[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
藤原雄一郎のクルーズワールド理論編

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 



117.日本のクルーズは飛鳥2、びいなす、にっぽん丸だけで良いのか?  
名前:藤原雄一郎    日付:2007/9/26(水) 8:25
メルマガ転載です

従来クルーズと言えばクルーズ専門の旅行社が取り扱う特殊な世界でした。ところが最近では大手の旅行社もクルーズに注目しだして、取り扱うようになって来ました。そのせいか、クルーズに対する関心は徐々にではありますが、高まってきているようです。また日本のクルーズ業界も飛鳥2の投入でにわかに競争が起こってきました。とても良い傾向です。

しかしながら日本船三隻にチャータ専用のふじ丸を加えても、その収容人員にはかぎりがあります。これでは日本のクルーズ人口も増えません。またお値段も一泊あたり3〜5万円からと、高く(その内容を十分理解して貰えれば一向に高くないのではありますが)敬遠される傾向はぬぐえません。「しょせん高嶺の花さ」という大きな誤解を消しきれずにいます。

その間隙をぬって、フェリー業界がクルーズ分野に乗り出してきつつあります。クルーズ専門の旅行社もついに太平洋フェリーの「お正月クルーズ」を取り扱うようになりました。
http://www.pts-cruise.jp/tour/kiso/ogasawara/?afs=INOUE
太平洋フェリーの「きそ」を建造中に見学する機会に恵まれましたが、その時の印象はシアターなども完備しており、「これはクルーズ船ではないの」と思ったことを記憶しています。

この他にもオレンジフェリー
http://www.94ferry.co.jp/plan/  や釜山ー大阪を運行するパンスターフェリーなどはフェリーとホテルを組み合わせてツアーを構成してくれます。また読者からの情報によれば新日本海フェリーの「フェリーしらかば」(苫小牧〜敦賀)では最上階が特等専用区画で下等級の乗客がシャットアウトされるため,船内では割と静かに過ごせるそうです。「グリル」と呼ばれる特別レストランの存在も特筆すべきで,価格の割には結構良いものを頂くことができるとのことでした。
このような経験があるから新日本海フェリーを親会社とするびいなすはクルーズには珍しく、スイートの乗客は特別のレストランで食事をするようになっているのでしょうか。

このように飛鳥2、びいなす、にっぽん丸、ならびにふじ丸はさらに一流のクルーズとして磨きをかけ、これら4隻の船を頂点として、フェリーによるクルーズを加えて「、業界として裾野を広げるのだ」という大きな視野に立った考え方が必要ではないでしょうか。丁度フェリーによるクルーズが軽自動車や小型自動車で飛鳥などのクルーズがレクサスなどの高級セダンと考えるのです。小型車を保有している人がやがて高級セダンへ乗り換えてもいいですし、小型車をもっぱら愛用しても車好きにはかわりはありません。とにかくクルーズファンのピラミッド構造を作って裾野を広げる必要があると思っています。

そのためにはクルーズ業界とフェリー業界との話し合いや協調が必要です。新日本海フェリーはびいなすを持っていますし、クルーズ船を二隻(にっぽん丸、ふじ丸)持っている商船三井はその傘下にフェリー会社(関西汽船、商船三井フェリー、ダイヤモンドフェリー、名門大洋フェリー)も保有しています。親会社が音頭をとれば他社に先駆けて新しいクルーズの世界を広げることが出来るのにと思います。私が親会社にいて関連会社担当ならまっさきに検討開始するのですが・・・(私が知らないだけで、すでに検討済みならゴメンなさい)



120.Re: 日本のクルーズは飛鳥2、びいなす、にっぽん丸だけで良いのか?
名前:桑原    日付:2007/9/27(木) 21:46
 確かにピラミッド構造の確立というのは,日本のクルーズ業界には必要なものだと思いますね。結局のところクルーズを良く知らない多くの人にとっては,このピラミッドの頂点のイメージ(価格や敷居の高さ)だけでクルーズを敬遠しているのが現状だろうからです。
 現実にはフェリーの利用者もそれ程多くはないので,フェリークルーズのみで底辺部分を構築するのでは不十分でしょうけど,例えばレストラン船や納涼船などの長時間湾内遊覧の類いは意外と人気があるので,それを発展させた形でワンナイトクルーズとかを考えれば案外一般の人にも入りやすいのではないかと思います。

 ただ同稿では「フェリーとホテルを組み合わせたツアー」の例を挙げておられたようですが,これは私の言っているフェリークルーズとはちょっと違う方向性のものだと思います。先のフェリーの旅でも各航路で団体ツアーと乗り合わせましたが,彼等の場合あくまで目的地までの行程上の安くて便利な「移動手段」としての乗船であって,乗船を楽しむことを主目的とする「クルーズ」とはかなり異質なものと感じました。
 オレンジフェリーとパンスターフェリーには,他にもちゃんと無下船のワンナイトクルーズ往復連続乗船の 2 泊 3 日クルーズなどの企画商品があるわけなので,これらのように船に乗ることそのものを目的とした旅の形態があるということを広く認知させることこそが重要なのではないでしょうか。

 しかし,残念なことにこういったフェリークルーズ商品は,一般のクルーズ以上に世間に知られていないように思います。もちろん,内外の一般クルーズの普及は最優先の課題だと思いますが,それ以外にもフェリー業界に精通していてフェリークルーズ商品の包括的な販売や独自のクルーズ商品の企画・開発をできる専門家が,これからの旅行業界には求められるのではないでしょうか。


121.Re: 日本のクルーズは飛鳥2、びいなす、にっぽん丸だけで良いのか?
名前:藤原雄一郎    日付:2007/9/28(金) 6:5
桑原さん

コメントありがとうございます。実はフェリーでクルーズらしいプランを探したのですが、探しきれず、フェリーとホテルの組み合わせを紹介したものです。(お粗末ですみません)
パンスターなど新聞広告を出しているのに、ウエブではなかなか見つからない不親切ぶりでした。

>しかし,残念なことにこういったフェリークルーズ商品は,一般のクルーズ以上に世間に知られていないように思います。もちろん,内外の一般クルーズの普及は最優先の課題だと思いますが,それ以外にもフェリー業界に精通していてフェリークルーズ商品の包括的な販売や独自のクルーズ商品の企画・開発をできる専門家が,これからの旅行業界には求められるのではないでしょうか。

まことにその通りだと思います。要するに旅行業界自体が、まだまだクルーズに無関心なのでしょう。かくいう私も全くフェリークルーズに無関心でしたから、包括的に見ているのは桑原さんなどごく少数で、極めて先見の明があると感心しています。


「117.日本のクルーズは飛鳥2、びいなす、にっぽん丸だけで良いのか?」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb