な運営の総合的ソフトもっている事。

Bデートの場として若者たちだけでも参加できる場である事。

C「ハレ」の場という意識で、マナー、衛生を含め多くを楽しませる場を提供できるソフトを持ち、サービスを受ける側がその枠組みに喜んで乗っている様に見える事。

要は西欧文化をうまく日本の文化に軟着陸させるソフトを持っているから、いきなり西欧の本格的クルーズオペレーターが日本に上陸するより、日本人には参加し易い、お金も払い易いのでは、と云うのが私の思いつきです。浦安のディズニ・シーを港にしてそこをホーム・ポートにして短期クルーズを催行したら受けるかもしれない、と思ったからでした。

莫大な資金がいるし、素人の勝手な想像でうが夢物語をお許し下さい。

http://www.we-blog.jp/wave/seahawks/


217.ディズニークルーズ
名前:桑原    日付:2008/3/16(日) 22:22
バルクキャリアーさん,

 アイデアの実現性なんて専門家や関係者が考えれば良いことで,理論編というからには我々素人としては自由な発想で夢物語を出していくのが一番だと思います。

 私が以前に提唱した 5 段階論で言えば,全年代層にアピールできる船はクルーズ普及のある段階以降では確かに必要になってくると思います。また,テーマパークをクルーズ化するのは,単にクルーズのバリエーションとしてだけでなく,移動式のテーマパークとしての機能も併せ持つので,脱ハコモノ時代の新しい娯楽施設のあり方としても検討の価値はあるでしょう。
 問題点があるとすれば,学校が休みにならないと子供連れの乗船は期待できないため,既存のクルーズよりも需要の波動性が一層顕著になるということでしょうか。もっともこれに関しては,陸上のテーマパークも全く同じ悩みを抱えているはずですけど,これらが閑散期の平日にどうやって集客しているのか不思議に思います。もしかすると,この辺の運営ノウハウに新しいクルーズのための重要なヒントがあるのかも知れません。


218.Re: 【フェリー】瀬戸内ワンナイトクルーズ
名前:藤原雄一郎    日付:2008/3/17(月) 6:37
バルクキャリアさん 桑原さん

理論編らしい展開になってきましたね。ディズニークルーズはとても人気があるそうです。フロリダで陸と海のディズニーのシナジー効果も抜群のようです。

今回のラプソディでの乗客の構成による雰囲気の大きな差でしみじみ考えさせられました。クルーズに対して従来とは全く異なった考えが出てきました。

今までは「スタークルーズなどはクルーズではない」と思っていたのですが、香港やシンガポールが移動している。桑原さんではありませんが「動く箱物」と考えれば、案外若い人たちが船旅になじむ突破口になるかもわかりませんね。

それにつけても、ヴァーゴやさらに程度の低いバクチ船、アクエリアスにまで、新聞一面を占拠して「豪華客船」を連呼する宣伝は自殺行為だと思います。

クルーズ=豪華客船の呪縛から脱却しないかぎり、クルーズの広がりはないのではと思います。カリブの定置定点のクルーズをアメリカ人は豪華客船などとは思っていないからこそあれだけ発展したのだと思います。

話は飛びますがRCIの大型船の発想は「動く洋上都市」「動くレジヤーランド」ですね!!


「208.【フェリー】瀬戸内ワンナイトクルーズ」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb