[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
ニュース・ダイジェスト

[Top Page] [ ニュースダイジェスト記事一覧]  [2001-2006 記事一覧]


[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!



28.<脳神経>制御を解明 アルツハイマー理解に道 東大など  
名前:ハトポッポ    日付:2009年7月8日(水)
 脳神経細胞同士の接続を正常に保つ働きをたんぱく質「Wnt」が持つことを、林悠(はやしゆう)・理化学研究所基礎科学特別研究員(元東京大大学院)ら東大と九州大のチームが線虫を使い解明した。哺乳(ほにゅう)類も同じメカニズムを持つと見られ、アルツハイマー病など脳神経変性疾患の理解につながると期待される。2009年6月28日付の米科学誌「ネイチャー・ニューロサイエンス」電子版に掲載された。

 人間は成長期に脳神経細胞同士が突起を伸ばして盛んにつながる一方、「刈り込み」という不要な接続の削除が行われる。アルツハイマー病やパーキンソン病は、刈り込みが過剰に起きて脳神経機能が阻害されることが一因と考えられている。

 チームは脳神経細胞が302個と少ない線虫を使って神経細胞同士の接続を詳しく調べ、線虫でも刈り込みが起きていることを確認。突起を切り離すたんぱく質「MBR−1」を突き止めた。さらに、刈り込みが過剰に起きないようWntが制御していることを発見した。Wntは、突起が切り離される前に神経細胞に取り付き、MBR−1から突起を守っていた。

「28.<脳神経>制御を解明 アルツハイマー理解に道 東大など」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb